FC2ブログ

ゴリとラーのAV放浪記

鑑賞したAVを、感想文的にブログに記録しておこうと思います。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

新人 千葉ねね ~AVの為に離婚…決意のアダルト出演!!~

h_068mxgs00844pl.jpg

マキシングからリリースされた千葉ねねのデビュー作である。

内容は、150分で5部構成。

インタビューから始まっており、女優は緊張感を見せずにHな質問に対しても
赤裸々に受け答えしており、3Pを希望するなど積極的な姿勢を見せている。

最初のパートは、初脱ぎ&セックスである。

女優は、まずはブラを取ると上半身裸になり、ショーツを脱ぐとスカートを取って
全裸になると言う変則的な脱ぎ方をしており、あまり恥じらいを見せずに、


大股開きや四つん這いで局所を晒しており、ここで登場した男優鮫島に愛撫されると
敏感に反応して恥じらいなく感じる姿を見せて

クリを擦られると身を捩って座り込み、ベロキスされて舌を絡まし合うと
息を荒げてトロンとした目となり、胸を揉まれて乳首を舐められ、

膣を開かれて視姦され、糸を引く愛液を見せ付けられるとその指を自ら舐めており、
クンニされると「あかん」と喘いで感じまくり、手マンされて潮を吹き、

フェラをした後、ペニスを挿入されると女優は涙をポロポロと流しており、
男優は気に掛けるが、続けて欲しいとお願いしてファックされると

涙を流したのが嘘の様に虚ろになって喘ぎ悶えて感じまくって何度も絶頂し、
最後は、腹から胸にかけて射精されるとお掃除フェラをしている。

尚、後に、涙の意味を聞かれた女優は、緊張、戸惑い、葛藤がないまぜになって
涙したと述べている。


2番目のパートは、フェラ抜きである。

前が肌蹴たYシャツに下着姿の女優が汁男優を責める基調で、
先ずは睾丸から舐め、フェラをしており、ここではやたらと唾液をペニスに

垂らしているシーンが印象的であり、余裕のディープスロートも見せ、
最後は大量の精子を顔に掛けられて「すごい」「熱い」と言って

お掃除フェラをしている。


3番目のパートは、セックスである。

浴衣姿の女優が、男優羽田タカシを責める基調でベロキスして舌を絡まし、
男の体を舐め回し、フェラをしてアナルまで舐めており、自らペニスを挿入すると

腰を振って騎乗位、対面座位と体位を展開し、正常位からはピストンされて
立位、立ちバックとファックされて喘ぎ悶えて感じまくって何度も絶頂し、

最後は、顔射されてお掃除フェラをしている。


4番目のパートは、オナニーである。

下着姿に透けた上着を着た女優は、電マを使用してオナって何度も絶頂しており、
終始、いやらしい言葉を口にし、電マのヘッドを膣にのめり込ますシーンもあり、

最後は、フェードアウトして終わっている。


ラストパートは、3Pである。

男優は羽田タカシとその他1名が担当しており、女優は愛撫されながら
耳を舐められたり、ベロキスされ、ワンピと下着を脱がされて

全裸にガースト姿となり、膣を開かれて視姦されるとクンニ、手マンされて
吹いた潮を顔や体に浴びており、フェラをするとイラマチオされてWフェラも見せ、

バックからペニスを挿入されると立ちバック、騎乗位、正常位と
男優交互にファックされて喘ぎ悶えて感じまくって何度も絶頂し、

ハメ潮を吹く場面やファックされながらフェラをするシーンも見られ、
2人共に顔射されるとお掃除フェラをし、最後に手マンされて潮を吹いている。



女優は、千葉ねね(29歳)。

きれいなお姉さんと言ったルックスであり、
身長155cmに、スリーサイズが、B86cm W58cm H87cm。

バストはFカップではあるが、サイズ程に量感は感じられず、
腰は括れて、程良い大きさに尻をした適度な肉付きの肢体である。

尚、神戸出身と述べており、関西弁を話している。



パーッケージには、AVに出演する為に離婚しました的な煽り文句があるが、

実際、インタビューを見たら解るのであるが、

バツイチの女性がAVデビューしただけの事象である。

色々な宣伝文句を考えて差別化を図りたいのであろうが、

そもそも、限られた能力しかない凡庸以下の製作陣である故に、

そんな暇があるならば、本編にソースを割くべきである。


最初のセックスで、散々フェラを見せ付けられた後、

別途独立したフェラ抜きパートを用意する意味も意図も解らず、

2つ目のセックスでは、痴女的に男優を責める基調であるが、

インタビューでMと言いきっている女優に対しての整合性がない事から違和感があり、

また、男優がAV女優になる決意を見せろと煽っているが、

一体何を言っているのか解らず、カラミに差別化を図る為であっても

この様な演出は無用であり、

各々のセックスの後、別途オフショットで感想を聞いているにも関わらず、

どうですか的な質問をして情事の余韻を見せない

無粋の真似をする監督はアホの極みである。


女優は照れや恥じらいをあまり見せずに、積極的なエロさを見せる事で、

ベテランの風俗嬢が鳴り物入りでAVデビューしたかの如くに、

新人らしい初々しさは感じられないが、

個人的なファーストプライオリティは、女優のパフォーマンスである為、

この事に関しては、何も問題はない。


女優は、カラミに入ると即座にHモードに突入して

顕著な性的反応は見せないものの敏感に反応して

喘ぎ悶えて感じまくって何度も絶頂しており、

デビュー作にしては悪くない性的パフォーマンスを発揮している。


結果的に、抜ける作品である。



新人 千葉ねね ~AVの為に離婚…決意のアダルト出演!!~


スポンサーサイト
[PR]

| 千葉ねね | 22:05 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。