FC2ブログ

ゴリとラーのAV放浪記

鑑賞したAVを、感想文的にブログに記録しておこうと思います。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

大場ゆいが完全に満足するまで終わらせない濃厚セックス

41hodv021104pl.jpg

内容は、120分で4部構成。

最初のパートは、セックスである。

ブラウスにパンツルックの女優は、男優貞松と抱き合いベロキスしながら
お互いを愛撫して服を脱がし合い、クンニ、手マンされて3度絶頂し、

潮を吹くシーンも見られ、フェラをするとアナルを舐めて舐められ、
シックスナインでも逝く姿を見せ、自らペニスを挿入すると


騎乗位、立ちバック、騎乗位、正常位とファックされて喘ぎ悶えてヨガリまくり、
激しくキレノある痙攣を見せて7度の絶頂を見せると逝った後も震えが止まらず、

愛液まみれのペニスをフェラするシーンも見られ、
最後は、顔射されると精子を舌で受けてお掃除フェラをし、

余韻の中、息も絶え絶えに横たわる姿が映し出されている。


2番目のパートは、オナニーである。

キャミにショーツ姿の女優は、下着越しに股間を弄って服を捲り上げると
ブラはしておらず、乳首を触って感度抜群に痙攣して感じ、

クリを擦って絶頂すると電マを使用して7度の絶頂を見せており、

インターバルを置かずに電マを股間に当て続ける見応えのあるオナニーを
披露してくれている。

尚、途中、ショーツは脱いでおり、
最後は、膣から愛液を掬って舐めた後、微睡む姿が映し出されている。


3番目のパートは、手コキ抜きである。

ここでは、女優が汁男優を責めると言う演出が取られており、
男に対して顎クイしてキスをすると舌を絡まし合って唾液を飲まし合い、

乳首を責めるとフェラをし、ミニワンピを腰まで下ろすとブラはしておらず、
パイズリをして、フェラ、手コキをして射精に導いて精子を胸に浴びると
お掃除フェラをしている。


ラストパートは、セックスである。

下着姿の女優は、男優森林原人に差し出された指を舐めながら
「お願いします、下さい」と懇願するが、勃起したペニスを見せ付けられるだけの

御預けをくらい、命じられて開いて膣を触られてグチャグチャと濡れ音を響かせ、
バイブで責められて2度も寸止めされ、バイブをショーツの中に仕込まれた状態で

犬の様に四つん這いで歩かされ、逝ったらセックスはなしと言われた上で、
バイブで責められて涎を垂らして喘ぎ悶え、必死に我慢しながらも絶頂してしまい、

お仕置きのスパンキングをされ、目隠しされると指8本での手マンをされながら
命令されて自らクリを擦って絶頂し、愛液まみれの指を舐めさせられ、

クンニ、手マンを同時にされて2度絶頂し、両手を拘束されると口だけでフェラをし、
イラマチオされて涎をダラダラと垂れ流しながらもペニスを懇願すると

バイブを挿されて「おチンポ下さい」と言い、ペニスとバイブを交互に挿入されるも
きちんと違いを見分けた事で、やっとこさ本格的にペニスを挿入されると

立ちバック、バック、騎乗位、対面座位、正常位などの体位でファックされて
虚ろになって喘ぎ悶えてヨガリまくって数え切れない程何度も絶頂して逝き倒し、

立て続けに逝ったり、自ら腰を振って絶頂する場面もあり、

スパンキングされると「もっと叩いて下さい」と懇願したり、
手マンで潮を吹かされるシーンもあり、

途中、一度射精されるもおかわりを懇願しての連続セックスとなっており、
最後は、顔射されると精子を舌で受けてお掃除フェラをし、

余韻の中、口から精子を垂らして息も絶え絶えになりながらも
自ら股間を弄りながら「もっと、もっと。足りない。もっと下さい」と

言っているシーンで終わっている。

尚、序盤で早々と目隠しを取っている事から女優の表情が確認できるのは善哉。



女優は、大場ゆい。

きれいな顔立ちをしており、
身長170cmに、スリーサイズは、B86cm W63cm H96cm。

Eカップのバストに、腰は括れて、大きく張り出したプリ尻をしており、
適度な肉付きのグラマーボデイをしている。



セックスは2パート用意されており、

最初のカラミは、組んず解れつケモノの様に絡み合う演出であるが

貞松は悪い男優ではないもののコンサバな為、

この様な演出のセックスには向かないのは自明の理であり、

完全にキャストミスではあるものの女優のパフォーマンスが桁違いの為、

それなりに見れる内容にはなっている。

ラストにあるセックスでは、マゾ基調の女優が責め立てられるもので、

森林原人の起用は的を得て素晴らしいカラミが展開されているが、

終盤になるまでベロキスシーンがないのは不満が残る。


また、抜きパートにおいて、女優がヌルく責める、もしくは優しい痴女的な演出を

取っているが、ハッキリ言って痴女好きなユーザーは満足できるものではなく、

かと言ってメインストリームクラスタが望んでいる訳でもなく、

構成にバリエーションを付けようとする意図は解らないでもないが、

180℃ベクトルの違う演出を加えると言うのは、

ほぼ全てのクラスタが満足せずに、不満に感じる事なる手法であり、

多くに受け入れられようとして失敗するよい例だと思われる。


そして、『完全に満足するまで終わらせない濃厚セックス』となっているが、

エンディングはどう見ても女優は満足しておらず、

なぜ、このタイトルにしたのか?又は、何故あの様な終わり方にしたのか

疑問に感じると言うか頭がおかしいのはないか。


ただ、奇を衒ったことをせずに、オーソドックスでシンプルな内容、

是非はともかく、意図と意味がある演出、

また、情事の余韻に浸る女優に話しかける様な自己主張はせずに、

きっちりと映し出す黒子に徹する監督の姿勢は評価に値するものであり、


ドキュメントパートにおいて、焼肉を食べたり、散歩をしたり、撮影の合間に

監督と女優が交わす会話は、その辺の能無し監督のそれとは桁違いに

クオリティの高さを見せ付けており、

全体を通じて悪くないと言うよりは、かなりの良作であると個人的には思う。


ただ、女優さんの母国語は関西弁であるが、

本作では、時折、イントネーションに綻びが出るものの基本的に標準語で話している。

この事は、彼女が素顔ではなく、作り上げらたAV女優の虚像と言う印象を持つ。

勿論、関西弁で話したからと言って素を晒すとは限らないが、

同じ、会話の内容であっても母国語と標準語では、

ドキュメントとして見た場合、天と地ほどに極めて大きな差を生んでしまう。

おそらくこの事に監督は気付いていないのであろう。

ここに凡人の限界がある。

とは言え、有象無象の能無し監督達と比べれば、

凡人と言えどもきっちりと作品を仕上げている事から、

ロマンちっくとか言う名前の嵐山みちるモドキは、

素晴らしい凡人監督であることは伺える。

しかしながら、殻を破るとか破らない以前の問題で

凡人の限界はこのレベルまででだと思われる。



女優は、感度抜群にビクッビクッと痙攣して

涎を垂らして喘ぎ悶えて虚ろになってヨガリまくり、

激しくキレのある痙攣を見せて数え切れない程何度も絶頂して逝き倒すと言う

素晴らしい性的パフォーマンスを発揮して見応えのあるカラミを見せてくれる。


結果的に、確実に抜ける作品である。



大場ゆいが完全に満足するまで終わらせない濃厚セックス上司に抱かれた部下の妻 大場ゆい緊縛奴隷孕ませオークション~美人キャビンアテンダントの肉体に喰い込む麻縄~ 大場ゆい


関連記事
・不謹慎相姦 はれんち未亡人 大場ゆい

・大場ゆいのギャルでしようよ◆

・「許してください」 酔いつぶれた夫が、傍で寝てるのに…夫の同僚に嬲られて、声も出せず、快楽に堕ちる新妻 大場ゆい

・快楽に理性は崩壊。 大場ゆい


スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

| 大場ゆい | 22:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。