FC2ブログ

ゴリとラーのAV放浪記

鑑賞したAVを、感想文的にブログに記録しておこうと思います。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

母が息子に堕ちるとき 宮崎良美

jux00137pl.jpg

陳腐でよくある近親相姦モノのドラマ作品であり、
内容は、100分で5部構成。


最初のパートは、セックスである。

夫を早くに亡くし、息子と暮らすヒロインは、同窓会の帰りに送ってもらった
元カレ役の男優大塚直也に誘われていやよいやよと言いながらも

なし崩しに体を許してセックスする展開であるが、
ファックの最中、唐突に終わっており、


ここでは、息子がその様子を覗いている演出が取られており、
ドラマを構成する為にカラミであり、使用に値しない中途半端なカラミである。


2番目のパートもセックスである。

以前から母親を異性と意識していた息子役の男優鮫島に、
オンナとして好きだと告白され、さらには元カレとの情事も見たと言われ

「俺が気持ちよくしてやる」と抱きしめられてベロキスされたヒロインは、
「親子だからダメ」と言うもののされるがままに押し倒されると

服の前を肌蹴られるとブラを捲くられて胸を揉まれ、
乳首を舐められて息を荒げて感度抜群にビクつき、

スカートとショーツを脱がされてクンニ、手マンされて体をうねらせ、ビクビクと震わせて
「気持ちいいけど、ダメ」と喘いで感じまくり、

正常位、バック、寝バック、正常位とファックされて
全身をうねらせてビクついて喘ぎ悶えて、快楽に飲み込まれてヨガリまくり、

小刻みに体を痙攣させて何度も絶頂して逝った後もビクついており、

最後は、胸に射精されて抱きしめられている。


3番目のパートは、フェラ抜きである。

パジャマ姿のヒロインは、訪ねてきた元カレに「忘れられない」と言われて迫られると
「もう来ないで」と拒否するものの抱きしめられてズボンを脱がされると

「今日は我慢して、私がしてあげる」と言って
男のズボンとパンツを脱がしてフェラをして口内射精に導いて精子を飲み込み、

息子が帰って来るからと言って早々と元カレを追い返している。


4番目のパートは、オナニーである。

元カレとのセックスを思い出して欲情したヒロインは、パジャマの前を肌蹴ると
ブラはしておらず、乳首を弄り、ショーツをおらすと膣を指で掻き回しており、

ここで息子とのセックスを思い浮かべ、ビクビクと激しく痙攣して絶頂している。


ラストパートは、セックスである。

ヒロインは、息子の部屋に向かうと「愛している」「ダメな母親ね」「許して」と
言うと抱きついてベロキスしてベッドに押し倒して上半身を舐め回し、

べロキスしながら手コキをし、自らパジャマの前を肌蹴るとズボンとショーツを脱ぎ、

自らペニスを挿入して腰を振りながら上衣を脱いで全裸になり、
騎乗位、バック、正常位とファックされて全身をしっとりと汗で濡らして光らせて喘ぎ悶え、

息も絶え絶えに体をうねらせビクつかせてヨガリ狂い、
小刻みにキレのある痙攣をして何度も絶頂しており、

最後は、顔にかけてと懇願して顔射されると
余韻の中、息も絶え絶えに意識朦朧となってグッタリしている。



ヒロイン役の女優は、宮崎良美。

若々しく可愛い顔立ちであり、
身長162cmに、スリーサイズが、B83cm W62cm H88cm。

小振りだが形の良いDカップの胸に、括れは少ないが、尻は丸々と大きく張り出しており、
ムチムチした適度な肉付きの若々しい張りのある肢体である。



義理の親子ならまだしも血の繋がった母子の近親相姦ドラマであれば、

練り込んだ設定や演出、筋書きが必須であるが、

マドンナと言うメーカー、ひいてはAVにそれらのものを求められるはずもなく、

本作は、完全にドラマとして破綻している。

また、近親相姦モノの特有の最大の問題として、

熟女女優を起用したところで、男優との年の差が感じられず、

どんなに努力しても脳内変換できず、童顔の宮崎良美なら尚更であり、

この問題をクリアできるなんらかのアイデアがないのならば、

いや、ないからこそ、AVにおいての近親相姦作品など、

名ばかりで実体のないファンタジーにさえ成り得ない代物となる。


また、100分しかない収録時間にも関わらず5つものパートで構成しており、

ドラマを構成する為の使用に耐えないカラミに時間を割いたが為に、

抜きどころの2つあるセックスパートに皺寄せがきて、

時間がすこぶる短くなっており、

性的クオリティの高い女優が活躍する見せ場をスポイルすることとなってしまっており、


演出、構成、時間配分、何もかも全てにおいて、

雷蔵とか言う監督は能無しであり、アマチュアである。


ただ、短い時間の中でも女優は高い性的パフォーマンスを発揮して、

全身をしっとりと汗で濡らして光らせて喘ぎ悶え、

息も絶え絶えに体をうねらせビクつかせて喘ぎ悶えて快楽に飲み込まれてヨガリ狂い、

小刻みにキレのある痙攣をして何度も絶頂して逝った後もビクつくと言った

見応えのあるカラミを見せてくれる。


結果的に、抜ける作品である。

尚、本作よりデビュー作の方が、クオリティは高い事を付記しておく。




関連記事
・18年前の元ミスキャンパスが衝撃のAV出演! 宮崎良美 40歳


母が息子に堕ちるとき 宮崎良美 寝台列車の不倫旅 宮崎良美 うつくしい叔母さん 宮崎良美


スポンサーサイト
[PR]

| 宮崎良美 | 22:07 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。