FC2ブログ

ゴリとラーのAV放浪記

鑑賞したAVを、感想文的にブログに記録しておこうと思います。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

恥ずかしいカラダ ロケットおっぱい 立川理恵

h_172hmgl00098pl.jpg

カンパニー松尾監督によるハメ撮り旅行作品である。

内容は、120分で3部構成。

最初のパートは、インタビュー&ドライブである。

ドライブでの会話では、監督が色々と質問をしているが、
女優は口数が少なく、会話が盛り上がりを見せることはなく、

谷間が丸見えのピタピタの前開きニットとタイトミニに着替えさせられた女優は、
舐め回す様にカメラに撮られると「恥ずかしい」と照れ笑いし、


その姿で、散歩して露出羞恥をさせられ、キスされる場面も見られ、
車に戻ると抱き寄せられて胸を揉まれて耳や首を舐められて吐息を漏らし、

ブラの中に手を入れられて乳首を弄られ、命じられてスカートをたくし上げ、
胸を揉まれている内に乳首が露出しており、最後にベロキスされている。


2番目のパートは、ハメ撮りである。

ホテルに入ると女優は、耳や首を舐められてベロキスされると舌を絡まし合い、
胸を揉まれて股間を弄られ、服を捲くられてブラから出された胸を揉まれて

乳首を弄られて息を荒げ、ベロキスされながらパンストを破かれ、
ショーツ越しにクリを触られ、電マを当てられながら乳首や耳を舐められて喘ぎ、

監督のパンツを脱がしてフェラをし、「(ちんちん)欲しい」と言わされ、
手コキしながら膣を触られてクチュクチュと濡れ音を響かせ、

騎乗位から生でペニスを挿入されると対面座位、立ちバック、バック、正常位と
ファックされて喘ぎ悶えて1度だけ絶頂を見せており、

鏡の前でファックされて羞恥を煽られたり、
愛液まみれのペニスをフェラさせられ、

ファックされながらスパンキングされるシーンも見られ、

最後は、舌上射精されて、精子を監督の掌に出している。


ここで、スタジオでのパケージ写真の撮影風景が映し出され、テロップには、
「彼女との会話は乏しかったが、こんなおっぱいはそうは現れない」と書かれている。

また、ホテルに戻る車内での会話では、小学校、中学校とバスケをやっており、
高校に入ってからは女子バスケ部のマネージャをしていたと答えており、
また、初体験は高1で相手は先輩であり、「痛くはなかった」と述べている。


ラストパートは、ハメ撮りである。

マイクロビキニ姿の女優は、その姿を舐め回す様に撮られ、
拘束されると興奮すると言う事で、ロープで乳房縛りに生まれて初めての拘束されると

胸を鷲掴みに揉まれて「気持ちいい」と吐息を漏らして息を荒げ、
水着をずらされておっぱい丸出しにされ、乳首を弄られ舐められて喘ぎ、

強引にいやらしい言葉を言わされるとベロキスされながら股間を弄られて
クチュクチュと濡れ音を響かせ、執拗に乳首を責められて感じる姿を、
ハンディカメラのモニターで見せ付けられ、

尻を撫で回されて背中を舐められ体を弄られた後、
フェラをすると金玉も舐めており、電マをビキニの中に入られて
喘ぎながらフェラを続け、

対面座位から生のペニスを挿入されると騎乗位、正常位とファックされて
膣からベチャベチョと淫猥な濡れ音を響かせて喘ぎ悶え、2度の絶頂を見せ、

愛液まみれのペニスをフェラをし、
自ら膣を開くと視姦されてクンニされるシーンや

国宝級のおっぱいだと言われて愛でる様に撫で回される場面も見られ、

最後は、舌と乳首に射精されている。


エピローグは、麻婆豆腐屋さんで食事をしている風景が映し出されている。



女優は、立川理恵。

整ったきれいな顔立ちであり、
身長165cmに、スリーサイズは、B90cm W59cm H90cm。

Hカップのバストはロケットの様に尖っており、腰は括れて、尻は大きく張り出し、
ムチムチした豊満な肉付きのグラマーボディである。

また、乳首は小さくて乳輪は大きく、色素は薄い。
少し低めの声質をしており、落ち着いた印象を与えている。



個人的なファーストプライオリティは、女優の性的パフォーマンスである。


監督が、国宝級と言うくらい立川理恵のバストは素晴らしく、

Hカップ90cmの天然ロケットの様は胸は、おっぱいマニアからすれば垂涎の的なのであろう。

『恥ずかしいカラダ』と言うタイトル通りの素晴らしいプロポーションである。

でも、それだけでは足りない。

確かに、女優は決してマグロではなく、よく感じており、

監督は高感度であると述べているが、それは肌を交えたものにしか解らないレベルであり、

言葉責めに対しても「うん」or「はい」かオウム返しに同じ言葉で答えるだけで、

前戯においてもファックでも絶頂時ですら特筆すべき性的反応を見せておらず、

また、絶頂そのものが全編を通して非常に少なく、

全ての絶頂は、ファック時にクリを指や電マで責められてのもので、

純然たる膣逝きはしていない。

女優は経験人数が1人であり、Hに興味があるからAVの世界に飛び込んだと

インタビューで答えており、この時点で5本のAVに出演しているとは言え、

性的未熟さは如何ともしがたい。


また、ハメ撮りドキュメントにおいて致命的であるのが、女優の口数の少なさである。

カンパニー松尾監督は、この撮影の半年前に女優を面接をしており、

最初面接した時、あまりにも喋らないので撮影するのを躊躇っていたが、

1作目を撮った監督から「案外、スケベですよ」と情報を得て

撮影に踏み切ったと述べているが、

あまりにも無口な為、女優の素顔を映し出す事が出来ておらず、

結局の所、ガセネタを掴まされたと言っても過言ではない。

最後の食事をする風景と共に流されるテロップは、

「1日の最後になってようやく慣れたっちゅう感じでした。」と

たったの1行しかないものであり、ドキュメントにも成り得ていない。


ドキュメント作品としては失敗なのであろうか、

それとも何もかもをひっくるめて、これもまたドキュメントなのであろうか。

それは解らない。


実は、以前にカンパニー松尾監督と立川理恵の作品は見ている。

故に、女優のパフォーマンスにそれほど期待して訳ではない。

ただ、『愛しの巨乳若妻 立川理恵』はシチュエーション作品であり、

本作『恥ずかしいカラダ』はドキュメント作品である事から、

何かあるのではないか、もっと素晴らしい何かが見られるではないかと期待したが、

結局のところ、『恥ずかしいカラダ』シリーズのクオリティはない作品だと感じられた。


結果的に、抜こうと思えば抜ける作品である。



関連記事
・「恥ずかしいカラダ」シリーズ

・愛しの巨乳若妻 立川理恵


恥ずかしいカラダ ロケットおっぱい 立川理恵女のカラダは急勾配のトンガリ乳山脈で選ぶ。 立川理恵愛しの巨乳若妻 立川理恵


スポンサーサイト
[PR]

| 立川理恵 | 22:10 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT