FC2ブログ

ゴリとラーのAV放浪記

鑑賞したAVを、感想文的にブログに記録しておこうと思います。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

母が白衣を脱ぐとき3 澤村レイコ 中森玲子 前田優希

mimk00010pl.jpg

横山ミチルのコミックを実写化した「母が白衣を脱ぐとき」シリーズ第3弾。
本作では、新たに、女医役の澤村レイコが登場し、彼女を中心に物語が展開していく。

内容は、170分で9部構成。


最初のパートは、看護士長役の女優中森玲子と医師役の笹木良一のセックスである。

手術室で医師に求められたヒロインは嫌がるもののベロキスされると欲情してしまい、
白衣の前を肌蹴られ、ショーツを脱がされるとクリを擦られて喘ぎ、

クンニ、手マンされて体をビクつかせて感じ、ペニスを見せ付けられると
跪いてフェラをし、ディープスロートしては、涎をダラダラと垂れ流している。

ペニスを挿入されると立位、立ちバックと体位を展開されてファックされ、
口に手を当てて喘ぎ声を押し殺しながら悶え、「すごい」と感じまくり、


体をビクつかせながら3度の絶頂を見せると中出しされており、
余韻の中、体を痙攣させているヒロインは、膣から精子を掻き出されている。

尚、ここでのカラミは、約15分程と時間が短い。


2番目のパートは、女医役の澤村レイコと医師役の笹木良一のセックスである。

病院内での権力と「男」の魅力に興味を持った女医が、医師に接近すると言う流れで、
ホテルに入ると服を脱がされ全裸になると抱きしめられ、キスされると舌を絡まし合い、

耳や乳首を舐められながら胸を揉まれて喘ぎ、クリを擦られクンニされて体をビクつかせ、
手マンされると潮を吹きながら立て続けに痙攣絶頂している。

ベロキスすると男の乳首を舐めながら手コキをし、フェラをするとディープスロートして、
涎をダラダラと垂れ流し、「私、もう待ちきれない」と大股開きで懇願すると

正常位からペニスを挿入されるとバック、騎乗位、正常位とファックされて、
体をビクつかせて喘ぎ悶えて感じまくり、ハメ潮を吹くシーンも見られ、

体を痙攣させて何度も絶頂しており、逝った後も体を震わしている。

フィニッシュは、腹に射精されており、女医は、精子を掬って舐めている。


3番目のパートも女医と医師のセックスである。

診察室で、女医は、胸を揉まれながらベロキスされると服を脱がされて全裸になり、
乳首を舐められると体をビクつかせて喘ぎ、クンニ、手マンされると
体を仰け反らせて痙攣しながら絶頂している。

男の乳首を舐めながら手コキをし、フェラをし、激しくディープスロートをして、
涎を垂らし、「そろそろ、欲しい」と懇願すると

立ちバックからペニスを挿入され、バック、正常位、立ちバックとファックされて
喘ぎ悶えて、涎をたらしながら感じまくり、何度も痙攣絶頂している。

ファックされながらスパンキングされたり、愛液まみれのペニスを自らフェラする場面や
ファックされながら自らクリを擦ると同時に乳首をコリコリと弄るシーンも見られ、

フィニッシュは、尻に射精されて、快楽の余韻の中、恍惚の表情を浮かべている。


4番目のパートも女医と医師のセックスである。

病院の屋上のファックシーンから始まっており、ファックされながらアナルを弄られて、
「アナルはダメ」と言いながらも絶頂しており、
セックスが終わった後、立ったまま、勢いよく放尿している。

ここでのカラミは、時間も短く、医師の性技にハマった女医が、所構わず、
快楽を得るために、セックスを繰り返している事を示唆する為だけのシーンである。


5番目のパートは、看護士役の前田優希と看護士長の息子役のムーミンとのセックスである。

看護士は、甘えるように抱きつかれ、「見たい」と言われて、服とブラを脱がされて
ショーツ1枚の姿になると乳首を触られ舐められて、「気持ちいい」と息を荒げ、

「お口でしてよ」とベロキスされるとフェラをし、ディープスロートや
パイズリもしており、ベロキスするとショーツを脱いで男に跨ると自らペニスを挿入して、
腰を振っており、騎乗位、対面座位、正常位とファックされて、

体をビクつかせて、喘ぎ悶えて感じまくり、2度の絶頂を見せると
ゴム中出しされて、繋がったまま抱き合い、ベロキスをしている。

最後は、コンドームから垂らされた精子を、舌で受け止めている。

尚、ここでのカラミは、20分程度しか時間が割かれていない。


6番目のパートは、看護士長役の中森玲子のオナニーである。

医師との関係が薄れた為、激しい欲求不満からオナニーにふけると言う設定で、

罪悪感を感じながらも全裸で、胸を揉みながらクリを擦り、膣を指で掻き回して
口から涎を垂らして喘ぎ悶え、立て続けに、体を痙攣させながら逝きまくっている。

ここでのオナニーは、時間も短く、ヒロインが快楽に嵌まり、
おかしくなり始めている事を示唆する為のものである。


7番目のパートは、3P2穴ファックである。

医師は、女医に媚薬を仕込み、外科部長に抱かれるように強要すると最初は抵抗するが、
欲情には勝てず、遂には、愛人になることまでも承諾することになるという設定で、

媚薬を飲まされた女医は、ホテルに向かう車の中で欲情し、
医師にフェラするシーンから始まり、

先に部屋に入らされた女医は、全裸で激しくオナニーをして待っており、しばらくして、
医師がやってくるが、そこには、外科部長役の男優佐川銀二も姿を見せており、

慌て、戸惑い、抵抗するが、椅子に大股開きで拘束されると佐川銀二に、
膣を開いて視姦され、「やめて見ないで」と言うもののクリを擦られると
ビクビクと体を震わせ、手マンされて、痙攣しながら潮を吹いている。

佐川に、ベロキスされるとペニスで膣を擦られ、すがるような目で笹木を見るものの
快楽に飲み込まれて、「挿れて下さい」と懇願すると浅くペニスを挿入されて焦らされ、

「奥まで挿れて」と言うが、笹木からストップが掛かり、部長の愛人になるように強要されて
葛藤するが、肉欲に堕ちてしまい、「愛人になります、おちんこ下さい」と懇願している。

ベッドに連れて行かれると女医自ら男に跨り、ペニスを挿入して激しく腰を振り、
ピストンされて、体をビクつかせて感じまくり、さらに、ファックされながらフェラをすると

アナルにもペニスを挿入されて、2穴ファックされると口から涎を垂らし、
全身汗だくになって喘ぎ悶え、派手に、何度も体を痙攣させながら絶頂している。

アナルファックだけで、絶頂するシーンや
アナルファックされながら自ら膣を指で掻き回す場面も見られ、

「壊れちゃう」「死んじゃう」とイキ狂った末、膣とアナルに中出しされた女医は、
快楽の余韻の中、2つの穴から精子を垂らして、意識朦朧となっている。


8番目のパートは、看護士長役の中森玲子のオナニーである。

全裸の中森玲子は、スプレー缶にコンドームを装着して舐めており、
クリを擦ると膣に挿入して抜き差しして、体を震わして喘ぎ悶え、
体を膠着させて立て続けに絶頂している。

朝、目を覚ますと昨日のオナニーを思い出して欲情し、
乳首を抓むと、自ら乳首を舐めており、クリを激しく擦り喘ぐが、
息子が、起きてきて慌てて、中止している。


ラストパートは、看護士長役の中森玲子のセックスである。

風呂上りの息子の体に欲情して、ハッとなるシーンから始まっており、
画面が切り替わると主観映像でのセックスシーンが映し出され、

全裸のヒロインは、胸を揉まれながら「もっと、激しくして」と言っており、
乳首を激しく弄られて喘ぎ、自ら胸を揉みしだきながら手マンされ、

体をビクつかさて感じ、立て続けに痙攣絶頂すると愛液に濡れた男の指を舐め、
再度、手マンされて、連続で逝きまくっている。

涎を垂らしながら激しくフェラをすると男に跨り、自らペニスを挿入して腰を振り、
騎乗位、バック、正常位とファックされて、淫語を言いまくりながら喘ぎ悶え、

快楽を貪るように感じまくり、体を痙攣させながら何度も絶頂している。

中出しされると再度、ペニスを挿入されてファックされると何度も中出しされて、
虚ろな視線を宙に漂わせながら感じている所で、男の顔が鮮明になると

それが、息子である事に気付いた所で、目が覚めると言う演出で、

ヒロインが、愕然としているシーンで終了している。



中森玲子が、セックス2回に、オナニー2回、前田優希が、セックス1回に対して、

澤村レイコは、セックス3回に、3P一回と本作は、女医のカラミを中心に展開しており、

中森玲子、前田優希のパートは、時間も短く、ドラマを構成する要素が強いものの

女優は、短い時間ながらも高い性的パフォーマンスを発揮しており、

3時間弱と言う収録時間であるが、冗長に感じなかった。

また、メインの澤村レイコであるが、セックスパートは見応えがあり、

3P2穴ファックは、媚薬を使用していると言う設定で、若干、過剰な面もありはするが、

体を痙攣させて逝き狂うと言う高い性的パフォーマンスを発揮して、

圧巻のカラミを見せている。


総じて、原作に忠実に作られている故に、しっかりとしたストーリーが展開され、

野望に燃えるプライドの高い女医が、嵌められて肉欲に堕ちていく様が、

巧く描かれており、女優の演技も素晴らしく、良質のドラマ作品となっている。

また、キャスティングされている3人の女優の性的クオリティも高く、

それぞれのパートで、見応えのあるカラミを堪能でき、


結果的に、確実に抜ける作品である。



関連記事
・母が白衣を脱ぐとき 中森玲子

・母が白衣を脱ぐとき2 中森玲子 前田優希

・本能剥き出し生中出しセックス 中森玲子

・野外で大量お漏らしSEX 前田優希

・絶対に手を出してはいけない相手をレズ夜這い 4


母が白衣を脱ぐとき3 澤村レイコ 中森玲子 前田優希 母が白衣を脱ぐとき 中森玲子 母が白衣を脱ぐとき2 中森玲子 前田優希


スポンサーサイト
[PR]

| Wキャスト(複数出演) | 22:09 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。