FC2ブログ

ゴリとラーのAV放浪記

鑑賞したAVを、感想文的にブログに記録しておこうと思います。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

本屋さんでバイトするスレンダー女子大生AVデビュー 今村加奈子

cnd00149pl.jpg

キャンディからリリースされた今村加奈子のデビュー作であり、
内容は、120分で5部構成。


最初のパートは、初脱ぎ&オナニーである。

インタビューから始まり、初脱ぎへと展開しており、
女優は「恥ずかしい」と言いながらも淡々と脱いで全裸になると


表情を強張らせながらもM字ポーズで膣を晒しており、
そのままローターを使用してのオナニーで2度の絶頂を見せている。

尚、脱いだ服をきちんと畳む姿には好感が持てる。


2番目のパートは、初脱ぎである。

女優は、男優小田切ジュンにベロキスされると舌を絡まし合い、
服を脱がされて胸を露出すると乳首を責められ、全裸にされて

膣を開かれて視姦されるとクンニ、手マンされて絶頂し、
フェラをするとシックスナインを経て、

ペニスを挿入されてファックされて喘ぎ悶えて感じているものの
絶頂シーンは皆無であり、最後は顔射されてお掃除フェラをしている。


3番目のパートは、フェラ抜きである。

ここでは、本屋のアルバイトと店長と言う体裁での小芝居が展開されており、
パワハラ、セクハラ気味に女優がフェラさせられて射精に導いている。


4番目のパートは、おもちゃ責めである。

スケスケのスク水を着た女優は、男優貞松にローションで愛撫された後、
電マで責められているが、絶頂を見せてはいない。

尚、プレイの最中、女優は全裸にされている。


ラストパートは、3Pである。

男優は貞松とその他1名が担当しており、女優はベロキスされ、
愛撫されながら脱がされ、脇の下や乳首を舐められ、膣を開かれて晒され、

手マン、クンニされた後、2本のペニスを手コキ、フェラをしてWフェラも見せ、
ペニスを挿入されると男優交互に様々な体位でファックされて

喘ぎ悶えて感じるものの絶頂は皆無であり、
ファックされながらフェラするシーンも見られ、

最後は、2人共に胸に射精されるとお掃除フェラをしている。



女優は、今村加奈子(19歳)。

幼さの残る可愛い顔立ちをしており、
身長158cmに、スリーサイズは、B80cm W59cm H85cm。

小振りに感じられるBカップのバストに、腰は括れて、
程良い大きさの尻をしたスレンダーボディである。

尚、陰毛は未処理である。



初脱ぎ&オナニー、初セックス、フェラ抜き、おもちゃ責め、3Pと言う

デビュー作からフルコース構成の作品であり、

コンサバ系の男優を起用し、内容はソフトなものであり、

良い意味でも悪い意味でも特筆すべき演出はない。

ただ、「本屋さんでバイトする女子大生」と言うどうでもいい設定の為か

フェラ抜きパートだけは、シチュエーションを付けてのプレイであるが、

待ち合わせからカメラを回している様に、ドキュメント風に撮った

デビュー作であるにも関わらず、小芝居を打つパートを差し込むのは

整合性が取れず、常識的に考えても不自然であり、U吉とか言う監督のセンスを疑う。


女優であるが、淡々と脱いで全裸になっているが、羞恥を見せないと言うよりは、

言われた事には「はい」と言って従順に従う傾向を見せ、

いたいけな少女と言う雰囲気と相まってデビュー作特有の初々しさを感じる。

良い意味でAV女優らしくなく、悪い意味で地味、

総じて普通の女の子と言った佇まいが個人的には良かったから

最後までは鑑賞したものの


絶頂シーンは、冒頭のオナニーで2回、初セックスの前戯で1回と

全編を通じて3度の絶頂しか見せておらず、とても使用に耐えるものではない。

敏感に反応して激しくビクついて喘ぎ悶える事からポテンシャルは高いと思われるが、

体が開発されていないと言うか、現時点では性的未熟。


結果的に、抜けない作品である。



本屋さんでバイトするスレンダー女子大生AVデビュー 今村加奈子


スポンサーサイト
[PR]

| 今村加奈子 | 22:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。