FC2ブログ

ゴリとラーのAV放浪記

鑑賞したAVを、感想文的にブログに記録しておこうと思います。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

あなた、許して…。 一線を越えた欲情 風間ゆみ

rbd00516pl.jpg

欲求不満のおばはんが、W不倫すると言う筋書きのドラマ作品である。

内容は、110分で4部構成。

マイホームを夢見て夫婦共働きをし、子供をそろそろ欲しいと願うものの夫は、
仕事が忙しく疲れてセックスレス気味と言う設定が描かれており、

最初のパートは、レイプである。

家族ぐるみで付き合いのある同じマンションに住む男役の男優保坂順に、


ヒロインは抱きしめられるとベロキスされて「やめて下さい」と言うものの

弱々しい抵抗しか見せずに、されるがまま服を脱がされていきながら
胸を揉まれて乳首を舐められ、全裸に剥かれると膣を視姦されてクンニされて

フェラを強制されるものの拒否すると「それだけはダメ」と言いながらも
無抵抗にペニスを受け入れてファックされると喘ぎ悶えてヨガリまくり、

最後は、顔射されている。


2番目のパートは、セックスである。

訪ねてきた男を1度は無視するものの2度目の来訪で家に上げており、
されるがままにベロキスされると舌を絡ましあって吐息を漏らし、

耳や首を舐められながら体を弄られて、服を脱がされていきながら
胸を揉まれて乳首を舐められ、背中を舐められながら股間を弄られ、

膣を視姦されて「恥ずかしい」と羞恥に身を捩り、クンニされて喘ぎ、
アナルまで舐められて「ダメ、そんなとこ」と言いながらも感じており、

ペニスを咥えさせられると長々とイラマチオされて、金玉も舐めさせられ、

バックからペニスを挿入されると騎乗位、寝バック、対面座位、正常位と
ファックされて喘ぎ悶えてヨガリまくり、最後は顔射されている。


3番目のパートは、セックスである。

キッチンで、ヒロインは男と抱き合いベロキスして舌を絡まし合い、
されるがままに服とブラをずらされて露出した胸を揉まれ乳首を舐められて息を荒げ、

下半身を裸にされると尻を舐め回されてクンニされて喘ぎ、
目の前に出されたペニスを咥えると一心不乱にフェラをして

ダラダラと垂れ流した涎で自らの裸体をビショビショに濡らしてパイズリをし、

ペニスを挿入されて喘ぎ悶えているところでBGMが流されてイメージシーンへと移行し、

画面が切り替わるとシャワーを浴びながら絡み合う男女の
イメージシーンも映し出されており、情事を重ねている事を示唆している。


ラストパートは、セックスである。

化粧をして身なりを整えたヒロインが間男の部屋を訪れるシーンから始まり、
抱き合いベロキスすると情熱的に長々と舌を絡まし合い、

男の股間を弄って「すごい」「これが欲しいの」と言って上半身を舐め回し、
ペニスにむしゃぶりついて「おいしい」とフェラをして

服を脱がされてブラから胸を出されるとペニスを乳首に擦りつけ、
下半身を裸にされるとクンニされて「気持ちいい」と喘ぎ、

「もっと舐めて」と言って男の顔に跨って顔騎状態で腰を振り、
「イク」と口にして震えて絶頂し、ベロキスしながら手コキをして

「いっぱい頂戴」と四つん這いになって尻を突き出してペニスを挿入されると
バック、騎乗位、立ちバック、正常位とファックされて

人が変わった様に「もっと、もっと」と狂った様に
快楽を求めてヨガリまくって3度の絶頂を見せており、

淫語を言いまくり、狂った様に腰を振るシーンも見られ、

中出しを示唆されると「ダメ、それはダメ」「やめて、お願い、中はダメ」言うものの
なんの抵抗も見せないどころかすぐに「気持ちいい」と喘ぎ悶えて

膣内射精されると小刻みに体を震わせており、
余韻の中、息も絶え絶えに意識朦朧となっている。


エピローグは、2人が抱き合いベロキスするシーンで、
「あなた、許して」とヒロインの心の声がナレーションされて終わっている。



ヒロイン役の女優は、風間ゆみ 34歳。

綺麗な顔立ちをしており、身長160cmに、スリーサイズは B98cm W65cm H93cm。

Gカップの巨乳であり、ムチムチでぽっちゃりした熟しに熟した豊満な樽である。



本来は、レイプであるはずのドラマの入りが、

抵抗もなくされるがままに感じまくる和姦になっており、

その後は、欲求不満のおばはんが、不倫してアンアンとヨガるだけの

罪悪感も背徳感も寝取られ感もなく、

「あなた許して」も何もあったもんじゃない糞の様な筋書きで、

ドラマとして破綻している云々以前に、ドラマとしての体裁を成し得ていない。

アタッカーズでは、なぎら健造だけは別格だと思っていたが、

その認識は改める時期にさしかかっているのかもしれない。

あまりにもダメすぎると言うか、彼はもうダメかもしれないし、

相当控えめに言っても終わってしまっている。エイメン。


1、2パートのセックスでは、女優は感じまくっているものの絶頂シーンは皆無であり、

3パート目では、長々とカラミを引っ張っておいて

途中からイメージシーンへと移行すると言う演出で、使用に値せず、

ラストは、間男がタジタジになる程に、女優は淫乱ぶりを爆発させているが、

それでも、絶頂は4度しか見られない。

このことからも抜きどころは、ラストパートしかない訳であるが、

カーテンから差し込む光を巧く使い、女優の豊満な肢体が映える画面は、

エロティックではあるものの

女優は、特筆すべき性的反応なしに、ただ喘いでいるだけの単調なカラミとなっており、


総じて、ドラマもダメ、カラミもダメと言う度し難い駄作で、

使い物にならない糞の様な作品であり、


結果的に、抜けない作品である。



関連記事
・「あなた、許して…。」シリーズ


あなた、許して…。 一線を越えた欲情 風間ゆみ縛られた人妻~緊縛で濡れる 白衣の裏側~ 風間ゆみ中高年のあこがれ… 未亡人ゆみの昼下がり


スポンサーサイト
[PR]

| 風間ゆみ | 22:10 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。