FC2ブログ

ゴリとラーのAV放浪記

鑑賞したAVを、感想文的にブログに記録しておこうと思います。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

息子の身代わりになった母 藤下梨花

juc00951pl.jpg

息子をイジメから守る為に、身体を差し出した母親であるヒロインが、
肉欲に堕ちていくと言う筋書きのドラマ作品である。

内容は、120分で4部構成。


最初のパートは、レイプである。

息子がイジメに会っている事に、気付いたヒロインは、
主犯格である同級生役の男優橋本カムイに、
息子を虐めないように頼みに行くと体を要求されてレイプされると言う流れで、

ヒロインは、押し倒されるとベロキスされ、服の上から胸を揉まれると
「ダメ」と言うものの抵抗欠しくされるがままに、服とブラをずらされて胸を揉まれ、

執拗に乳首を舐められると喘いでおり、パンストとショーツを脱がされ、
大股開きにされて膣を開かれて視姦され、クリを擦られ、クンニされて身悶えており、


手マンされるとグチュグチュと音を立てており、潮を吹いている。

ベロキスされると目の前にペニスを出され、息子が痛い目に会うぞと脅されると
ヒロイン自らペニスを咥えてフェラをしており、服を脱がされて全裸にされると

イラマチオされ、アナルを舐められながら手マンされると喘ぎ悶え、
体をビクビクと震わせて無言で絶頂している。

バックからペニスを挿入されると騎乗位、正常位とファックされて喘ぎ悶え、
快楽に飲み込まれて「気持いい」と言って感じており、また自ら腰を振るシーンも見られ、
ビクビクと体を震わせて何度も絶頂している。

フィニッシュは、顔射され、息も絶え絶えに放心状態で横たわっている。

女優は、「イク」とは言わないが、逝く時に、体をビクビクと震わす
顕著な反応を示す為、絶頂はわかりやすい。


2番目のパートは、フェラ抜きである。

キッチンで洗い物をしているヒロインは、息子の同級生役の男優橋本カムイに、
後ろから抱きしめられると「ダメ」と言うが、

体を弄られ、ベロキスされるとされるがままに、服を巻くり上げられブラ越しに
胸を揉まれて喘ぎ、キスされると舌を絡ましている。

ブラをずらされると乳首をむしゃぶりつく様に舐められて喘ぎ声を上げると
息子に聞こえると注意されて、必死に声を抑えており、

ショーツの中に手を入れられて女性器を弄られながら乳首を舐められ、
パンストとショーツを脱がされ、膣を開かれて視姦されると濡れている事を指摘されており、

クリを擦られ、ベロキスされながら手マンされると息を荒げ、
ビクビクと体を震わして絶頂している。

跪くとパンツを脱がしてヒロイン自らフェラをしており、「硬い」「好き」と言って
ディープスロートをしており、イラマチオされている。

「おいしい」と言ってフェラをして射精に導き、顔射されている。

尚、女優は、バストや下半身は露出しているものの着衣でのプレイである。


3番目のパートは、オナニーである。

ヒロインは、レイプされた時の事を思い出し、寝室でオナニーをすると言う流れで、
キャミの上から胸を揉むとショーツの中に手を入れて女性器を弄って喘いでおり、

服を脱いで全裸になると胸を揉みながらクリを擦ったり、膣に指を入れて掻き回しており、

しっとりと汗に濡れた体を身悶えさせて感じまくると絶頂して、息を荒げている。

ここでは、時間的には短いものの豊満な熟女のエロさを堪能できる。


ラストパートは、輪姦である。

息子の同級生とその仲間2人に、ヒロインは輪姦されると言う流れで、
男達に、体を弄られると「やめて」と言うが、体を押さえ付けられ、

耳を舐められ、胸を揉まれ、ベロキスされると露出させられた胸を鷲掴みにされ、
乳首を舐められると抓み上げられており、大股開きにされるとパンストを破かれて、

ショーツをずらされ、膣を開かれて視姦されると上半身を裸にされ、
手マンされて吹いた潮を舐め取られる様にクンニされて喘いでいる。

服を脱がされ全裸にされるとペニスを咥えさせられてイラマチオされながら
手マンされ、命令されてパイズリし、ペニスを乳首に擦りつけており、

クンニされながらイラマチオされて「チンポおいしい」と言わされ、
2本のペニスを手コキ、フェラさせらている。

目隠しされると連れて来られた息子をフェラすると息子のペニスを挿入させられて
腰を振らされて喘ぎ悶えている最中に、目隠しを取られると狼狽して、

「やめて、こんなの」と言うが、ベロキスさせられ、ファックを続けさせられて喘ぎ悶え、
腹に射精され、無理やり精子を舐めさせられている。

さらに、立ちバックでペニスを挿入されて、騎乗位、正常位と男達に交互にファックされて、
喘ぎ悶え、快楽に飲み込まれて「気持いい」と言って、

涎で濡れた体を、身悶えさせながら感じまくっており、
自らキスを求めたり、腰を振るシーンや手マンで潮を吹く場面も見られ、

フィニッシュは、2人共に、顔射されてお掃除フェラをさせられ、

余韻の中、ヒロインは、虚ろな目をして放心状態で横たわっている。

男優達の責めは下手糞すぎて臨場感がなく、輪姦と言う体裁であるが、
ハードさは皆無である。

また、ここでも女優は「イク」と口に出していないが、最初のパートと違い、
絶頂やその度合いが分かりづらいものとなっている。


ヒロイン役の女優は、藤下梨花。

身長162cmに、スリーサイズが、B96cm W63cm H88cm。

Hカップの巨乳は完全に垂れており、腰はくびれて、尻も大きく、
全体的に垂れた肉付きの豊満で熟れた四十路の肉体は、えも言われぬエロさがある。

感度はよく、快楽に飲み込まれる様に感じており、ビクビクと体を震わして絶頂しており、
性的パフォーマンスは高い。



ヒロインは、息子を守る為に体を差し出したのか、なし崩しにレイプされたのか
よくわからない演出であり、犯されているにも関わらず、ヒロインは感じてしまっており、
レイプの悲壮感は感じられない。

また、ラストの輪姦では、息子と交わると言う近親相姦と言う要素も盛り込まれているが、

息子は嫌がる素振りも見せずに、ただ無言でファックしているだけであり、
背徳感は全く感じられず、不要な要素であるばかりかドラマのクオリティを
低下させるものとなっている。

また、ヒロインの心情が全く描かれておらず、

熟女が、犯されて感じているだけのしょうもない作品となっている。

また、1ヶ箇所だけであるが、男優が、ヒロインを「おばさん」ではなく「奥さん」と
呼ぶ非常に不自然なシーンを、編集で切っていない。


演出や編集は、酷いものであり、ドラマとしては、全く見るべきものがなく、
犬神涼とか言う監督は、ドラマ作品には向いていないが、

照明の使い方だけが巧く感じられたので、照明スタッフに転向した方がよい。


総じて、ドラマが破綻している事が幸いして、

全編を通じて、えも言われぬ熟れたエロスを漂わせた女優が、

高いパフォーマンスを発揮して、見応えがあるカラミを見せており、


結果的に、抜ける作品である。




息子の身代わりになった母 藤下梨花 息子の大きすぎるチンポが気になって… 新フェチモザイク 藤下梨花 友達の母親~最終章~ 藤下梨花



スポンサーサイト
[PR]

| 藤下梨花 | 21:53 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。