FC2ブログ

ゴリとラーのAV放浪記

鑑賞したAVを、感想文的にブログに記録しておこうと思います。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Iku! 中川美鈴

team00004pl.jpg

内容は、150分で5部構成。


最初のパートは、セックスである。

女優は、男優小田切ジュンにベロキスされると舌を絡まし合い、
耳や首を舐められるとワンピースとブラを脱がされて乳首を舐められ、

ショーツを脱がされて全裸になると「恥ずかしい」と激しく照れ笑い、
膣を開かれて視姦されるとクンニ、手マンされて喘ぎ、


男の乳首を舐めながら手コキしてフェラをすると金玉も舐めており、

正常位からペニスを挿入されるとバック、騎乗位、正常位とファックされて
シーツをギュッと握り締めて「おかしくなっちゃう」喘ぎ悶えて感じており、
最後は、胸に射精されている。

余韻の中、女優は息も絶え絶えになりながら「初めて逝っちゃった」と述べているが、
「イク」と口にしておらず、顕著な反応も見受けられない為、
どこで絶頂しているのかが、さっぱり解らない。


2番目のパートは、おもちゃ責めである。

完全に無人の屋外と言うロケーションで、下着姿の女優は、男優小田切ジュンに
ローターで責められて息を荒げて体を硬直させて感じており、

全裸にされると膣を開かれて視姦され、バイブや電マで責められて
全身を硬直させてビクンと震えて1度だけ絶頂する姿を見せている。


3番目のパートは、セックスである。

女優は、男優貞松に軽くキスされるとベロキスされて舌を絡まし合い、
服や下着を脱がされて全裸にされ、アナルや膣を開かれて視姦され、

乳首を弄られながらクリを擦られ、クンニされて硬直して喘ぐと絶頂し、
フェラをするとシックスナインに展開した後、

立ちバックからペニスを挿入されると立位、駅弁、騎乗位、正常位とファックされて
フラフラになる程に息も絶え絶えに喘ぎ悶え、涙を流して感じまくり、

派手さはないものの痙攣して何度も絶頂する姿を見せており、

最後は、胸に射精されると余韻の中、息を荒げて虚ろになっている姿が映し出されている。


4番目のパートは、手コキ抜きである。

女優は、長々と冗長に感じるくらいにディルドーを擬似フェラした後、
登場した男優に服を脱がされて下着姿になり、ベロキスされるとフェラをしており、

金玉を舐めるシーンも見せており、下着を脱がされて全裸になると尻コキされ、
シックスナインの体勢でフェラしながらクンニされて全身を硬直させて絶頂し、

最後は、手コキで射精に導いている。


ラストパートは、3Pである。

男優は森林原人と玉木玲が担当しており、女優は耳を舐められてベロキスされると
上半身裸にされて胸を揉まれて乳首を舐められ、全裸にされると膣を開かれて視姦され、

手マン、クンニされて痙攣絶頂を見せ、フェラをしながら手マンされて逝かされ、
手コキしながらクンニされて痙攣して絶頂すると

フラフラになりながらも2本のペニスを手コキ、フェラして、Wフェラもしており、

正常位からペニスを挿入されるとバック、対面座位、駅弁、騎乗位、
横になっての後背位、正常位と男優交互にファックされて

シーツをギュッと掴んで息も絶え絶えに喘ぎ悶え、
虚ろな目をして「おかしくなりそう」と言ってヨガリ狂い、

感極まって涙を流して泣きながら
数え切れない程何度も全身を硬直させて絶頂すると逝った後も痙攣しており、

ファックされながら愛液まみれのペニスをフェラするシーンも見られ、
最後は、1人目は尻に射精されると2人目には胸に射精されており、

余韻の中、女優は過呼吸気味に苦しそうに息を荒げて涙を流して震え、
精魂尽き果ててボロボロになった姿が映し出されている。



女優は、中川美鈴。

整ったきれいな顔立ちであり、
身長155センチに、スリーサイズは、B85cm W57cm H84cm。

少し小振りに感じられるDカップのバストに、腰は括れて、程よい大きさの尻をしており、
適度な肉付きのスレンダーな肢体である。

尚、精子耐性がないのか、禁則事項なのかは解らないが、
顔射もなく、お掃除フェラもしていない。



最初のパートでは、小田切ジュンとか言うコンサバな男優を起用した事で、

盛り上がりに欠けるカラミで全く以って見応えなく、

女優は、カラミの後に「初めて逝っちゃった」と述べているが、

「イク」と口にしておらず、顕著な反応も見受けられない為、

どこで絶頂しているのかが、さっぱり解らない。


おもちゃ責めでは、頻繁に恥ずかしがって照れて笑っており、

ここでも快楽にのめり込む事はなく、絶頂は1度だけしか見せていない。


2回目のセックスでの女優は今までとは違い、最初からかなりエロい目の色をしており、

基本的に、照れ笑いをほとんどしておらず、

涙を流して感じまくり、派手さはないものの痙攣して何度も絶頂する姿を見せており、

ここから俄然に性的パフォーマンスを急上昇させる事となるが、

ここで、抜きパートが差し込まれており、

作品としての勢いを失速させるという愚かしい構成となっている。

しかしながら、最後の3Pでの女優は、おそらくはポテンシャルを最大限に解放して

素晴らしいパフォーマンスを発揮している。


性的に未熟な女優を開発していく体裁の作品であり、

その事をパッケージで大々的に謳ったり、作品中で強調していない為、

自然な感じの作品となっており、疑わしさを感じさせない演出となっている。

但し、作品の特性上、使用に耐えるのは後半部分だけである。


女優がパフォーマンスを発揮し出した後に、「抜きパート」を挿入して

作品の勢いを殺すと言うドアホな構成をしており、

一定水準のカラミを見せる事は出来ても確変は起こせないコンサバティブな男優の

小田切ジュンや貞松を起用している事も作品のクオリティを下げているものの

紋℃とか言う才能乏しい監督にしては、上等なディレクションである。


女優は、デビュー2作目と言う事もあり、

恥ずかしがって激しく照れ笑いする姿を頻繁に見せており、

まだまだ初々しさの残るものの後半部分では、素晴らしいカラミを見せており、

貞松とのシングル戦も悪いものではないものの

何と言っても最大の見所は、ラストの3Pであり、


持ち味であるハードなカラミを封印されながらも

森林原人がプロの手管を見せて女優のポテンシャルを限界まで引き出し、

女優は感じ始めると激しく息を荒げ、シーツをギュッと掴んで息も絶え絶えに喘ぎ悶え、

虚ろな目をして「おかしくなりそう」と言って感極まって涙を流して泣きながらヨガリ狂い、

数え切れない程何度も全身を硬直させて絶頂すると逝った後も痙攣しており、

カラミが終わった直後には、過呼吸気味に苦しそうに息も絶え絶えに涙を流して震え、

精魂尽き果ててボロボロになると言うド迫力のパフォーマンスを発揮して、

感動すら覚える素敵で素晴らしいセックスを見せており、


結果的に、確実に抜ける作品である。



関連記事
・4本番 中川美鈴

・新生 ~Re Born~ 葉山瞳

・欲情温泉旅行 淫猥の旅 一泊二日 葉山瞳

・イキまくる絶頂女神。 葉山瞳


Iku! 中川美鈴if... Situation10 ‘もしもの’10シチュエーション 中川美鈴GANSHA 中川美鈴


スポンサーサイト
[PR]

| 葉山瞳(中川美鈴) | 23:20 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。