FC2ブログ

ゴリとラーのAV放浪記

鑑賞したAVを、感想文的にブログに記録しておこうと思います。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

微乳A とっても感じる小っちゃいおっぱい 大島美緒

24lid00016pl.jpg

内容は、100分で4部構成。

最初のパートは、パイズリ抜きである。

ここでは主観撮影となっており、女優は執拗に胸を揉まれたり、
乳首を弄られており、お願いされて男の乳首を舐めながら手コキをし、

フェラをした後、パイズリで射精に導いてお掃除フェラをしている。


2番目のパートは、胸への執拗な愛撫である。

上半身裸の女優は、背後から男優に執拗に胸を揉まれたり、乳首を弄られ、
ローションを垂らされて、さらに胸を責められているだけのシーンが

延々と垂れ流されている。


3番目のパートは、おもちゃ責め&パイズリ抜きである。

JKコスの女優は、男優小田切ジュンとスキンヘッドのおっさんに
耳や首を舐められ、ローションを垂らされるとブラをしていない事で、

バストが透けて浮かび上がり、乳首を弄られた後、ブラウスの前を肌蹴られ、

ローターを股間に当てられて2度絶頂し、手マンされて逝かされ、
電マで責められて立て続けに何度も絶頂している。

ここで不自然に登場した男に頼まれて、手コキやフェラをし、
最後はパイズリで射精に導いている。


ラストパートは、セックスである。

キャミにショーツ姿の女優は、男優小田切ジュンと見つめ合うとベロキスして
長々と舌を絡まし合い、上半身裸にされると胸を揉まれて乳首を弄られ、

全裸にされると膣を開かれて視姦され、クンニされて絶頂し、
フェラをするとイラマチオされてパイズリされ、

正常位からペニスを挿入されると対面座位、騎乗位、バック、正常位と
ファックされて喘ぎ悶えて感じまくって何度も何度も絶頂し、

最後は、胸に射精されるとお掃除フェラをしており、
余韻を見せずに、監督が余計な事は話し掛ける無粋な真似をして終わっている。



女優は、大島美緒。

可愛い顔立ちをしており、
身長148cmに、スリーサイズは、B80cm W54cm H78cm。

小振りのバストに、腰は括れて、小尻をしたスレンダーボディである。

「微乳A」と言うタイトルであり、パッケージには「A」と言うデザインが
施されているが、他メーカーでは、「Bカップ」と公表されている。



タイトルから見て取れるが、微乳フェチもの作品であるのであろう、

初っ端のパイズリ抜きでも大半が胸を責めるシーンに時間を割き、

続くパートでは、胸を責めるだけのシーンが延々と垂れ流されており、

個人的には、フェチ属性を持たないが故に、極めて冗長で退屈に感じられ、

2つ目と3つ目のパートでは、基本的に男優が女優の背後から責めると言う

変わり映えのない立ち位置の為、抑揚のない流れに拍車を掛けている。

また、おもちゃ責めからのパイズリ抜きへの移行の際、

脈絡もなく男優が登場しているのは、不自然極まりなく、

100分しか収録時間がない上に、

セックスを1パートしか用意していないにも関わらず、

2度目のパイズリ抜きなどの余計なプレイを加えて、

それに時間を割くなど愚の骨頂である。

本作は、胸フェチ向けのマニア作品ではなく、

あくまでもメインストリームにおいて、ベクトルを微乳フェチ向けの振っただけの

及び腰で中途半端なものであり、

どちらかと言うと胸よりも乳首にファーカスを当てている印象でチグハグ感もあり、

どちらにせよ、AVのメインコンテンツはセックスであるのだから、

カラミをの中で、胸をクローズアップする演出を取るべきであろう。


実質的に最初のエロシーンと言ってもよいオモチャ責めまで40分、

合計1時間以上も待たされた挙句のラストのインデックスされている

唯一のセックスの時間は、約40分と特に長い訳でもなく、

コストパフォーマンス的に見れば、かなり効率の悪い作品となっており、

構成や時間の割り振りが稚拙なだけでなく、

時折、男優や監督が、女優に台詞を教えるシーンが見受けられるが、

それは編集でカットすべき案件である事から手抜きと言わざるを得ず、

また、台詞そのものが、言わされている感半端ない事で、

女優に演技指導出来てない、又は女優のキャラに最適化した演出がなされておらず、

即ち、女優の魅力を引き出せていない証左を示すものであり、

情事の後の余韻を見せずに、どうでもいいような下らない事を

女優に話し掛ける無粋極まる行為も含めて五右衛門とか言う監督の

低能っぷりが、如何なく発揮されてる駄作である。

作風から見て、胡散臭く感じさせる乳首逝きなどのギミックを

仕込んでいない事だけは、唯一評価できる。


女優は、敏感にビクついて体を波打たせて喘ぎ悶えて感じまくり、

全身を硬直させるとビクビクして絶頂すると言う

高い性的パフォーマンスを発揮しており、

おもちゃ責めパートでは11回、セックスでは12回と

実用上、問題のない絶頂回数を見せている。


結果的に、抜ける作品である。



微乳A とっても感じる小っちゃいおっぱい 大島美緒尽きない快楽に理性は崩壊。 大島美緒制服美少女と性交 大島美緒


スポンサーサイト
[PR]

| 大島美緒 | 21:45 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。