FC2ブログ

ゴリとラーのAV放浪記

鑑賞したAVを、感想文的にブログに記録しておこうと思います。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

黄金比ボディ 奥田咲

soe00999pl.jpg

内容は、150分で5部構成。


最初のパートは、セックスである。

女優は、男優野島誠に胸を揉まれて吐息を漏らすと抱き合いベロキスをし、
キャミを脱がされると自らブラを外して上半身裸になり、乳首を舐められて息を荒げ、

ショーツをずらしてクンニされて喘ぐと男の上半身を舐め回してフェラをし、
自ら全裸になってさらに執拗にフェラを続けてディープスロートも見せ、


男に跨り自らペニスを挿入して騎乗位で腰を振って喘ぎ悶えて
全身を汗でびっしょりと濡らして感じまくって3度の絶頂を見せており、

最後は、手コキで射精させると執拗にお掃除フェラをしている。


2番目のパートは、パイズリ抜きである。

ここでは、主観映像となっており、女優がカメラに話しかけると言う演出で、
黒ぶちメガネに下着姿の女優は、胸を揉まれると自らブラを取って

生乳を揉まれて息を荒げ、男のパンツを脱がしてフェラをしてパイズリをし、
尻コキをすると最後は、パイズリで射精に導いて執拗に長々とお掃除フェラをしている。


3番目のパートは、セックスである。

スケスケのセクシーランジェリーを着た女優は、男優花岡じったに胸を揉まれて
乳首を弄られて息を荒げ、Tバックから食み出た尻を舐め回されてアナルまで舐められ、

抱き合いベロキスされると下着から胸を出されて乳首を舐められてビクつき、
ショーツをずらされて膣を開かれて視姦され、クンニされて震えて喘ぎ、

手マンされて潮を吹くと指に付いた愛液を舐めさせられて、
フェラをするとパイズリをし、尻コキされて

立ちバックからペニスを挿入されると立位、駅弁、騎乗位、バック、
横になっての後背位、正常位とファックされて

喘ぎ悶えて息も絶え絶えに感じまくって何度も絶頂し、ハメ潮を吹くシーンも見られ、

最後は、胸に射精されてお掃除フェラをすると息も絶え絶えにぐったりと横たわっている。


4番目のパートは、オナニーである。

マイクロビキニ姿の女優は、股間を触って息を荒げると胸を揉んで乳首を弄り、
水着の中に手を入れてクリを激しく擦って絶頂し、

ディルドーを激しく擬似フェラするとアクリル板を舐め回しながらオナって絶頂し、
ディルドーに跨って挿入して腰を振って喘ぎ悶えて絶頂している。


ラストパートは、セックスである。

競泳水着姿の女優は、男優大島丈に体を弄られて吐息を漏らし、
胸を揉まれながらベロキスされて脇の下を舐めなられ、

膣を弄られて身を捩り、クンニ、手マンされて震えて感じて潮を吹いて絶頂し、
ローションを掛けられると全身に愛撫される様に塗りたくられ、

フェラをするとアナルまで舐め、足コキをしてパイズリし、尻コキされて

正常位からペニスを挿入されると騎乗位、バックとファックされて
喘ぎ悶えて感じまくって何度も絶頂して、

最後は、顔射されると執拗にお掃除フェラをし、
手マン、クンニされて震えてビクつくシーンで終わっている。

ファックの最中、女優は水着は腰までずらされておっぱい丸出しの状態となっているが、
ほぼ競泳水着を着たままの着衣プレイとなっている。



女優は、奥田咲。

ショートカットに、整ったきれいな顔立ちをしており、
身長148cmに、スリーサイズが、B92cm W55cm H80cm。

Hカップの巨乳は大きく感じられ、腰は大きく括れて、尻は張り出しており、
メリハリのあるきれいなスタイルであり、胸は豊満であるが、意外と細身の肢体である。



黄金比ボディとは、「BHWの周径」「トルソ(胴体)」「身長・体重」などの

6つのバランスから成り立っており、

奥田咲の場合、見た目のスタイルは素晴らしいが、厳密な意味での黄金比ボディではない。

誰が考えたのは知らないが、

意味も解らないのにいい加減なタイトルをつけるのは無知蒙昧である。


最初のセックスでは、騎乗位のみの単調なファックが冗長に感じられ、

花岡じったとのカラミは、そこそこ見応えのあるものであるが、

ラストパートでは、男優大島の責めがテンポ悪く、グタグタのカラミとなっている。


内容的には、まるで、E-BODYの様な作品であり、

基本的に、全編を通じて男女がほぼ無言で快楽を貪り合うシンプルな内容で、

同じパターンのカラミばかりであり、極めて冗長に感じられる退屈な作品である。

女優の性的パフォーマンスが突出して素晴らしい場合なら嵌まるパターンであるが、

奥田咲にはそこまでの性的クオリティはなく、

基本的に、作風と女優の相性が合っていない。


監督は、自分のパターンに女優を当て嵌めるのではなく、

女優の特性に合わせてパフォーマンスを引き出す演出をするべきであり、

それがプロフェッショナルの仕事であろう。

それが出来ない紋℃とか言う監督は、度し難いアマチュアである。


女優は喘ぎ悶えて感じまくっており、絶頂回数も決して少なくはないが、

特筆すべきパフォーマンスを発揮しておらず、


結果的に、抜こうと思えば抜ける作品である。



関連記事
・新人×アリスJAPAN 着エロアイドル限界突破 奥田咲

・限界突破アクメ 奥田咲

・巨乳が教師になるんじゃねぇ!! 奥田咲


黄金比ボディ 奥田咲専属NO.1STYLE 秘密捜査官の女 奥田咲バコバコ風俗NO.1指名4時間スペシャル 奥田咲


スポンサーサイト
[PR]

| 奥田咲 | 22:10 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT