FC2ブログ

ゴリとラーのAV放浪記

鑑賞したAVを、感想文的にブログに記録しておこうと思います。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

夫には言えない羞恥の性癖 西野翔

adn00001pl.jpg

内容は、110分で4部構成。

最初のパートは、レイプである。

夫の下着の匂いを嗅いでいるヒロインを見た義兄役の佐川銀二は、
変態の欲求不満と決めつけて襲い掛かかられて、

抵抗するものの犯されてしまうと言う流れである。


2番目のパートもレイプである。

1日に何度も洗濯する程に潔癖症なヒロインが、
洗っていない下着の匂いを嗅いでいた事から、


ここで義兄は匂いフェチであることと気付き、

3日も風呂に入らず下着も替えないと言う準備をした上で、
再度、ヒロインを襲うと言う流れで、

ヒロインは臭いフェチである事を言い当てられて動揺し、
股間の臭いを嗅がされると「許して」と悲鳴を上げるが、

一瞬理性を失くしてしまうくらいに欲情してしまい、
パンツやペニスの臭いを嗅がされまくり、クンニ、手マンされて喘いで感じ、

ペニスを挿入されてファックされて喘ぎ悶えて感じまくり、最後は顔射されている。


3番目のパートは、セックスである。

ヒロインは、義兄に迫られると「ダメ、お願い来ないで」と言うものの
跪かされて股間の臭いを嗅がされると理性が崩壊して欲情して、

パンツを脱がすとペニスにむしゃぶりついて一心不乱にフェラをして金玉も舐め、
「お願い、今すぐここで挿れて」と懇願して

ペニスを挿入されてファックされるとすぐにBGMが流れ出して
顔射されてカラミ終わるまで、イメージシーンの様な画面となっている。


ラストパートは、セックスである。

完全に快楽に堕ちたヒロインは、義兄と抱き合いベロキスされると舌を絡まし、
自ら服を脱ぎ捨てて全裸になると男の股間の臭いを嗅ぎまくって息を荒げ、

フェラをしながら自ら膣を弄り、クンニされて体をうねらせて喘ぎ、
手マンされてグチャグチャと濡れ音を響かせ、

抱き合いベロキスをしながら手コキをして男の手を自らの股間に導くと
手マンされて潮を吹き、「欲しい、欲しい」と懇願して

自ら男に跨ってペニスを挿入すると腰を振り、
騎乗位、バック、横になっての後背位、正常位とファックされて

「すごい、すごい」と喘ぎ悶えて感じまくるものの絶頂は1度しか見せておらず、

ファックされながら自らクリを擦るシーンや
愛液まみれのペニスの臭いを嗅いでフェラする場面も見られ、

最後は、中出しを示唆されると「下さい」と懇願してヨガリまくり、
膣内射精されると余韻の中、息も絶え絶えに意識朦朧となっている。


エピローグは、ヒロインが下着の臭いを嗅いでいる所を
夫に目撃されるシーンで終わっている。



ヒロイン役の女優は、西野翔。

整ったきれいな顔立ちであり、
身長159cmに、スリーサイズが、B81cm W57cm H83cm。

適度な大きさのCカップのバストに、腰はクビれて、張りのある尻をしており、
色気のある肉付きのスレンダーボディである。



下着を臭いを嗅いでいる事で変態の欲求不満と決めつけて

レイプするなどと言う野蛮人の様な動機では説得力がなく、

また、ヒロインもくさい体臭を嗅ぐと理性すらぶっ飛ぶと言う

病的とも言える臭いフェチと言うのは、

もはや、シリアスなドラマ向けの設定ではなく、

とんでも企画や乱丸向けのシチュエーションであり、


冗談の様なネタをシリアスに撮影するのは、手法としてはアリかもしれないが、

それは、アタッカーズでやることではない様に思われる。


ともあれ、作品の根幹的な部分が冗談なのだから、

ドラマ作品としては成立するはずもない。


もはや、なぎら健造は何もかもが枯渇してしまい、

クオリティが高くとも小手先の演出だけでAVを撮る監督に成り下がってしまった。

悲しいけど、これ劣化なのよね。


また、カラミの途中からBGMを流してイメージシーンの形相を呈するパートなど、

はっきり言って使い物にならない。

それ以前に、全編を通じて、女優が「イク」と口にするのは、

ラストパートの1度だけと言う有様では、もはや抜きどころを見つける方が難しい。


また、カラミの最中まで、ドラマ的演出がなされており、

女優もカラミに集中できない事で、全盛時のパフォーマンスを発揮しておらず、


結果的に、抜けない作品である。



夫には言えない羞恥の性癖 西野翔麗しき女医の転落 少年の笑顔を守りたかった…。 西野翔台本のない本当のSEXで、かつて見たことがないほどイキ乱れて肉棒を離さない、S級女優の究極の発情。 西野翔


関連記事
・制服レズビアン 西野翔 南つかさ

・貞操帯の女13 西野翔

・恥ずかしい私を見ないで3 西野翔

・あなたに愛されたくて。 西野翔

・私、実は夫の上司に犯され続けてます… 西野翔

・僕だけの女教師ペット特別版 西野翔

・鏡の中の私 夫の親友に飼い馴らされた妻 西野翔


スポンサーサイト
[PR]

| 西野翔 | 22:07 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。