FC2ブログ

ゴリとラーのAV放浪記

鑑賞したAVを、感想文的にブログに記録しておこうと思います。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

恥ずかしいカラダ ウルトラセックスマシーン REIKO 小早川怜子

512hmgl084pl.jpg

カンパニー松尾監督によるハメ撮りドキュメントであり、
小早川怜子のナマハメ解禁作品である。

内容は、140分で2部構成。

公園やドライブでのインタビューから始まっており、女優の生い立ちから
性体験までが語られており、経験人数は100人を超え、浮気で興奮する等、
女優自ら、「いけない女」と語っている。

ホテルに入ってのイメージ撮りの最中、興奮した女優は、オナニーを始め、
カンパニー松尾監督も釣られて、セックスへ突入する所で、映像が断片的になり、


このセックスは、「グラマー 未発表スペシャル 9」に収録される旨、テロップが流れている。


前半パート

パッケージにあるセクシーランジェリーを身に纏った女優は、エロいポーズを取って
監督を挑発しており、尻を男の股間に擦りつけると首を舐められ、体中を弄られ、
乳首を弄られるとビクビクしており、抱きしめられてベロキスされている。

女優は、跪くとパンツの上から股間を舐めまくり、男の上に跨ると股間同士を擦り合わせ、
パンツを脱がすと金玉を舐めてからフェラをしている。

下着をずらされて、生でペニスを挿入されると立ちバック、立位、騎乗位、
横になっての後背位、寝バック、バック、正常位とファックされて、

淫語を言いまくりながら喘ぎ悶えて、数え切れない程何度も絶頂している。

途中、愛液まみれのペニスをフェラする場面や
ファックされながらクリを電マで責められたり、
鏡の前や窓際でファックされるシーンも見られ、

フィニッシュは、口に射精されている。


後半パート

スケスケのブラジャーとTフロントのショーツ姿の女優は、体をクネらして
監督を誘惑しており、乳首を弄られると自らも乳首を擦り、淫靡な表情を浮かべており、

手枷を嵌められて後ろ手で拘束されると「興奮しちゃう」と悶え、乳首を弄られると
「気持ちいい」と喘ぎ、ベロキスされると女優自ら大股開きで股間を晒し、
「見てください」と懇願して興奮している。

小型の電マで、クリを責められると「気持ちいい」と喘ぎ、
ショーツの中に電マを入れられると絶頂しており、拘束を解かれると男のパンツを脱がし、
金玉を舐め、フェラをし、ベロキスすると乳首を舐めながら手コキをしている。

ショーツ越しにペニスを擦り付けられると女優自らショーツをずらしてペニスを膣に、
擦りつけ、「我慢出来ないから、生でおちんちん挿れて」と懇願して、

立ちバックから生ハメされて、騎乗位、横になっての後背位、バック、
正常位とファックされて、淫語を言いまくりながら汗だくになって喘ぎ悶え、

結合部を、ハンディカメラのモニターで見せ付けられて興奮し、

愛液まみれのペニスをフェラするシーンや
「マンコ、締めちゃう」と言って、ファックされながら女優自らクリを擦る場面も見られ、

数え切れない程、何度も逝きまくっており、フィニッシュは、舌上射精されている。


尚、全編を通じて、女優は淫語を言いまくっており、
カンパニー松尾が言葉責めをする余地はなく、またS的に責めることもなく、
野獣のように絡み合うセックスが、展開されている


エピローグは、イメージシーンが映し出され、

REIKOさんは浮気性の淫乱オンナ

しも半分天然で、半分さみしがり屋

いずれにせよ、どこかつかめない

けど憎めない、不思議なオンナ

ウルトラセックスマシーンなんて付けたのは

最強ボディと淫語セックスに贈る最大の賛辞

これからもっと暴れてほしい」

とテロップから流れて終わっている。


尚、各パート間に流れるイメージシーンは、監督の気合が入りまくりの仕上がりで、
下手な着エロよりもよっぽどエロく感じられる。



女優は、小早川怜子。

色っぽい美形の顔立ちであり、
身長165cmに、スリーサイズは、B90cm W60cm H90cm。

Hカップのバストは、パンパンに張った巨乳で、腰はくびれて、
尻は大きく張り出しており、ムチムチのグラマーボディである。



小早川怜子は、ペニスを貪り咥え、淫らに腰を振り、

淫乱を絵に書いたように、淫靡な表情を浮かべて淫語を言いまくりながら喘ぎ、

スーパーボディを悶えて、ヨガり狂って、逝きまくっており、

ウルトラセックスマシーンとカンパニー松尾監督が言うのも頷ける

高い性的パフォーマンスを発揮して、野獣のようなカラミを見せており、

抜きどころ満載の見応えのある作品である。

尚、本作は、カンパニー松尾監督自身が、2012年度のベスト作品に選んでいる。


結果的に、確実に抜ける作品である。



関連記事
・カンパニー松尾関作品

・「恥ずかしいカラダ」シリーズ

・元RQのワケあり若奥様 『夫の名前を呼ばせて中出し!』 近藤沙紀子 /小早川怜子

・堕ちた女教師 ~恥辱の輪姦課外授業~ 小早川怜子

・堕ちてゆく人妻 本当はこんな女なの… 小早川玲子

・麗しのキャンペーンガールAGAIN 7 REIKOとゆき

・エロすぎるカラダ 2 ヌルヌルBODYと激エロSEX 小早川怜子

・世界弾丸ハメドラー ウルトラセックスビキニマシーン 小早川怜子


恥ずかしいカラダ ウルトラセックスマシーン REIKO 麗しのキャンペーンガールAGAIN 7 REIKOとゆき グラマー 未発表スペシャル 9 さき、REIKO、れいら、真奈美


スポンサーサイト
[PR]

| 小早川怜子 | 21:57 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。