FC2ブログ

ゴリとラーのAV放浪記

鑑賞したAVを、感想文的にブログに記録しておこうと思います。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

腰を浮かせてイキまくる激ピストンFUCK 辻本杏

team00064pl.jpg

内容は、120分で4部構成。

最初のパートは、セックスである。

女優は、男優シミケンにベロキスされると長々と舌を絡まし合いながら
ワンピとブラを捲り上げられて乳首を舐められると敏感に反応して喘ぎ、

フェラをするとスマタされ、全裸にされるとクンニ、手マンされて
潮を吹いて3度の絶頂を見せ、再度フェラをした後、ペニスを挿入されると


立ちバック、立位、駅弁、バック等の体位でファックされて
喘ぎ悶えてヨガリまくって何度も何度も絶頂し、

何度も手マンされて潮を吹き、「おかしくなる」と叫ぶ場面や
場面や立て続けに逝くシーンも見られ、

最後は、顔射されるとお掃除フェラをして
余韻の中、虚ろな目で息を荒げてぐったりとしている。


2番目のパートは、セックスである。

女優は、男優森林原人とベロキスして舌を絡まし合い、脱がされていきながら
順に乳首、腹、太もも、足の指、尻、背中を舐められて敏感にビクつき、

クンニ、手マンされて立て続けに絶頂し、全裸にされるとフェラをし、
シックスナインでも逝かされ、ペニスを挿入されると様々な体位でファックされて

喘ぎ悶えて虚ろになってヨガリまくり、全身を硬直させるとビクビクと痙攣しての
絶頂を数え切れない程何度見せて逝きまくり、

愛液まみれのペニスをフェラするシーンや連続で絶頂する場面も見られ、
最後は顔射されるとお掃除フェラをして

余韻の中、朦朧となってビクビクと痙攣して悶えている。

尚、男優森林は2度射精しており、連続ファックとなっている。

また、この後、本作唯一のオフショットシーンで監督との
会話が映し出されているが、内容はたいしたものではない。


3番目のパートは、おもちゃ責めである。

パッケージと同じ下着とストッキング姿の女優は、体を弄られて敏感にビクつき、
ブラを取られると乳首を責められ、ショーツを脱がされた後、

バイブ、電マで責められて数え切れない程何度も立て続けに逝きまくり、
最後は手マンされて潮を吹きながら連続で絶頂しており、

余韻の中、朦朧となってビクビク痙攣している。


ラストパートは、セックスである。

キャミにショーツ姿の女優は、男優イタリアンと抱き合いベロキスして
舌を絡まし合い、乳首を舐められながら股間を弄られ、ショーツを脱がされると

クンニ、手マンされて絶頂し、男の上半身を舐め回すとフェラをし、
再度、クンニ、手マンされて2度の絶頂を見せ、フェラをすると手マンされて逝き、

ペニスを挿入されると様々な体位でファックされて喘ぎ悶え、
虚ろになってヨガリまくり、数え切れない程何度絶頂して逝きまくり、

最後は、顔射されてお掃除フェラをすると
余韻の中、朦朧となってぐったりしており、

監督が話し掛けると「死ぬかもって思う程逝っちゃいました」と
虚ろな目で答えている。



女優は、辻本杏。

黒髪に奇麗な顔立ちをしており、
身長155cmに、スリーサイズは、B82cm W57cm H80cm。

Cカップのバストに、腰は括れて、程良い大きさの尻をした
スレンダーボディである。



小芝居やシチュエーション、インタビューなどエロに関係のない要素は

すべて削ぎ落としたプレイに特化した作品となっている。

また、全作を通じてほぼ無言で絡み合うシンプル且つオーソドックスな

プレイとなっている。


最初のセックスでは、作風的に男優の自由度が少ない事で、

シミケンのおふざけがない事は幸いであるが、

ファック中に手マンで潮を吹かせる事にしつこく固執しているのはうんざりであり、

ファックにおいて、女優の絶頂時に溜めを作らない傾向がある事から、

他パートと比較すると女優のパフォーマンスが最も出ていない。

尚、他の男優、森林やイタリアンを黒子に徹して良い仕事を見せている。


プレイ的には女優が逝きまくっている為、見応えはあるものの

「激ピストンFUCK」と言うコンセプトであるにも関わらず、

おもちゃ責めをインデックスしているのは蛇足と言うか

思い切りが悪いと言わざるを得ない。


監督が出しゃばるシーンが非常に少ない事も評価でき、

中盤に短いオフショット差し込まれ、女優と監督が会話するシーンが見られるが、

内容的にはどうでも良い事で、これは編集で削除すべきであろう。

また、ラストパートが終わった後、監督がどうでも良い事を

話し掛けるシーンがあるが、十分に女優が情事の余韻に浸る姿を

映し出した後である事、そして「死ぬかもって思う程逝っちゃいました」と言う

発言を引き出している事は悪くないものの

監督の話し方と言うかイントネーションは気持ち悪く、

ドッペルゲンガー安田と言う監督は、そこを自覚して

今後はテロップを使うなり、スタッフに喋らすなり創意工夫すべきであろう。


とは言え、シミケンのキャストと監督のイントネーションの気持ち悪さ以外は、

これと言ってダメ出しする点はなく、比較的クオリティの高い作品と言えよう。


女優は敏感にビクついて悶え、「死んじゃう」「頭、おかしくなる」と喘ぎ、

全身を硬直させた後、ビクビクと痙攣して絶頂する姿を

数え切れない程何度も見せて虚ろになって逝きまくり、

余韻の中、朦朧となってビクビク痙攣すると言う

素晴らしい性的パフォーマンスを発揮して見応えのあるカラミが堪能できる。


結果的に、確実に抜ける作品である。



腰を浮かせてイキまくる激ピストンFUCK 辻本杏妹に性的悪戯、そのうち毎日SEXするようになった。 辻本杏通学途中に痴漢の手によって絶頂を教え込まれた女子校生 辻本杏


スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

| 辻本杏 | 21:40 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。