FC2ブログ

ゴリとラーのAV放浪記

鑑賞したAVを、感想文的にブログに記録しておこうと思います。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ハツハメ さやか

h_172vgd00053pl.jpg

HMJMからリリースされた藍那さやかのデビュー作であり、

内容は、120分で3部構成。


最初のパートは、ハメ撮りである。

始めは、街角のカフェや遊園地での会話が映し出されており、女優はAV出演の動機を、
「今しか出来ないこコトは、もうすぐ出来なくなるから」と述べており、

ホテルに場所を移すと女優は激しく照れ笑いしているが、キスをされると
段々と舌を絡まし合い、耳や首を舐められ、自らスカートを脱ぐと


キャミとブラを取られて乳首を舐められながら股間を弄られて喘いで淫靡な表情を浮かべ、
ショーツを脱がされて全裸になり、膣を開かれて視姦され、手マンされると

ヌチュヌチュと濡れ音を響かせて快楽に飲み込まれた様に目をトロンとさせて
顔を紅く染めて感じており、指に付いて愛液を舐めさせられると

男の首や乳首を舐め、ベロキスしながら手コキをし、
フェラをするとディープスロートも見せており、

ペニスを挿入されてファックされると淫靡な表情を浮かべて虚ろになって喘ぎ悶え、
上半身や顔をうっすらと紅に染めて乱れる姿を見せるものの絶頂シーンはなく、

ハンディカメラのモニターに映された自らの痴態を見せ付けられて
「恥ずかしい」と言うシーンも見られ、

最後は、上半身に大量に精子をぶっかけられている。


ここで、夕闇迫る公園を露出度の激しい服装で散歩させらるシーンが映し出され、
腰をおろしての監督との会話で、よくわからないが急に泣き出すシーンが見られる。

アキヒト監督は、彼に浮気をされた女優は自分に自信を失っていると推測しているが、
ここでは話を掘り下げいない。

しかしながら、このシーンは最後のテロップへの伏線となっている。


2番目のパートは、ハメ撮りである。

ラブホに入った2人は、ベロキスすると長々と舌を絡まし合い、
パンストをビリビリに破かれた女優は、キャミを脱がされてブラをずらされると

胸を揉まれて息を荒げ、乳首を弄られてとろんとした目をしており、
ショーツの中にローターを仕込まれて身悶えながら男の指を舐めており、

股間を押さえつけらると全身をうねらせて喘いで絶頂している。

男の脇や乳首、太股を舐めての積極的に奉仕する姿を見せ、
自らスカートを脱ぐと抱き合いベロキスをし、耳や乳首を舐められ、

クンニ、手マンされてビチャビチャと濡れ音を響かせ、フェラをした後、

ペニスを挿入されてファックされると顔を紅く染めて淫靡で虚ろな目の色を浮かべ、
快楽に飲み込まれて喘ぎ悶えて感じまくるものの絶頂する姿は見せておらず、

ファックされながらスパンキングされる場面や
モニターで自らの痴態を見せられるシーンも見られ、

最後は顔射されると精子を口で受け止めてお掃除フェラし、
「ゴックン」と言って精液を飲み込んでいる。

この後、バスタブで湯に浸かった2人がイチャイチャしているシーンが映し出されている。


ラストパートは、ハメ撮りである。

前述のカラミの2日後、女優と監督はドライブデートをしており、
公園に到着すると楽しそうにフリスビーを楽しむほのぼのとした光景が映し出された後、

東京タワーの見えるホテルへと場所を移すとアイマスクで目隠しをされた女優は、
体を弄られながらスカートを脱がされると自らキャミを脱ぎ、

頬を赤らめて「恥ずかしい」と羞恥に身を捩り、耳や首を舐められると
抱き合いベロキスをし、胸を揉まれて乳首を弄られて息を荒げ、

ブラを取られて脇や乳首を舐められ、ショーストずらされて膣を開かれ視姦され、
触られると糸が引く程に愛液を溢れさせており、

手マンされてビチョビチョと濡れ音を響かせ、初めての体験と言うバイブで責められて
「すごい」「気持ちいい」と喘ぎ、寸止めされると「逝かして下さい」と懇願して

ビクビクと震えて2度の絶頂を見せており、
全裸にされるとクンニ、手マンされて潮を漏らし、

ペニスを挿入されるとファックされて
耳まで真っ赤にして喘ぎ悶えて感じまくる姿を見せているが、絶頂はしておらず、

最後は、背中1面に精子をぶっ掛けられている。



女優は、藍那さやか 22歳。

アヒル口の可愛い顔立ちをしており、バストは小振りであり、
引き締まった肉付きのスレンダーボディである。



本作の監督は、カンパニー松尾監督の実弟であり、

ハメ撮りである事、イメージシーンにテロップを流すところなど

手法的には似通っているが、内容的には似て非なるものであり、

そのテイストは全く違うものとなっている。


総じて、デビュー作と言う事も相まってソフトなカラミであるが、

女優は、笑顔でよく話す明るい性格とは裏腹に、

カラミになると快楽に没入するギャップを見せており、

積極的に奉仕をし、顔を紅く染めて耳まで真っ赤にして、淫靡で虚ろな目の色を浮かべ、

快楽に飲み込まれて喘ぎ悶えて感じまくり、

絶頂時には、ビクビクと震える姿を見せ、

「ゴックン」と言って精液を飲み込むと言う

高い性的パフォーマンスを発揮しており、

素晴らしいセックスが堪能できる。

但し、絶頂シーンが極めて少ない事は非常に残念である。


ラストのハメ撮りにおいて、女優は最初から最後まで目隠しをされたままであり、

本来、この様な演出は愚の骨頂である。

なぜならば、「目は口ほどにものを言う」との諺にも有る様に、

目と言うものは、何物にも変えがたい表情を映し出す。

また大きなアイマスクを使用している為、

表情もよくわからないとデメリットばかりであるが、

カラミが終わった後、目隠しを取った女優は、

「見えないから現実なのか夢なのか、なんか、夢を見てるみたい」と感想を述べており、

この事が、愚の骨頂であるはずの演出をトレードオフしてチャラにしている。

結果オーライではあるものの心憎いまでの奇跡である。


本作の最後には、vapour trailの『thorn』をBGMに、
女優のイメージシーンが映し出され、以下のテロップが流されている。

『君の笑顔に癒された時間を

ずっと忘れない

君から感じた温もりを

ずっと忘れない

もし君が助けを求めるならば

思いっきり手を伸ばすよ

もし君の輝かしい未来の力になるなら

どんなコトだったするよ

もし君が悲しいのなら

一緒に笑い飛ばそうよ』


カンパニー松尾監督は別として、僕はこんなにも美くしく素晴らしい

イメージシーンを撮る監督を他に知らない。


そして、アキヒト監督の人当たりの良い性格と女優の明るい性格が相まって、

後のアキヒトの嫁ではないのかと思える様な

ラブリーな雰囲気を醸し出してのカップルぶりを見せ付けており、


本当に素晴らしいとしか言いようのない

女優の素顔に迫ると言うハメ撮りのメリットが最大限に発揮された

ドキュメント作品に仕上がっている。


結果的に、抜ける作品である。



ハツハメ さやか本美脚スレンダラス もえ美脚スレンダラス えりな

無料動画で視聴する

スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

| 藍那さやか | 23:39 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2014/01/09 00:57 | |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。