FC2ブログ

ゴリとラーのAV放浪記

鑑賞したAVを、感想文的にブログに記録しておこうと思います。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

カンパニー松尾×由愛可奈

h_068mxgs432pl.jpg

HMJMのカンパニー松尾監督とマキシング専属の由愛可奈がコラボした
2012年4月に撮影されたハメ撮りドキュメント作品。

尚、「女優名×カンパニー松尾」と言うタイトルは、アイデアポケットからも
リリースされているが、本作は、同じ題名でもマキシングから発売されている。

内容は、130分の6部構成。

尚、各パートの間には、クオリティの高い綺麗なイメージシーンが差し込まれている。

パッケージ撮影のオフショットやイメージシーンを経て、

最初のパートは、インタビューである。
2月に19歳になったばかりの女優は、

高校中退後、18歳になってすぐのAVの仕事は始めた事や
芸能人になりたかったけど、ぶっちゃけ売れなかったからAVへ転向したと語っており、

初体験は16歳で経験員数1人。子供の頃は、お兄ちゃんとよく遊んでいた活発な子供で、 
中学はソフトボール部であった事などを述べている。


2番目のパートは、セックスである。
ここでは、野球部の部長とマネージャーと言うシチュエーションドラマになっており、


JK制服姿の女優は、男優小沢徹と抱き合いキスをし、舌を絡ましており、
小沢得意のベロチューが炸裂している。

尻を揉まれ、耳を舐められ、ブラウスとブラを肌蹴けさせられ、
胸を揉まれ、乳首を舐められるとショーツ越しに女性器弄られ、尻を舐め回されている。

男優の乳首を舐めるとショーツ脱がされ、クンニされており、アナルも舐められている。

嬉しそうに、フェラしており、また、イラマチオされて、
口に溜まった濃い唾液を吸い取られるようにベロチューされ、
さらに、イラマチオされて、嘔吐いている。

スカートを巻くり上げられて、立ちバックからペニスを挿入されると
騎乗位、対面座位、正常位とファックされながら、ベロキスをしまくり、
手を口に当てて、喘ぎ声を押し殺しながら感じまくっている。

途中、愛液だらけのペニスをフェラしたり、唾液を飲まされており、
服は脱がされ、全裸にスカートが腹巻状態になっている。

白目を剥いて感極まった直後、胸に射精され、狂ったように長々とベロチューをしている。

事後、接吻キング小沢徹をして、自分と同等かそれ以上のベロキスをするのは、
若い子では初めてと言わしめる程、
このカラミでは、男女ともに、頻繁にベロチューしている。

また、女優も、ベロチューが好きと言っている。


3番目のパートは、インタビューである。
女優は、自分が嫌いで、コンプレックスだらけと思っていたから
スカウトされた時は、嬉しかったと語っており、

男子にもてず、自分に自身がなく、人を羨んでいたと述べている。

ここで、「将来の不安、自分への不満・・・・彼女はとても敏感で早熟な女の子だった」

「変わりたいと思い、もしかしたら、変われる機会かもしれないから、
「自分を変えたい」と思って、この仕事を始めた」とテロップが流れている。

自信があって、AVを始めた訳ではないんだねと質問されると
「ぶっちゃけ、(AV)1本目で終わるかと思ってました」と述べている。

また、仕事の事は、家族は知っており、
後ろめたい気持でやりたくなかったから、AVの仕事を始める前に、縁切られる覚悟で、
言ったら、「やりたい事が見つかってよかったね」と応援してくれたと語っており、

また、「AVをやりたかった理由は、正直わからない」とも述べている。


4番目のパート、ハメ撮りである。
女優は、カンパニー松尾監督と部屋で、2人きりになると激しく照れ笑いしており、
いつものスタジオ撮りと違い、1対1であるから緊張すると言っている。

女優は、耳を触られ、舐められると喘いでおり、キスされると舌を絡ましている。
胸を揉まれ、体中をまさぐられ、ショートデニムを脱がされ、服を巻くり上げられ、
お尻を撫ぜられたかと思うとスパンキングされ、ショーツ越しに、小型の電マを当てられて
喘ぎ、「ごめんなさい」と言いながら感じている。

ショーツの中に、電マを仕込まれ、言葉責めされるとハメ撮りと相まって、
興奮し、目の色が淫靡になっている。

男の乳首を舐めるとキスされ、涎を飲まされ、フェラ懇願して、
ペニスを咥え、金玉も舐めている。

服を脱いで下着姿になり、監督の乳首を舐めながら手コキした後、
膣をペニスで擦られると、挿入を懇願するも焦らされている。

正常位から、ショーツをずらしてハメられると
横になっての後背位、バック、寝バック、騎乗位、正常位と体位を展開されてファックされ、

女優は、興奮しまくり、白目を剥いて絶頂すると意識が飛んだような状態に陥り、
バカみたいになっている。

ファックの最中、自らキスを求めるシーンも多く見られ、バストをビンタされたり、
痴態や結合部をカメラのモニターで見せつけらると「交尾みたい」と言う場面や
スパンキングされると「もっと叩いて下さい」と懇願しており、
愛液だらけのペニスを嬉しそうにフェラする場面も見られる。

フィニッシュは、舌上発射されている。

尚、女優は、バストは露出しているものの上下とも下着は身に纏ったままである。


5番目のパートは、インタビューである。
女優と監督は、海の近くの公園でピクニックしており、昼食にハンバーガーを食べている。

女優は、幼稚園の時に、兄の少年誌を見て、性に目覚めたと言っており、
小6で生理きて、それから本格的に自慰を始め、
14歳の時に、オナニーで潮吹きを経験したと述べている。


6番目のパートは、ハメ撮りである。
女優は、ホテルに入ると寝入ってしまい、
寝起きざまにキスされ、舌を絡まされると即Hモードに切り替わり、
服を肌蹴けられ、乳首を舐められ、キスされると舌を絡ましている。

服を脱がされていき、耳を舐められ、ブラの上から胸を揉まれブラをずらされると
乳首を弄られ、キュロットスカートを脱がされ、ショーツ越しに女性器を弄られている。

下着姿にされると鏡の前に連れて行かれ、乳首や女性器を弄られる姿を見せ付けられた後、

嬉しそうに、パンツの上からペニスを舐めるとパンツの脇から金玉を舐めており、
パンツ脱がしてフェラするとアナルも舐め、乳首を舐めながら手コキをした後、
ショーツずらされ、手マン、クンニされている。

正常位で、ショーツをずらされてペニスを挿入されると立ちバック、バック、正常位と
体位を展開され、途中、ファックされながらのスパンキングや
愛液だらけのペニスをフェラさせられ、自らの痴態や結合部をカメラのモニターで
見せ付けられたり、ファックされながらクリに小型の電マを当てられている。

女優は、唾液を飲まされたり、ハメ潮を吹いて謝ったりしており、
「ごめんなさい」と言いながら感じまくり、白目を剥いて絶頂する場面も見られ、
「おかしくなる」と言うほどに、目が虚ろになり、いっちゃった目をしている。

フィニッシュは、女優が、白目を剥いて逝く寸前に、舌上射精されており、
監督は、アヘ顔がエロくて射精してしまい、最後、逝かせられなかった事に謝罪している。


ラストパートは、インタビューである。
ここでは、公園でのインタビュー続きが映し出されており、
監督が、カットと言うと女優は、涙を流して泣き出しており、
理由を問われると人と話すと感動して、嬉しくて泣くと述べており、

ぽろぽろと嬉し涙を流す女優を背景に、
「彼女は感受性が人一倍強く、時にはそれを吐き出す」とテロップが流れる。


一転、桜が咲き誇る綺麗な風景をバックに、女優のイメージシーンが映し出され、

「無邪気と自己嫌悪  美しさと儚さ  出会いと別れ  イメージと現実

泣いたり笑ったり  学んだりさぼったり  走ったり、止まったり  寝たり起きたり

繰り返す  日々の中で  何を思い  何を感じる

両極端を持って成り立つそれは  リスクを犯して手に入ったそれは

今の君しか持ち得ない  最大の特権なんだ

批判は承知だろ  だったら、前に進もう  それは、今しか出来ない事だと

君は知っていて  君を見ている人達も  たぶん、知っている」

と次々にテロップが流れて、終わっている。


女優は、由愛可奈。
黒髪の可愛らしい顔立ちで、身長163cmに、スリーサイズが B86cm W59cm H86cm。

Dカップのバストは適度な大きさで、綺麗な形をしており、
お尻は大きく張りがあり、太股も適度にむっちりした健康的なエロい肢体である。

感度抜群に感じており、感極まると訳がわからない様な状態になっており、
性的パフォーマンスは、非常に高い。


カンパニー松尾が、他社の単体女優を撮影するとぬるい作品になる傾向にあるが、

本作は、小沢徹とのベロキスしまくりのカラミと言い、監督によるハメ撮りもそうであるが、
非常に、濃厚でエロいカラミが展開しており、

女優は、高い性的パフォーマンスを発揮しており、また、M度も高く
監督の言葉責めにもよく対応しており、見応えがあるカラミを見せている。

また、インタビューでも深く踏み込んでおり、由愛可奈の素の横顔が垣間見れる
作品となっている。

尚、ハメ撮りパートでは、固定カメラとハンディカメラの2台で撮影されている。


結果的に、抜ける作品である。



関連記事
・カンパニー松尾×横山美雪

・カンパニー松尾×松本メイ

・カンパニー松尾×森川なな

・カンパニー松尾監督作品

・新人 由愛可奈


・ご奉仕美少女のおねだりSEX。 由愛可奈

・ザーメン面汚し顔射洗礼 由愛可奈

・夢の競泳水着×由愛可奈

・汗だくFUCK 由愛可奈

・私の妻は、18歳の現役女子校生 由愛可奈

・突如イカされた美少女アイドル! 由愛可奈

・美少女奴隷ペット 由愛可奈

・イキまくる絶頂女神。 由愛可奈

・解禁!濃厚ザーメン大量顔射 由愛可奈

・交わる体液、濃密セックス 由愛可奈


カンパニー松尾×由愛可奈 由愛可奈がアナタのオナニーを猛烈にサポートしてくれるビデオ 美少女奴隷ペット 由愛可奈


本作のインタビュー記事

スポンサーサイト
[PR]

| 由愛可奈 | 21:27 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。