FC2ブログ

ゴリとラーのAV放浪記

鑑賞したAVを、感想文的にブログに記録しておこうと思います。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

恥ずかしいカラダ 青山エステ勤務 マリエ  /紺野マリエ

h_172hmgl00102pl.jpg

内容は、120分で2部構成。


インタビューから始まっており、そつが無い受け答えを女優がしている為、
カンパニー松尾監督が、気に入らない旨の発言を笑いながらしている。

ラブホに入るとしきりに照れ笑いをしている女優は、

耳や首、背中を舐めらて体を弄られ、促されてパンツを脱ぐとキャミとブラを
ずらされて胸を露出すると乳首を弄られ、股間をアップで撮られてショーツに出来た染みを


指摘されると電マで責められて体をうねらせて喘ぎ、ショーツをずらされて膣を視姦されて
弄られ、フェラをするとディープスロートを見せて金玉を舐めており、
クンニ、手マンされた後、

正常位からペニスを挿入されるとバック、騎乗位、正常位とファックされて
膣からヌチョヌチョと濡れ音を響かせ喘ぎ悶えて

暴れる様に動いて2度の絶頂を見せており、

ハンディカメラのモニターで自らの痴態や結合部を見せ付けられて「やらしい」と言い、
ファックされながら髪の毛を鷲掴みにされたりスパンキングされる場面や
愛液まみれのペニスをフェラさせられるシーンも見られ、

「口にいっぱい出して」と言うと口の中に射精されている。

尚、監督は、慣例の「このおちんちん1番」と言わせることに成功している。

ここでは、最初、監督は手探り状態で絡んでいるものの
最終的には、いつものカンパニー松尾の流儀でのハメ撮りとなっている。



翌日、ホテルと言うロケーションで、

女優は、その肢体を舐め回す様に撮られて照れ笑いしており、
パンスト越しに太股、尻や股間を撫で回されて尻を叩かれ、

促されてワンピースを脱いで下着にパンスト姿になると胸を揉まれて乳首を弄られ、
電マで責められると股間に仕込まれた状態でフェラをして金玉も舐めており、

パンストを破かれるとショーツをずらされて糸を引くほ程に
ベチャベチャに濡れた膣を視姦されて弄られ、

生でペニスを挿入されるとバック、立ちバック、立位、騎乗位、横になっての後背位、
寝バック、正常位などの体位でファックされて

喘ぎ悶えて感じまくって2度の絶頂をみせており、

ファックされながらスパンキングされたり、口を塞がれたり、髪の毛を鷲掴みにされたり
首を絞められ、モニターで自らの痴態や結合部を見せられ、

愛液まみれのペニスをフェラさせられる場面や
鏡の前でファックされて羞恥を煽られるシーンも見られ、


最後は、口の中に射精されている。



ラストは、キュートでポップなイメージシーンが映し出されて
以下のテロップが流されている。

『彼女とはうまくいかなかった

彼女が悪いわけじゃなく

相性の問題なので、なんともしがたい

ただ、僕の推し所は、街で見かけた

綺麗な姉ちゃんに生チンぶち込んでヤル!

そんな中学生レベルなモチベーションだけで

ごめんね、うまく撮れなくて

まぁ、彼女は何も気にしてないと思うけど

雨の6月にて』



紺野マリエを他社のサンプル動画を見たときは何とも思わなかったが、

本作での女優は、とても美しい女性に感じられた。

カンパニー松尾と言う監督は、何故こうも女優をきれいに映し出すであろうか。

女優は、良く言うと普通、悪く言えば何もない為、

松尾監督は何も掘り下げられないでおり、

本作は、ドキュメントとしては色の薄いものとなっている。

また、女優が自ら「ドM」と言っているものの

見ている限りでは、それほどのマゾ性は感じられず、

監督自身がテロップで相性が合わないと述べている様に、

カラミもどこか盛り上がりに欠けるものであった。

それでも、百戦錬磨の監督は、自分の流儀でハメ撮りをし、

その神がかった編集センスで、それなりのAVには仕上げている。


「相性の問題なので、なんともしがたい」とテロップで語られている様に、

カンパニー松尾のファンであれば、仕方ないと思えるのかもしれない。

実際の所、私もそう思っている。

松尾監督のドキュメンタリーを見ると言うことは、こういうことであると。


しかしながらここで敢えて苦言を呈すなら、

値段を下げて叩き売りするならまだしも

うまく撮れなかったものを、売るのは如何なものかとも思う。

とは言え、これが今のAV業界の常なのであろうが。


それはともかく、肝心のカラミであるが、

女優は感じまくっているものの絶対的に絶頂回数が少なく、


結果的に、抜こうと思えば抜ける作品である。



関連記事
・「恥ずかしいカラダ」シリーズ


恥ずかしいカラダ 青山エステ勤務 マリエ美脚女医変態医療陵辱 紺野まりえ野外裸族 初めての露出 マリエ(仮名)24才


スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

| 紺野マリエ | 23:27 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。