FC2ブログ

ゴリとラーのAV放浪記

鑑賞したAVを、感想文的にブログに記録しておこうと思います。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

初撮り人妻ドキュメント 八咲唯

h_086jrzd00604pl.jpg

最初のパートは、初脱ぎである。

人妻がAVに応募してきた体裁のもと、インタビューから始まり、
次いで初脱ぎへと展開しているが、女優は緊張の中、恥じらいまくる事から

全裸になるまで結構な時間を要しており、促されて四つん這いになって
尻肉を広げてアナル見せ、大股開きで膣を開いて晒すなど

Hなポーズを取らされて泣きそうな顔をするくらいの恥じらいを見せている。


2番目のパートは、セックスである。

ボディスーツ姿の女優が、男優を前にして恥じらいまくるシーンから始まるが、
ベロキスされると耳や首、脇の下を舐められると感度抜群に痙攣して喘いで

Hモードに突入しており、胸を揉まれて乳首を舐められると快楽に悶え、
染みの出来たクロッチを外されると膣を開かれて晒され、

アナルを舐められて喘ぎ、クンニ、手マンされて潮を吹きながら絶頂し、
フェラををすると「おまんこに欲しいです」と懇願して

正常位からペニスを挿入されるとバック、騎乗位、正常位とファックされて
痙攣しまくって喘ぎ悶えて感じまくるものの絶頂は見せておらず、

最後は、疑似中出しされて終わっている。


3番目のパートは、手コキ抜きである。

2人がシャワーを浴びているシーンから始まり、女優は股間を弄られて絶頂すると
男優を手コキして射精に導いている。

尚、男優は、前パートから続投している。


ラストパートは、セックスである。

ロングキャミソールにショーツ姿の女優は、男優TJ山本に耳を舐められて
ベロキスされると舌を絡まし合い、乳首を舐められると股間を弄られて

ビチャビチャと濡れ音を響かせ、ショーツを脱がされると膣を開かれて晒され、
クンニされて逝かされ、手マンされて潮を吹きながら絶頂し、

フェラをし、シックスナインでは何度も絶頂する姿を見せており、全裸になると
ペニスを挿入されて様々な体位でファックされて喘ぎ悶えてヨガリまくり、

「イク」と絶叫してビクビクと激しく切れのある痙攣を見せて何度も絶頂しており、

ファックされながらスパンキングされて「気持ちいい」と喘ぐシーンも見られ、
最後は疑似中出しされると余韻の中、朦朧となって痙攣が止まらない状態で悶えている。



女優は、八咲唯。

ショートカットに、きれいな顔立ちをしており、
身長156cmに、スリーサイズが、B97cm W64cm H89cm。

Fカップのバストに、腰は括れて、デカ尻をしたグラマーボディである。
尚、本作では36歳との設定となっているが、プロフィールでは29歳となっている。

女優は、初脱ぎなどでは恥じらいまくると言うデビュー作特有の初々しさを

見せながらもカラミに入ると快楽に飲み込まれると言うギャップを見せている。



面接風景から始まり、スタジオでのインタビューと続く出だしであるが、

内容的には、同じものが繰り返されているだけで時間の無駄である。

この後に続く初脱ぎであるが、女優は緊張しまくって恥じらいまくる事から

多くの時間を割かれているが、色っぽい大人の女性の初々しい姿には

得も言われぬものがあり、冗長には感じられなかった。


最初のセックスでは、顔は知っているが名前は知らないくらいの三下男優が起用されて

いる事から、全身性感帯とも言うべきパフォーマンスを見せる女優を

1度しか絶頂に導いておらず、使用に耐えない。

男優がオンボロなら監督が演出で何とかすべきであるが、

デビュー作の体裁でカラミを撮影したらAVになるくらいの

短絡的な認識しかないのであろう。


また、全てのセックスが疑似中出しとなっているが、中出しを煽る演出は皆無であり、

射精と言うセックスの終わりを告げるだけのものとなっており、

何のために、わざわざ嘘をついてまで中出しの体裁を取っているのであろうか、

意味も意図もなく詐欺行為をしでかす監督の頭の中はウジ虫でも湧いているのであろう。


センタービレッジと言うメーカーは、メイクであれ、衣装であれ、下着であり、

敢えて女優をオバハンルックに強調しており、

本作においても公称29歳の女優に、36歳と逆サバを読ましているが、

熟女クラスタはこの様な演出を好むのかは知らないが、

個人的には大人の女性をより色っぽく艶っぽく美しく撮った方が、よりよい様に思う。


尚、本作において唯一評価できる点は、余韻に浸る女優に声をかける様な

無粋な真似をせずに、感想などは別途オフショットで撮っている事だけである。


本作で唯一使用に値するのは、TJ山本が起用されたラストパートだけであり、

著しくコストパフォーマンスの悪い作品であるが、


女優は、感度抜群に痙攣しっぱなしで喘ぎ悶え、

「イク」と絶叫してビクビクと激しく切れのある痙攣を見せて

何度も絶頂して虚ろになって息も絶え絶えに快楽に飲み込まれてヨガリまくり、

余韻の中、朦朧となって痙攣が止まらない状態で悶えると言う

素晴らしい性的パフォーマンスを発揮して見応えのあるカラミを見せており、

ここまでの女優を起用してこのレベルの作品と言うのは少し物足りないものの


結果的に、抜ける作品である。



初撮り人妻ドキュメント 八咲唯


スポンサーサイト
[PR]

| 八咲唯 | 22:43 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。