FC2ブログ

ゴリとラーのAV放浪記

鑑賞したAVを、感想文的にブログに記録しておこうと思います。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

乱れ撃ち!肉弾ピストン 新山らん

snis00018pl.jpg

内容は、120分で4部構成。


最初のパートは、セックスである。

女優は、南佳也と見詰め合うとベロキスされ、耳や首を舐められながら体を弄られて
吐息を漏らし、服から出された胸を揉まれて乳首を舐められ、

感度抜群にビクビク震えて喘ぎ、ショーツを脱がされてアナルを長々と舐められて痙攣し、
クンニされて喘ぎ、フェラをし、全裸にされると


正常位からペニスを挿入されてバック、立ちバック、騎乗位、正常位と
ファックされて喘ぎ悶えて息も絶え絶えに感じまくり、

最後は顔射されてお掃除フェラをしており、
余韻の中、虚ろになって息も絶え絶えとなっている。


2番目のパートはセックスである。

ここでは男優を責めると言う演出で、女優は男優山田万次郎におねだりされて
ベロキスすると顔中を舐め回し、ワンピをずらすとブラはしておらず、

乳首を舐めさせて吐息を漏らすと顔に胸を押し付けて圧迫し、おっぱいでビンタをし、
ショーツを脱がされてクンニされると痙攣して喘ぎ、

フェラをしてペニスを乳首に擦り付けると谷間に涎を垂らしてパイズリし、
男の口に唾液を垂らして飲み込ませてべロキスした後、

自らペニスを挿入して腰を振ったり、突き上げられたりして、

頬を真っ赤に染めて喘ぎ悶えて感じまくり、
最後は正常位でファックされて胸に射精されて、お掃除フェラをしている。


3番目のパートは、セックスである。

ここでは、監禁されたJKが陵辱される的なシチュエーションで、
鉄格子の中のJKコスをして手枷で両手を拘束された女優が、作業着姿の男優花岡じったに、

ブラウスの前を肌蹴られてブラから出された胸を手荒に揉みしだかられて息を荒げ、
言葉責めされながら乳首を舐められてビクビク震え、ベロキスされると

ショーツをずらされて膣を開かれて視姦されて恥じらい、クンニ、手マンされて
潮を漏らして痙攣して喘ぎ、愛液の付いた指を舐めさせられており、

拘束を解かれてフェラをさせられるとイラマチオされて金玉やアナルも舐めさせられ、
ブラウスとショーツを脱がされた後、

バックからペニスを挿入されると立ちバック、騎乗位、側位、正常位とファックされて

顔を真っ赤にして息も絶え絶えに喘ぎ悶えて、快楽に飲み込まれて虚ろになってヨガリ狂い

途中、スカートとブラを脱がされて全裸になっており、

最後は、顔射されてお掃除フェラをさせられると
余韻の中、顔中精子まみれの女優は、息も絶え絶えに意識朦朧となって体をうねらせている。


ラストパートは、3Pである。

テディタイプのセクシーランジェリーを身に纏った女優は、
男優森林原人と戸川夏也にベロキスされながら体を弄られ、

執拗に胸を揉まれて乳首を舐められて震えて喘ぎ、
パイズリしながら手マン、クンニされ、下着を脱がされて全裸になり、

手マンされて潮を吹き、フェラをしながらローションを全身に塗られ、
2本のペニスを交互に手コキ、フェラすると

ペニスを乳首に擦りつけられて「気持ちいい」と喘ぎ、Wフェラも見せており、

ペニスを挿入されると騎乗位、バック、立ちバック、立位、駅弁、
横になっての後背位、正常位と男優交互にハードに突きまくられて

顔を真っ紅に染めて「おかしくなっちゃう」と快楽に飲み込まれてヨガリ狂い、
泣き叫び、すすり泣き、咽び泣くかの様に喘ぎ悶えて虚ろになって感じまくり、

ファックされながらフェラやパイズリするシーンも見られ、

最後は、2人共に顔射されてお掃除フェラをすると
余韻の中、息も絶え絶えに意識朦朧となって体をうねらせている。



女優は、新山らん。

可愛い顔立ちであり、身長155cmに、スリーサイズはB110cm W62cm H94cm。
Kカップのバストは異形の大きさで垂れており、乳首は小さいが乳輪はバカでかく、

ぽっちゃりとした肉付きの豊満な肢体である。



最初のセックスは、女優は感じまくっているものの

前戯は10分足らずで、ファックも単調なものであり、

男優南佳也のお仕事的なカラミにはやる気が見られず、

タイトルにある『肉弾ピストン』とは程遠いセックスであり、

完全に男優のキャストミスである。


また、2パート目では、女優が男優を責めると言う設定がなされているが、

女優はキャラ的に痴女など出来るはずもなく、

結局のところ、山田万次郎がおねだりする形で女優をリードして、

途中からは普通のセックスとなってしまっている。

もし痴女をさせるなら、1から10まで事細かく練り上げて演出し、

女優に対しても念入りに演技指導しなければならないし、

結局の所、突きつめて行けば、演出ありきではなく、女優に合わせた演出をすべきである。

また、ファックの殆どが騎乗位で占められている事で単調で冗長に感じられ、

それ故に、ここでも『肉弾ピストン』とは掛け離れたものとなっている。


この後の花岡じったのカラミと最後の3Pは、熾烈を極めるレベルには程遠いものの

ハードなプレイが展開しており、非常に見応えのあるセックスが堪能できる。


最初と最後のパートは、無言で男女が絡み合うと言う演出で、

山田万次郎の痴女パートに、花岡じったの陵辱パートとパート間に差別化がなされており、

カラミの後の余韻をキチンと映し出し、

また、巨乳に拘った演出をしていない事は評価できるが、

男優南を起用したキャスティングミス、

女優のキャラに合わない痴女演出を無理やり仕込んきた事や

全編を通して「イク」と口にするのが花岡じったとのカラミの中で1度だけであり、

絶頂やその度合いがわかりづらく、

絶頂時には「イク」と言わせる様に指導できていない事からも

[Jo]Styleとか言う監督は、アマチュアである。


女優は、感度抜群にビクビク震えて喘ぎ、

熱病にかかったかと思わせる程に、顔を真っ紅に染めて、

泣き叫び、すすり泣き、咽び泣くかの様に喘ぎ悶えて、

快楽に飲み込まれて虚ろになってヨガリ狂い、

情事の後の余韻には、息も絶え絶えに意識朦朧となって体をうねらせると言う

高い性的パフォーマンスを発揮して見応えにあるカラミを見せている。

絶頂時に「イク」と口にしない事には大いに不満が残るものの


結果的に、抜ける作品である。



関連記事
・BAZOOKA 新山らん

・専属NO.1 STYLE 新山らん エスワンデビュー


乱れ撃ち!肉弾ピストン 新山らん敏感爆乳パイズリ狭射4時間スペシャル 新山らん専属NO.1 STYLE 新山らん エスワンデビュー


スポンサーサイト
[PR]

| 新山らん | 22:09 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT