FC2ブログ

ゴリとラーのAV放浪記

鑑賞したAVを、感想文的にブログに記録しておこうと思います。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

恥ずかしいわたし 10 小野麻里亜

118haz00010pl.jpg

他のメーカーに比べて安い定価ではないのに、
低コストで抑えようとホテルの一室と公衆便所と言うロケーションで撮られた
プレステージでよくある作品群の一つである。

素人並みの技術しかない監督が、
ハンディカメラ撮影している為、画質も悪く、クオリティが低い。

内容は、五部構成。内、セックスは2回である。

最初のパートは、インタビューから着衣のまま、なし崩しにセックス。
男優は、一切しゃべらず、最後は顔射である。

インタビューは、段取りや打ち合わせも何もあったものではなく、
監督であろうインタビュアーの下手さも相まって、噛み合わない会話であり、
見ていて見苦しい。

次のパートは、初脱ぎからロープでの緊縛でのおもちゃ責め、


そしてフェラ抜き、フィニッシュは顔射である。

着衣プレイのセックスと言えども、バストも下半身も露出しているのに、
なぜ、セックスパートの後に初脱ぎが来るのであろうか、理解に苦しむ。

3パート目は、テディタイプのセクシーランジェリーにローターを仕込んでの野外プレイ。
と言ってもすぐに公衆便所にしけこみ、下着を脱がせてのオナニー。

オナニー時、何故か女優の顔にパンティを被せると言う行為に出る時点で、
この監督の能無しぶりが確定される。
最後は、監督もオナニーを始め、最後は顔射である。

ラストパートは、ホテルに帰り、男優南とのセックス。
ここでも男優は言葉を発しないが、監督が意味のない茶茶を入れる為、興ざめする。
男優を沈黙させている意味を監督自らぶち壊しているように思えてならない。

また、中折れした男優が、フレームアウトしてなかなか戻って来ない等、
編集でどうとでも出来るであろう事を、そのまま見せているのも
監督の能無しぶりが見て取れる。

低コストで作品を作るのは構わないし、低予算でもアイデアとシチュエーションで
よいものはいくらでも作れると思うが、能無しに監督させるのだけは勘弁してもらいたい。

女優は、小野麻里亜。

笑顔が似合うそれなりの可愛い顔立ちだが、歯並びがあまりよくない。

バストは適度な大きさだが少し垂れており、
乳首がプクっとした感じで大きいのが、イヤラシイ。
腰はあまりクビレていないが、幼児体形ではなく
女性らしい肉付きをしており、、悪いスタイルではない。

興奮してくると息が荒くなる特徴がある。

特筆すべきは、女優の感度である。派手さはないが、感じると全身が痙攣しており、
ファックで痙攣逝きし、絶頂後も痙攣し続けている。

従順に言う事を聞き、乳首を捻り上げらても感じてはいるが、
M性はあまりない印象である。


作品構成が悪く、2回しかないセックスパートも時間が短く、
能無し監督のせいで、興ざめするシーンも多い。

このように、本作品は、監督の知能指数があまりにも低い為、駄作となっているが、


女優のパフォーマンスが高いと言うか小野麻里亜のパフォーマンスのみで、

結果、なんとか抜こうと思えば抜ける作品である。




プレステージと言うメーカーは、個人的に駄作が多い印象であるが
新人発掘的な意味合いでのキャスティングだけはよいと思われる。

現状、小野麻里亜の他の単体での出演作品が見当たらないのが残念である。


関連記事
・恥ずかしいわたし 1 谷村早苗

・恥ずかしいわたし 11  村瀬麻衣子

・京都発 素人変態妻 3 小野麻里亜


恥ずかしいわたし 10 素人四畳半生中出し 110 素人敏感人妻生中出し 051




スポンサーサイト
[PR]

| 小野麻里亜 | 23:22 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。