FC2ブログ

ゴリとラーのAV放浪記

鑑賞したAVを、感想文的にブログに記録しておこうと思います。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

絶世の美女ニューハーフデビュー 荒木レナ

migd00537pl.jpg

ムーディーズ専属の荒木レナのデビュー作である。

内容は、120分で4部構成。

最初のパートは、初セックスである。

モデルは、男優貞松と見詰め合ってキスをすると段々と舌を絡まし合い、
耳を舐められながら股間を弄られて喘ぎ、服とブラを捲くられて

胸を揉まれて乳首を舐められ、ショーツから勃起したペニクリを出されると
「恥ずかしい」と羞恥に身を捩り、扱かれて亀頭を擦られると


ペニス同士をを擦り合わせて喘ぎ、ショーツを脱がされるとアナルを指で抜き差しされて
「気持ちいい」と体をうねらせながら自らもペニクリを扱き、

再度、兜合わせをした後、フェラをするとはにかみながら「おいしい」と言い、
ディープスロートをして涎をダラダラと垂らしており、

ペニスを挿入されてファックされると糸を引くガマン汁を垂れ流しながら
「気持ちいい」と喘ぎ悶えて息も絶え絶えに感じまくり、

ファックされながら潮を漏らしまくり、
ファックされながらペニクリを手コキしたりされたりするシーンも見られ、

「逝っちゃう」「イク」と口にしてビクビクと震えて何度もアナル逝きで絶頂しており、
最後は、胸に射精されると(お掃除フェラはなし)余韻の中、息も絶え絶えになっている。

ここでの女優は、最終的に上衣とスカートは腹巻状態の半裸となっている。
尚、カラミの最中、モデルのペニクリは勃起し続けており、
また、潮を吹いたのは初めてと述べている。


2番目のパートは、フェラ抜きである。

チューブトップのワンピースを着たモデルは、ベロキスすると乳首を弄って舐めて
男優を責め、時折、自らの股間を弄るながら手コキやフェラをして

金玉を舐めるシーンやディープスロートをして涎を垂らしまくり、
最後は、手コキで射精に導いてお掃除フェラをしている。


3番目のパートは、オナニーである。

ここでは妄想をしてのオナニーと言う設定であるが、
妄想を具現化させて実際に男優を登場させると言う演出がなされており、

モデルは、股間を弄るとショートパンツを脱いでショーツからペニクリを出して扱いて
息を荒げ、さらに自らのペニスに唾液を垂らして扱きながら胸を揉みしだいて喘ぎ、

男優のペニスを手コキをするシーンも見られ、

兜合わせをして2本のペニスを扱くと「逝っちゃう」と言うや否や一瞬体をビクつかせて
射精している体裁で絶頂している。

尚、モデルは玉抜きの為、厳密な意味での射精はない。


ラストパートは、セックスである。

モデルは、男優森林原人にキスされると舌を絡まし合い、上半身裸にされると
胸を揉まれて乳首を弄られて吐息をもらし、乳首を舐められると

「気持ちい」と喘いで身を捩り、スカートを脱がされると足の指を舐められ、
抱き合いベロキスしながら股間を触られ、ショーツをずらされて

アナルを舐められて、指を挿入されて「気持ちいい」と体をうねらせて喘ぎ、
ショーツを脱がされて全裸になり、さらにアナルを責められながら

自ら勃起したペニクリを扱き、ビクビクと震えてアナルで絶頂し、
「舐めていい」と言って男の手を握り締めながらフェラをし、

ディープスロートをして涎をダラダラと垂れ流して「苦しいのがいい」と言っており、

ペニクリをフェラをされて「気持ちいい」と喘ぎ、
兜合わせで2本のペニスを扱いて「挿れて欲しくなっちゃった」とおねだりして

男のペニスに唾液を垂らすと自ら挿入して腰を振り、
ファックされながら唾液を垂らしたペニクリを扱くと

ビクビクと激しく痙攣して早々と射精しており、その後もペニクリは勃起させたまま

騎乗位、対面座位、バック、正常位とファックされて喘ぎ悶えて息も絶え絶えに感じまくり
「出ちゃう」と言って何度も潮を吹く度にアナル逝きしてヨガリまくっており、

最後は、顔射されるとお掃除フェラをして
余韻の中、幸せそうな顔をして「気持ちよかったです」と述べている。



モデルは、荒木レナ 23歳。

身長168ccmに、スリーサイズが、B92cm(E) W59cm H89cm。

男の残り香の全くない美しい顔立ちをしており、
豊乳であっても自然な感じの程よい大きさのバストであり、

モルモンによるもであろう女性らしい適度な肉付きのスタイルの良い肢体で、
声も男の面影はほとんどない。

膨大な金と時間を掛けて作り上げられたであろうチューンドボディは、
一見、女性と遜色ない素晴らしい造形美を見せている。

タイトルに『絶世の美女ニューハーフ』と謳われているが、あながち間違いとは言えない。



インタビューでは、ニューハーフの生い立ち的な話を一切なく、世間話程度のものであり、

初脱ぎパートもなく、デビュー作的な演出のない作品となっている。

セックス、フェラ抜き、オナニー、セックスと言う構成であり、

初セックスにおける男優貞松は、モデルのペニクリやアナルを一切舐めなめておらず、

男優の禁則事項でNGなのであればキャスティングミスであるし、

演出であるとすれば意図がわからず、

どちらにしてもおざなりな前戯となっている。

また、ファックでは、寸止めや焦らしプレイでもないのに、

モデルが「逝っちゃいそう」と言うと男優がダメと言っており、

これも意図がわからず、意味不明である。

また、オナニーパートでは、不必要に男優を使用しており、 

他のパートでも存分に兜合わせのシーンがあるにも関わらず、

兜合わせでの射精をしていることで、液が出ているかどうかも確認できず、

なによりも画的に汚いものとなっており、

単独での純然たるオナニーを演出しなかった事も含めて、


ZAMPAとか言う監督は、全く以って度し難い無能である。


ただ、ニューハーフとの経験が豊富な森原人は、非常に巧い仕事をして、

これが、本作のベストパートとなっており、見応えのあるカラミが見られる


モデルは、女性にペニスが生えているかの様に錯覚するほどの

完成度の高い素晴らしいルックスとボディをしおり、


「苦しいのがいい」と言って涎をダラダラと垂れ流してディープスロートをする姿を見せ、

「出ちゃう」と言って何度も潮を吹く度にビクビクと震えてアナルで絶頂し、

ビクビクと激しく痙攣して射精しており、

カラミの最中、玉を抜いているにも関わらずペニクリを勃起させ続ける持続力を見せ付け、

派手ではないものの高い性的パフォーマンスを発揮しており、


結果的に、抜ける作品である。



関連記事
・ニューハーフ/女装子作品

・絶世の美女ニューハーフデビュー 綺咲杏那


絶世の美女ニューハーフデビュー 荒木レナ最高級ニューハーフソープ 荒木レナ美神降臨 加藤のあ
スポンサーサイト
[PR]

| 荒木レナ | 22:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT