FC2ブログ

ゴリとラーのAV放浪記

鑑賞したAVを、感想文的にブログに記録しておこうと思います。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

清楚で素敵な義母さんは、息子のデカチンに夢中で今日もマ○コを濡らす 三浦恵理子

1havd00864pl.jpg

内容は、130分で4部構成。

始めに、ヒロインが義理の息子役の男優ムーミンと抱き合ってベロキスしながら手コキする
シーンが長々と映し出された後、フェラをしているシーンでフェードアウトしており、


最初のパートは、セックスである。

ヒロインは、義理の息子と抱き合って舌を絡まし合い、首や耳を舐められると
服を捲くられてブラから胸を出されて乳首を舐められ、


染みの出来たショーツを脱がされると「恥ずかしい」と照れ笑い、
「好き」「大好き」と言い合いながら抱き合い、

膣を開かれて視姦されるとクンニ、手マンされて痙攣して「すごい幸せ」と喘ぎ、
ビクビクと痙攣絶頂を見せ、自ら全裸になるとフェラをして金玉も舐めており、

正常位からペニスを挿入されると騎乗位、立ちバック、正常位と
ファックされて喘ぎ悶えて感じまくり、

全身を硬直させながらガクガクと痙攣して何度も絶頂する姿を見せると
最後は、口の中に射精された精子を飲み込む体裁である。


2番目のパートは、フェラ抜きである。

ここでは、ヒロインが義理の息子と初めて結ばれた時の回想シーンとなっており、
ヒロインは好きと言って義理の息子に迫られると優しく断るものの

火病った池沼の様に駄々をこねられると夫には内緒と言って何故か受け入れて
跪くとズボンとパンツを脱がして手コキをしてフェラをし、

「おっぱい見せて」とお願いされると恥ずかしがりながらも自ら服とブラを脱いで
露出した胸を触られ乳首を舐められて息を荒げた後、

抱きしめると再度フェラをして、口内射精されている。


3番目のパートは、セックスである。

以前、ヒロインと肉体関係にあったと言う設定の
死別した前夫の弟役の佐川銀二が訪問するシーンから始まり、

意味不明の流れで迫られたヒロインは、何故かされるがままに服とブラを捲くられて
乳首を舐められてビクついて感じ、ショーツを脱がされると膣を視姦され、

クンニされて小刻みに震えて喘ぐとビクビクと痙攣して絶頂し、全裸にされると
手マンされて立て続けに逝かされて全身をガクガクと痙攣させ、フェラをした後、

正常位からペニスを挿入されると騎乗位、バック、寝バック、横になっての後背位、正常位と
ファックされて全身をうねらせて喘ぎ悶え、虚ろになって感じまくり、

仰け反って全身を硬直させると激しくガクガクと痙攣して何度も絶頂し、
逝った後には、ビクンビクンと体をうねらせ、

最後は胸に射精されると余韻の中、息も絶え絶えにビクついて痙攣する姿を見せている。

そして、何故か佐川銀二がその場で倒れて急死すると言う意味不明の展開となっている。


ラストパートは、セックスである。

ヒロインは、義理の息子にベロキスされてシュミーズを腰までおろされると
ブラはしておらず、露出した胸を揉まれて乳首を舐められ、

お互い抱き合いベロキスし、ショーツを脱がされると膣を開かれて視姦され
手マン、クンニされてビクついて喘ぎ、立て続けにビクビクと痙攣絶頂し、

ペニスを嬉しそうに咥えてフェラをし、金玉を舐めながら手コキする姿も見せ、
自ら全裸になると男に跨りペニスを挿入して、

騎乗位、バック、横になっての後背位、正常位とファックされて喘ぎ悶えて感じまくり、

全身を硬直させるとガクガクと激しく痙攣して何度も絶頂し
逝った後にはビクンビクンと体をうねらせビクつきが止まらない状態となっており、

最後は、腹に射精されると抱き合って長々とベロキスしている。



ヒロイン役の女優は、三浦恵理子。

とても四十路とは思えない整ったきいれな顔立ちであり、
身長162cmに、スリーサイズがB88cm W63cm H87cm。

Fカップのバストは大きく、ニョキ立ちした乳首が淫猥であり、腰は括れて、
尻は大きく張り出しており、年齢を感じさせない張りのある適度の肉付きの肢体である。



義母と息子の近親相姦作品であるはずであるが、

2人はお互いを名前で呼び合い、イチャイチャした雰囲気のカップルの様な関係であり、

近親相姦的な演出が皆無であり、背徳感や罪悪感が全く感じられず、

佐川銀二の役どころも意味不明のもので、

セックス直後に即死すると言う展開は、バカバカしくて失笑ものであり、

さらに、男優ムーミンに池沼の様な態度を取らせる演出など、

はっきり言ってストーリーは、幼稚でたわいなく荒唐無稽であり、

ドラマとしては完全に完璧に破綻しており、

もはや鳥浜浩とか言う監督は、無能の極みであり、

今すぐに引退する事をお勧めする。


ただ、ドラマが破綻している事が幸いして、

佐川銀二に犯されるパートですら、実質的には和姦となっており、

ドラマの流れや演出などの規制を受ける事なく、

女優は高い性的クオリティを余すことなく見せ付けて、

感度抜群に喘ぎ悶えて感じまくり、

全身を硬直させるとガクガクと激しく痙攣して何度も絶頂し

逝った後もビクンビクンと体をうねらせビクつきが止まらない状態となり、

カラミの後の余韻の中、息も絶え絶えにビクついて痙攣する姿を見せると言う

高い性的パフォーマンスを発揮して見応えあるカラミを堪能させてくれる。

女優の存在のみで成立している作品ではあるものの


結果的に、確実に抜ける作品である。



関連記事
・義理の息子を愛した未亡人 三浦恵理子

・嫁の母 三浦恵理子

・母の友人 三浦恵理子

・お受験ママの肉体内申書 三浦恵理子


清楚で素敵な義母さんは、息子のデカチンに夢中で今日もマ○コを濡らす 三浦恵理子義理の息子を愛した未亡人 三浦恵理子バイト先で知り合った素敵な奥さん 三浦恵理子


スポンサーサイト
[PR]

| 三浦恵理子 | 22:06 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT