FC2ブログ

ゴリとラーのAV放浪記

鑑賞したAVを、感想文的にブログに記録しておこうと思います。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Fucking Machine SEX 千葉ねね

h_068mxgs00851pl.jpg

内容は、120分で5部構成。

最初のパートは、セックスである。

ボールギャグを噛まされて拘束された女優は、男優森林原人に言葉責めされながら
胸や尻を鷲掴みに揉まれ、股間を叩かれ、服からおっぱいを丸出しにされると

乳首を木製ピンチで挟まれ、パンストを破かれてショーツをずらされると
膣を開かれて視姦され、手マンされて潮を吹きまくりながら絶頂し、


アナルを弄られた後、マシンバイブで責められて小刻みに痙攣して喘ぎ悶えて
感じまくるものの「イク」とは口にしておらず、イラマチオされた後、

ペニスを挿入されるとファックされてヨガリまくるが、ここでも「イク」と
口にしていない事で絶頂しているのかどうかはよくわからない。

また、ファックされながらスパンキングされ、髪の毛を鷲掴みにされ、
顔を足蹴にされるシーンやマシンバイブで責められる場面も見られ、

最後は、射精されると精子を口で受けてゴックンしており、
止めを刺すと言わんばかりにマシンバイブで責められ、

余韻の中、ビクビクとした痙攣が止まらない状態で悶えている。


2番目のパートは、おもちゃ責めである。

ショーツのみを身に着けた女優が、便器に拘束されていると言う
最近ではドグマでも見かけないシチュエーションであり、

電マで責められ、手マンされて潮を吹き、マシンバイブで責められるが
逝く事を我慢させられている為、絶頂は3度しか見せていない。

尚、男優の顔を映さないアングルで撮影されており、
責め手は誰か解らない。


3番目のパートは、フェラ抜き&オナニーである。

エロ下着姿の女優は、オナニー用の電動ピストンマシーンに跨って
潮を吹きまくって喘ぎ悶えて何度も絶頂し、

途中、登場した汁男優にイラマチオされて顔射されるとお掃除フェラをしており、
ペニスを咥えたまま逝くシーンも見られる。


4番目のパートは、セックスである。

手枷で拘束されたボデイスーツ姿の女優は、男優山田万次郎に
雰囲気に似合わない可愛いおもちゃで責められ、次いで電マを使用されて2度逝き、

続いてマシンバイブで責められて1度だけ絶頂し、フェラをするとイラマチオされ、
またもやマシンバイブを使われて1度逝き、ペニスを挿入されてファックされると

喘ぎ悶えて3度の絶頂を見せ、胸をビンタされるシーンやハメ潮を吹く場面もあり、
最後は、胸に射精されるとお掃除フェラをしている。

尚、ファックの最中にもマシンバイブが使われており、
女優は自らが吹いた潮で顔や上半身はビショビショに濡らしているが、

シーンが切り替わるとどこにも濡れた形跡がなくなっており、
あまりにも不自然であり、アホな演出であると思われる。

尚、最終的に女優は全裸となっている。


ラストパートは、セックスである。

手枷で拘束されたパッケージと同じランジェリー姿の女優は、男優鮫島に
ベロキスされると舌を絡まし合い、乳首を抓まれて「もっともっと」と喘ぎ、

手マンされて潮を吹きまくり、ショーツを脱がされるとマシンバイブで責められて
2度絶頂し、再登場した電動ピストンマシーンでオナりながらフェラをし、

イラマチオされ、ペニスを咥えながら1度だけ絶頂した後、
ペニスを挿入されてファックされると喘ぎ悶えて感じまくって何度も絶頂し、

途中、マシンバイブで2度逝かされ、電動ピストンマシーンでオナりながら
フェラをして絶頂するシーンも見られ、

最後は、顔射されるとお掃除フェラをした後、マシンバイブで止めを刺されて
余韻の中、ビクビクとした痙攣が止まらない状態で悶えているが、

その後、正座して「ありがとうございました」と感謝の言葉を述べている。



女優は、千葉ねね。

きれいなお姉さんと言ったルックスであり、
身長155cmに、スリーサイズが、B86cm W58cm H87cm。

バストはFカップではあるが、サイズ程に量感は感じられず、
腰は括れて、程良い大きさに尻をした適度な肉付きの肢体である。



「Fucking Machine SEX」と言うタイトル通りに、

全編を通じて、マシンバイブ及び電動ピストンマシーンが登場しているが、

ベイビーエンターテイメントの様なハードさは皆無であり、

ソフトプレイのオンパレードであっても個人的にはこちらの方が好みではある。


ただ、元人妻でありながらAVに出演したことへの謝罪をし、

そのお詫びに滅茶苦茶に凌辱されると言うコンセプトであるが、

アホすぎて何を言っているのか解らない。


そして、何故か、前半パートは、感じてはいけない、逝ってはいけないと言う縛りが

女優に課せられている事で絶頂回数が極めて少ない、

もしくは、「イク」と口に出しておらず、

特に初っ端のセックスで起用された森林原人が巧い仕事をしているだけに、

この演出がセックスのクオリティが大幅にスポイルしており、

ここまでの脳無し監督は、流石にごみ溜めにすてるべきであろう。


ただ、監督が能無しな事が功を奏して後半はコンセプトが、

うやむやになっている事で、女優の絶頂回数が向上しており、

本来の女優のパフォーマンスが発揮されている事で、

使用には耐える作品となっている。



女優は、小刻みに痙攣して潮を吹きまくりながら喘ぎ悶えて感じまくって

虚ろになっての深逝き絶頂を何度も見せてると

逝った後には全身をビクビクさせており、

余韻の中、ビクビクとした痙攣が止まらない状態で悶えると言う

高い性的パフォーマンスを発揮しており、

前作のデビュー作品と比較してもその性的性能を向上させている。


訳の解らないコンセプトのせいで、前半部分が使い物にならない為、

コストパフォーマンスの悪い作品であると言わざるを得ないが、


結果的に、抜ける作品である。



関連記事
・新人 千葉ねね ~AVの為に離婚…決意のアダルト出演!!~


Fucking Machine SEX 千葉ねね新人 千葉ねね ~AVの為に離婚…決意のアダルト出演!!~


スポンサーサイト
[PR]

| 千葉ねね | 22:06 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。