FC2ブログ

ゴリとラーのAV放浪記

鑑賞したAVを、感想文的にブログに記録しておこうと思います。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

専属NO.1 STYLE 新山らん エスワンデビュー

snis00001pl.jpg

MUTEKIでのデビュー作から4ヶ月を経て、エスワン専属となった新山らんの2作目である。

内容は、150分で5部構成。

最初のパートは、セックスである。

女優は、インタビューを受けながら男優沢井亮に胸を揉まれて乳首を弄られて息を荒げ、
全裸にされると膣を開かれてアナル共々晒され、クリを擦られて手マンされると

感度抜群に小刻みに震えて喘いで潮を吹きまくり、愛液を胸に塗りたくられると
ベロキスされて耳や首を舐められながら乳首を弄られてブルブルと震え、


手マンされて潮を吹くと執拗にクリを弄られクンニされて痙攣絶頂すると震えが止まらず、
フェラをするとパイズリをしており、

正常位からペニスを挿入されると横になっての後背位、騎乗位、対面座位、正常位と
ファックされてブルブルと震えて喘ぎ悶えて、快楽に飲み込まれてヨガリ狂い、

ガクガクと激しく痙攣して2度の絶頂見せると逝った後も小刻みに痙攣しており、

最後は、胸に射精されると長々とお掃除フェラをしている。


2番目のパートは、フェラ抜きである。

水着姿の女優は、男優の股間を弄り、ビキニをずらして露出した胸を押し付け、
パンツを脱がすと渡された私物のブラでペニスを包んで扱き、

男の乳首を舐めながら手コキをし、フェラをすると金玉も舐めており、
最後は、顔射されてお掃除フェラをしている。

ここでは、終始、テロップで出された性的な質問に答えながら男優を責めると言う
演出が取られている。


3番目のパートは、セックスである。

テディタイプのセクシーランジェリーを身に着けた女優は、
男優黒田将稔に胸を揉まれて乳首を弄られると息を荒げて震え、

下着を脱がされて全裸にされ、パイズリされるとアナルや金玉を舐め、
手マンされて潮を吹き、

騎乗位からペニスを挿入されるとバック、寝バック、正常位とファックされて
喘ぎ悶えて感じまくりるが、絶頂は見せておらず、

フィニッシュは、顔射されるとショボ汁を舌で受けてお掃除フェラをしている。


4番目のパートは、パイズリ抜きである。

女優は、早々と服と下着を脱がされて全裸にされると
ローションの入った洗面器に胸を押し付けており、

胸を揉まれながら素股をされて息を荒げ、パイズリをして射精に導いて
お掃除フェラをしている。


ラストパートは、4Pである。

男優は黒沢せつねと阿川陽志、その他1名が担当しており、
女優はワンピを脱がされるとブラはしておらず、ショーツ1枚と言う姿になり、

胸を揉まれると自らの乳首を舐めさせられ、また男優に舐められ、
耳を舐められるとベロキスされながらTバックから食み出た尻肉を揉まれ、

ショーツをずらされて膣を開かれてアナル共々視姦され、膣を弄られてビクビクと痙攣し、
全裸にされると手マンされて潮を吹きまくり、

クンニされながら乳首にペニスを擦り付けられて小刻みに震えて喘ぎ、
3本のペニスを手コキ、フェラ、パイズリをし、トリプルフェラをして「すごい」と感嘆し、

ペニスを挿入されるとバック、騎乗位、立ちバック、正常位と男優交互にファックされて
息も絶え絶えに喘ぎ悶えてハメ潮を吹き、「おかしくなっちゃう」とヨガリまくるが、

絶頂シーンは見せていない。

ファックされながらフェラや手コキ、パイズリする場面や
手マンで何度も潮を吹かされるシーンも見られ、

フィニッシュは、3人に顔射されてお掃除フェラをした後、
手マンされて潮を吹きまくり、息も絶え絶えになっている。



女優は、新山らん。

可愛い顔立ちであり、身長155cmに、スリーサイズはB110cm W62cm H94cm。
Kカップのバストは異形の大きさで垂れており、乳首は小さいが乳輪はバカでかく、

ぽっちゃりとした肉付きの豊満な肢体である。



最初のセックスでは、男優沢井がほぼ無言で黙々とハードファックして女優を天国へと誘い、

女優は超弩級のパフォーマンスを発揮して圧巻のカラミを見せており、

上場の滑り出しを見せて、良作を期待させるものであったが、


フェラ抜きでは、終始、テロップで出された性的な質問に答えながら男優を責めると言う

演出が取られているが、意図がさっぱりわからず、鬱陶しいだけであり、


2回目のセックスパートでは、差別化を図るためか、

女優にカメラ目線を強要し、尚且つ、男優黒田が頻繁に話しかける演出が仇となり、

女優はカラミに集中できずに、絶頂シーンを見せておらず、

極めて見応えのないセックスとなっており、

事後のオフショットで女優は、カメラ目線が難しく、よくわからなかったと述べている。


ラストの4Pでは、画面に男優3人が同時に映り込むシーンが多く、

非常に見苦しい画面となっており、

また、ファック中に頻繁にフェラを強要する事で、せわしなくて女優がカラミに没入できず、

結果、特筆すべき性的反応も見せず、絶頂シーンがないカラミとなってしまっている。

そして、最後の手マンシーンでは、阿川が「いっちゃう?」と誘導して

絶頂していないのに女優に「イク」と言わせるセコイまねをしており、興ざめである。


全てのパートで、事後すぐにオフショット風の画面に切り替わり、

情事の余韻を全く見せておらず、

イメージシーンもセンスの欠片も感じられないチープなものであり、

抜きパートは2つも不要であり、

沢井とのカラミを見れば、女優を一方的に受身して責めると言うスタイルでこそ、

女優は真価を発揮するタイプだと素人でもわかるが、

監督は、女優の性的特性を全く理解しておらず、

素晴らしいポテンシャルを引き出させずにおり、完全に女優を無駄遣いし、

ショボ汁の黒田に顔射させた事で、エロの根幹、本質を理解していない事を露呈しており、

秋秀人とか言う監督は、無能であり、

便器に吐き出されたタンカス以下の下衆野郎である。



女優は、素晴らしいポテンシャルを持ちながらも

ド低脳監督のせいで、パフォーマンスを発揮できずにおり、

最初のパート以外は絶頂シーンは見せていない。


ただ、最初のセックスでは、

ブルブルと震えて喘ぎ悶えて、快楽に飲み込まれてヨガリ狂い、

ガクガクと激しく痙攣して絶頂すると逝った後も小刻みに痙攣すると言う

圧巻のカラミを見せており、ここだけは十二分に使用に耐えるものであり、


コストパフォーマンスは極めて悪いものの


結果的に、抜ける作品である。



関連記事
・専属NO.1 STYLE 椎名理紗エスワンデビュー

・転職NO.1STYLE桜井彩エスワンデビュー

・BAZOOKA 新山らん

・乱れ撃ち!肉弾ピストン 新山らん


専属NO.1 STYLE 新山らん エスワンデビューBAZOOKA 新山らん乱れ撃ち!肉弾ピストン 新山らん


スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

| 新山らん | 22:06 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。