FC2ブログ

ゴリとラーのAV放浪記

鑑賞したAVを、感想文的にブログに記録しておこうと思います。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

恥ずかしいカラダ 日本料理研究家 山口葵

h_172hmgl00125pl.jpg

オムニバス作品『巨乳ドスケベコレクション』で対戦した山口葵を単騎で起用した

カンパニー松尾監督によるハメ撮りドキュメント作品である。

最初のパートは、タイトルにある様に日本料理研究家と言う事で
キッチン付きのホテルに入り、女優が監督に夕ご飯をふるまう流れであるが、

ピッチピチのボディコンシャスの衣装を身に纏った女優が
腐海の瘴気の如くに撒き散らすフェロモンに当てられた監督が、


食材を味見するのではなく、女をつまみ食いしてしまう展開で、
生姦ファックを敢行しており、女優は「こわれちゃう」「おかしくなりそう」と

喘ぎ悶えて感じまくるものの絶頂シーンが皆無であり、
さらには、監督の「おなか減ったっす」発言と共にカラミは中断しており、

女優が愛液まみれのペニスをフェラして終わっている。


この後、女優さんが作った「豚のしょうが焼き」に舌鼓を打つ2人が見られるが、
食事シーンでさえエロすぎる雰囲気を醸し出す女優さんは、一体何者であろうか。


2番目のパートは、ご馳走で精をつけたやる気満々の2人が満を持してのセックスで、
女優は、言葉責めで羞恥を煽られて興奮し、

生姦ファックされて喘ぎ悶えて感じまくるものの絶頂は2度と少なく、
フィニッシュは、舌上射精の予定が松尾監督に珍しく的を外して

顔射となってしまっている。尚、着衣プレイである。


翌日、昨晩の夕飯のお礼にと監督が、老舗のカレーライス屋さんの
ムルギーランチをご馳走するシーンが映し出された後、


ラストパートのハメ撮りへと展開する。

女優が窓際で羞恥を煽られ、鏡やモニターで痴態を見せ付けられて
興奮するシーンも見られ、前戯では電マで責められて1度だけ絶頂し、

ずらしハメでの生姦ファックで喘ぎ悶えて感じまくるものの
絶頂シーンは1度にとどまっており、最後は胸に射精されて終わっている。

尚、女優は最終的に下着にパンスト姿となっている。



女優は、敏感ではあるものの派手な性的反応を見せている訳ではないが、

目の色、表情、撒き散らかされるフェロモン、

超絶エロティックな雰囲気を醸し出す女優さんの毒気に当てられて

パフォーマンス至上主義の僕でさえもフルボッコされてコテンパンにされてしまう。

良い女優さんを見つけたと思いたいが、

カンパニー松尾監督の作品は諸刃の剣で、他メーカーの出演作品を見たら、

何の変哲のない普通の女優なんて事は日常茶飯事で、

彼だからこそ、映し出す事が出来るエロスは特別であり、

ハメ撮りが嫌いな僕が、指名で見る唯一の監督でもある。


とは言え、本作のカラミはぬるい。

女優は超絶エロいのは間違いないのであるが、

監督がハードプッシュしておらず、絶頂シーンも少ない事でテンポが単調で

緩慢なカラミとなっており、見応えがない。

実際、全編を通じて女優が絶頂しているのは片手で余る程である。

故に、エロビデオには成り得ていない。


そして、女優はセフレが3人いて寝る時間を削って週6でセックスしているなど

ぶっちゃけたトークをしているものの

監督が、女優の心の奥底までダイブして迫る事もなく、

ドキュメントとしても凡庸なものであり、アダルトビデオ足り得ていない。


総じて、目を見張る食材を用いながら

スパイスが効いてない味気ない料理の様な印象の作品である。

「テレキャノ」「BiSキャノ」の舞台挨拶に忙しくて

AV監督としての勘が鈍ったのであろうか。

もしくは、ハメ撮り監督から舞台挨拶監督を経て

文化人的な何かを目指しているのであろうか。

いや、近々発売されるHMJMのTシャツには、

『KEEP ON FIGTING, KEEP ON RIDING』と書いてある事から

杞人之憂であると信じたい。


結果的に、抜けない作品である。



恥ずかしいカラダ 日本料理研究家 山口葵巨乳ドスケベコレクション 藤崎エリナと山口葵初撮り本物人妻 AV出演ドキュメント ~32歳二児の母親~ 山口葵


関連記事
・「恥ずかしいカラダ」シリーズ

・巨乳ドスケベコレクション 藤崎エリナと山口葵

無料動画サンプルを見る
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

| 山口葵 | 23:05 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT