FC2ブログ

ゴリとラーのAV放浪記

鑑賞したAVを、感想文的にブログに記録しておこうと思います。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

精飲、中出し、拘束絶頂 性欲旺盛ドMアスリート 香月星七

pgd00840pl.jpg

内容は、120分で5部構成。

素人がAVに応募してきた体裁のインタビューから始まっており、

インタビュアーである監督が浅学非才である為、

女優の職業は格闘家でスタントマンと言う設定であるが、

まったくと言って良い程、話を掘り下げる事が出来ずにおり、

何の為の設定なのか訳が分からない。


最初のパートは、おもちゃ責めである。

女優は、監督に促されてアイマスクを付けると、ここで登場した男優イタリアンと
小田切ジュンに下半身を裸にされ、アナルを広げられて膣ごと晒され、

スパンキングされて「ごめんなさい」と謝罪し、ローションを塗られ、
クリを擦られながら手マンされて敏感にビクンビクンと弾ける様な性的反応を見せ、

ローターで責められて寸止めされた後、バイブや電マで責め立てられて
12回もの絶頂を見せて悶絶している。


2番目のパートは、フェラ抜きである、

ボールギャグを噛まされて拘束された全裸の女優は、股間に電マを仕込まれた状態で
放置されて何度も絶頂しており、その後登場した2人の汁男優に口枷を解かれると

イラマチオされて涎をダラダラと垂れ流し、口内射精され、
さらに2度の絶頂を見せている。


3番目のパートは、セックスである。

拘束された下着姿の女優は、男優イタリアンに手マンされると即座に絶頂して
「ごめんなさい」と謝罪をし、ショーツを切り取られると膣を開かれて晒され、

再度手マンされて謝りながら潮を吹き、早々とペニスを挿入されるとファックされて
喘ぎ悶えてヨガリまくって、なんと20回もの絶頂を見せており、

腰を振って逝くシーンも見られ、最後は中出しを懇願して疑似中出しされると
膣から掻き出された精子を舐めさせられて「美味しい」と息を荒げ、

お掃除フェラをすると自ら掬った精子を舐め取っている。


4番目のパートは、おもちゃ責めである。

目隠しされた上に拘束されたスポブラだけを身に着けた女優が、
スパンキングされているシーンから始まり、手マンされて直ぐに絶頂し、

ローターや電マで責められて8度の絶頂を見せている。


ラストパートは、3Pである。

目隠しに後ろ手に拘束された全裸にショーツ姿の女優は、
男優小田切ジュンとイタリアンに、愛撫され、首を絞められ、尻を叩かれ、

膣を開かれて晒されると手マンされて絶頂し、イラマチオされながら
早々とペニスを挿入されると男優交互にファックされて喘ぎ悶えて感じまくり、

ファックされながらスパンキングされ、首を絞められ、髪の毛を鷲掴みにされ、
愛液まみれのペニスを何度もフェラさせられてイラマチオされる場面もあり、

最後は、中出しを懇願して疑似中出しされ、自ら膣から掬うと舐め取り、
「美味しい」と言っている。



女優は、香月星七。

ショートカットに端正な顔立ちをしており、
身長155cmに、スリーサイズは、B93cm W58cm H86cm。

Gカップのバストに、腰は括れて、大きな尻をした
引き締まった肉付きのグラマーボディである。

尚、改名したのか本作のみ源氏名なのかは解らないが、
以前は、「あやなれい」と言う名前で活躍していた女優さんである。



タイトルに「精飲」「中出し」「拘束」「ドM」と見出しが躍っているが、

そもそも疑似中出しであることから、「精飲」も「中出し」も嘘八百であり、

確かに全編を通じて女優は「拘束」されているものの

プレイ中に解ける程に緩いものであり、

「ドM」である事から、スパンキングや首絞め等の責めは見られるが、

体裁を整えるポーズ程度のヌルいもので、

そもそもプレイ自体、ハードなものではなく、

詐称にも程がある詐欺商材でる。


また、監督が言葉責めをしているが、声が小さく、ボソボソと喋るものだから、

何を言っているかさっぱり解らず、そもそもプレイに参加していない

第三者が余計な事を言っている時点で不自然であり、

更には、情事の後に、どうでもいい事を話し掛けて

余韻を映し出さないセンスもどうかしている。


構成もおかしく、標準的な収録時間の割に、おもちゃ責めが2つも用意されており、

2回目などは時間も短く見応えのないものである事を鑑みれば、

肝心要のセックスパートに時間を回すべきであり、

カラミに割かれている時間が短いからか、前戯はほぼおもちゃ責めで済ませ、

クンニさえ見る事が出来ない。

また、キスシーンもラストの3Pで2回しか見る事が出来ず、

この事に関しても不満を覚える。


総じて、嘘八百のタイトル、構成、時間配分の不味さ、

おもちゃに頼った安易のプレイ、コンセプトから懸け離れた男優の起用、

ユーザーのことを1ミリも考えない監督の所業、

クレジットにない故に誰かは解らないが、南★波王モドキのビチクソ監督は、

汚物処理場で廃棄されるべきである。


とは言え、本作は高いポテンシャルを持つ女優の存在が、

AVとしての何もかもを成立させており、

感度抜群にビクンビクンと弾ける様な性的反応を見せ、逝きやすい体質であり、

全身を硬直させるとビクビクとした激しい痙攣を長々と見せて

数え切れない程何度も何度も絶頂すると言う

素晴らしい性的パフォーマンスを発揮して見応えのあるカラミを堪能させてくれる。


結果的に、確実に抜ける作品である。



精飲、中出し、拘束絶頂 性欲旺盛ドMアスリート 香月星七


スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

| 香月星七 | 22:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。