FC2ブログ

ゴリとラーのAV放浪記

鑑賞したAVを、感想文的にブログに記録しておこうと思います。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

あの娘のドキュメント AV女優 杏美月のすべて

h_172vgd00162pl.jpg

杏美月を被写体にしたタートル今田監督によるハメ撮りドキュメント作品である。

監督が大阪の地に着き、それを地元の女優が出迎えるシーンから始まっており、

ノープランな監督に対して女優のナビゲートのもと、観光をしたり

飲んだり食ったりと他愛もない場面が映し出されているが、

いざインタビューとなるとそれまで自然体であった女優さんは、

苦手だと言う事で始めは表情を硬くしているものの


そこはほんわかした雰囲気のタートル今田監督である事から

結構、赤裸々に生い立ちやAV女優になるきっかけなどを語っており、

それまでの振る舞いから可愛らしい女性としか見えなかった事で

その内容には、驚きを禁じ得ず、驚嘆に値する。


その後、またもや喰って飲んでラブホに入ってのハメ撮りへと展開するが

フェラをされてる最中、監督が泥酔して爆睡してしまうことから

カラミが自然強制的に終わってしまう。

このシーン、ある者は爆笑するだろうか、ある者は唖然とするだろうか、

ズボンを脱いで、なんならパンツまで脱いでナニを扱いてた者は烈火の如く、

監督失格と怒り心頭になるだろうか。


だが、これは本作においてのブレイクスルーポイントであり、

女優さんにとってはターンオーバーと言っても過言でないシーンである。


ハメ撮り監督と言うのは、監督であり、男優であり、カメラマンであり、

音声さんであり、ADであり、すべての役割を兼ねる仕事である。


考えてもみたまえ。AVの撮影現場で、男優、監督以下の全てのスタッフが

寝てしまえばどうなる? そんなことを通常有り得ない。

そう、有り得ない事が起こったのだ。

となればどうなる?

AV女優をAV女優足らしめているのは、AVの撮影現場が存在するからであり、

AV世界が消失すれば、杏美月と言う名のAV女優としての虚像は崩落し、

彼女はもはやAV女優ではいられない。


そこにいるのは女優ではなく、一人の女性となる。


古来、女優の素顔に迫ろうとする者たちは存在したし、

彼らは、女優を非日常に叩き込む事で素顔を晒させようとしたが、

それは、う○こやゲロを使用してのもので、不自然であった。


だが、タートル今田監督は、決して意図した事ではないにせよ、

寝てしまう事で、一夜の刹那の奇跡のシーンを創出して魅せた。


確かに、夜が明け、朝が来てカメラが回れば、

女優は、杏美月と言うAV女優の虚像を再構築するであろう。


だが、忽然と自然に出現したAV世界の喪失を経験してしまえば、

もはや完全無欠のAV女優で居続ける事は難しいのではあるまいか。


その後、朝飯前のハメ撮りが映し出されており、

2人は楽し気に絡み合い、女優は可愛くて、そしてエロティックである。


続いて、10代の頃の想い出の地を巡った女優は、感慨深げにノスタルジアに浸る。


これらの事もあったのであろうか、女優は、結婚する予定である事を打ち明ける。

ドキュメンタリーは、ファンの夢を壊すかもしれないから

この仕事を引き受けるのを止めようかと思っていた女優さんがである。


そして、最後のハメ撮り。

疑似恋愛。これが監督のコンセプトであったのであろう。

偽りであってとしても刹那であったとしても

彼は彼女を愛し、彼女もまた彼を愛す。

しかし、彼女は結婚する事を告白した。


これにて監督の中にあった恋愛もコンセプトも崩壊して燃え尽きる。

それでも、AV監督としてカメラを回せざるを得ず、

そのカラミは、AV監督とAV女優とのハメ撮りとなる。


本作では、本域のハメ撮りは2つ用意されているが、

それぞれのカラミにおいて、おそらく女優のスタンスを変わらないのであろう。

だが、監督の立ち位置は180度違っている。

一つは、疑似恋愛としてのカラミ。一つは、割り切れない気持ちでのカラミ。

セックスはセックスであるが、内容が全然違う。

それはもはや差別化とか言うレベルではないほどに。


これは、最初に裸の邂逅で寝てしまった刹那の奇跡からの流れの果てなのかは、

わからない。

だがしかし、意図しないどころか思いもよらない方向へと展開するリアルは、

素晴らしいドキュメントとして記録されている。


そして、抜けるか抜けないかと問われれば、

女優さんの性的反応が、個人的な好みと言う事を差し引いても

素晴らしい性的パフォーマンスを発揮していることで、実用性も高い。


何も言う事はないクオリティの高いハメ撮りドキュメントと言っても良いのであるが、

一つだけ気になった事がある。

作品の冒頭、女優のプロフィールがテロップで紹介されているが、

流れが速く、さらには文字の色が背景との兼ね合いで読み難い。

タートル今田監督の意図は解らないが、

どうでもいいと思っているのであれば、始めから不要であるし、

そうでないなら、読みやすい工夫があって然るべきだと思われる。

画竜点睛を欠く様なレベルではないものの

全般的にクオリティが高い作品だけに、粗として目立つ。


ともあれ、AVは抜くための道具だと僕は認識している。

そして、本作は、この条件を十二分に満たした上で、

素晴らしいドキュメントに仕上がっている。


だから、少なくとも僕の中では、極めて良質なアダルトビデオと認定しています。



あの娘のドキュメント AV女優 杏美月のすべて


関連記事
・あの娘のドキュメント AV女優 春原未来のすべて

・あの娘のドキュメント AV女優 江波りゅうのすべて

・あの娘のドキュメント AV女優 佐々木恋海のすべて

無料動画サンプルを見る
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

| 杏美月 | 22:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT