FC2ブログ

ゴリとラーのAV放浪記

鑑賞したAVを、感想文的にブログに記録しておこうと思います。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

狙われた巨乳妻 ~歪んだ愛情に犯されて~ 真木今日子

juc00804pl.jpg

夫と仲睦まじく暮らすヒロインが、ストーカーに狙われ犯されると言う筋書きの作品である。

内容は、117分で4部構成。

最初のパートは、夫のとのセックスである。
ヒロインは、夫役の男優ムーミンとキスをしているが、段々と激しくなり舌を絡まし、
耳や首を舐められると感じ始め、パジャマを脱がされ、胸を揉まれ、乳首を舐められた後、
夫の上半身を舐め回している。

全裸にされたヒロインは、女性器を視姦された後、クリを弄られ、
クンニや手マンで何度も絶頂した後、
夫の顔を舐め回し、乳首を舐め、パジャマを脱がしてフェラをしている。

シックスナインを経て、正常位でペニスを挿入されると騎乗位、バック、寝バックと
体位を展開され、感じまくり、逝きまくって、


フィニッシュは、腹に射精されている。

余韻の中、息を荒げピクピクと体を震わし夫と抱き合いキスしているシーンで終了してる。


2番目のパートは、ストーカーとのテレホンセックスである。
ストーカーから毎晩かかってくる無言電話に出ると、この日に限り相手が、
ヒロインをオカズにしてオナニーしていると話し出すシーンから始まる。

ヒロインは、テレホンセックスに付き合う事を条件に、今後無言電話を止めて欲しいと
とんでもない提案を行い、ストーカーの指示に従って、半裸になり、胸や乳首を触り、
クリを弄り、膣に指を挿入にして、激しく出し入れしてビクビクと痙攣絶頂している。

日頃気持ち悪がっているストーカー相手に、欲求不満でもない人妻が、
テレホンセックスをして、ましてや絶頂すると言う有り得ない展開をしている時点で、
ドラマ作品としては、破綻してしまっている。

尚、この日を境に無言電話が掛かってこなくなり、日にちが経つうちに、
ヒロインは、ストーカーの事を忘れ始めている旨のナレーションが差し込まれている。


3番目のパートは、ネット回線の業者に化けたストーカー役の男優杉浦ボッ樹を
家に上げてしまい、押し倒されるシーンから始まる。

ヒロインは、悲鳴をあげるも首を絞められ、馬乗り状態で強制的にフェラされている。

イマラチオされ、ねちっこいキスを長々とされて、さらに、フェラをさせらた後、
ストーカーが自ら手コキしての舌上発射されて、お掃除フェラをさせられている。

尚、ヒロインは、射精時に、嫌がりもせずに、素直に舌を出して精子を受けており、
違和感のある演出となっている。


ラストパートは、ストーカーとのセックスである。
1度射精したぐらいでは収まらないストーカーは、家に居座っており、
トイレに行きたいと言うヒロインの下半身を裸にして、立った状態での放尿を強いている。

放尿後、変態チックに女性器を舐め回されるとビクビクと感じて崩れ落ちるが、
さらにクンニされ続け、女性器を視姦されたり、アナルも舐められている。

ここで、ヒロインはストッキングで両手を拘束されて、服とブラを捲り上げられ、
胸を揉まれ、乳首を舐められ、

クンニされて逝かされると、手マンされて潮を吹いて絶頂している。

ヒロインは、ストーカーに愛液の付いた指を舐めるのを見せ付けられた後、
拘束を解かれ、全裸にされて、パイズリさせられた後、

バックからペニスを挿入され、立ちバック、騎乗位、正常位と体位を展開され、
感じまくり、何度も絶頂している。

フィニッシュは、胸に射精されている。

最後に、この後、ストーカーは一切姿を見せない旨のナレーションが入っている。


ヒロイン役の女優は、真木今日子。 
きれいな黒髪に、少し唇の厚い大きな口の派手めな顔立ちであり、
身長158cmに、スリーサイズは、B90cm W60cm H88cm。

Gカップのバストは、張りがある美巨乳で、
ぽっちゃりしたムチムチの迫力満点のグラマラスボディーである。

感じ方は敏感であり、大きく震えるように感じ、
絶頂時には、派手に体をビクビクと痙攣させており、
性的パフォーマンスは、高い。


最初のカラミは、若い夫婦の夜の営みと言う印象の演出で、ラブラブ感が出ており、

最後のカラミは、ストーカー役の杉浦ボッ樹が、猫なで声で話しかけて、
時には恫喝するようにヒロインを怖がらせたりと気持ち悪い変質者を巧く演じており、
セックスにおいても変態チックに、ねちっこい見応えのある責めを見せている。

本作ではカラミは2回しかないが、それぞれ印象の違うセックスが展開されており、
女優も、それぞれの演出に応じたカラミをしており、

セックスパートにおける作品のクオリティは高い。


気持ち悪がっているストーカーとのテレホンセックスや
犯される体裁であるのに、動機付けなく感じているカラミ等、
ドラマ作品としては、違和感ある演出であり、強引な筋書きであるが、

男優杉浦ボッ樹の巧演のおかげで、あまり気にならずに鑑賞出来る。


また、グラマーなボディを痙攣させて絶頂する女優のパフォーマンスも素晴らしく、


結果的に、抜ける作品である。



関連記事
・狂おしき接吻と情交 新妻と義父 真木今日子

・絶対に手を出してはいけない相手をレズ夜這い 4

・恥辱のショータイム 真木今日子


狙われた巨乳妻 ~歪んだ愛情に犯されて~ 真木今日子 巨乳若奥さんと隣の美熟女レズビアン 桐原あずさ 真木今日子 全身性感帯 真木今日子

スポンサーサイト
[PR]

| 真木今日子 | 22:02 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。