FC2ブログ

ゴリとラーのAV放浪記

鑑賞したAVを、感想文的にブログに記録しておこうと思います。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

中出し愛好家 千乃あずみ

h_172vgd00152pl.jpg

千乃あずみをキャストしたドキュメント作品である。

最初のプレイは、ハメ撮りであり、

女優と梁井一監督がイーブンベクトルで相対する様なカラミが展開するが、

唐突に監督が口内射精して終わりを告げるものの

口移しで精子を貰い、さらには膣に口づけして精液を注ぎ込むシーンが映し出され、


これは、シリーズ前作でも見受けられたギミックであり、

ネタバレしているとは言え、1度や2度見たぐらいでは、

超絶変態プレイの鮮度は落ちない。



次いで、梁井一監督によるハメ撮りセックスであるが、

女優の絶頂回数が少なく、さらには絶頂シーンの多くが電マを使用したもので

見応えがなく、ハッキリって抜きに値するカラミではない。

ただ、この後、花岡じったを起用したセックスがインデックスされている事を考えると

女優の性的パフォーマンスに力負けしている監督と言うのは、

ドキュメントとしては悪いものでない。


しかしながら、このハメ撮りは本作最大の問題を孕んでいる。

アングルを確認するためであろう、モニターを頻繁に覗き込む事で、

監督と何度も目が合うと言う事象が非常に鬱陶しい。

『レイプ むちむち素人処女に陵辱実験』以降、『ポルノ★モンスター』

『中出し愛好家』『ボクは男の子ですけど、こんなカラダでも・・・・』

『かたりたがーる』と彼の作品を見てきたが、

この様な印象を受けた事はなかった。


「テレキャノ」「BiSキャノ」で注目されてチヤホヤされて悦に入って調子こいて

時計の針を巻き戻して昔の無能ぶりは発揮し始めたのだろうか。

そうであるならば、次から顔はモザイクで隠す事は必須要綱であろう。

そうすれば、絶対に目が合う事などないのだから。


それはともかく、ラストのセックスは花岡じったを起用した客観撮影となっており、

カラミ前、じったさんは「完全に楽しんでセックスに溺れて欲しいですね

それじゃないと務まらないでしょう。明けても暮れてもセックスですよ。

この世で一番はセックスなんですよ。そういう女にならないとダメですよ」

と花岡じった王様語録を披露して女優をケラケラと笑かしている。

そして、本番。本作のクライマックスのはずのセックスパート。

花岡じったさん、まさかの不発で終わり、 一巻の終わりとなる。

なんせ、女優の絶頂シーンが1度しかないでは、どうにもならない。


とは言え、お楽しみはここからである。

個人的にはであるが、「中出し愛好家」シリーズは、

エロビデオに擬態化したアダルトビデオと認識している。


本編とは全く関係のないラストシーン、

僅か数分の映像が差し込まれた途端、発動するギミック。

千乃あずみのドキュメントが、その意味を失くし、

ラストシーンと相対するイコンとなる。

対比、対照、コントラスト、昼と夜、光と影、陰と陽、そして生と死。

これらが、これまでのシリーズで示された相対するイコンである。


そして、これが「中出し愛好家」シリーズのフォーマットである。

フレームやパターン、テンプレートと言い換えても良いが。


ただ、本作は今までとは、その根幹が違う。全く別物である。

これまでの女優は、影を司るアイコンであった。

だが、冒頭のインタビューで女優が述べている様に、

「そんなもん、中出し愛好家ちゃうやろ」とツッコミを入れたくなるくらいに、

プライベートでの中出し経験がない。

これでは、影を司る事は不可能であり、

さらには、ラストシーンは生誕である。爆発的な生命の輝きである。

それに対してニコニコよく笑う陽気な千乃あずみでは、影が薄すぎる。


では、梁井監督は、何をしたのか。

今まで光と影と言う別方向のベクトルとして反比例させていたイコンを、

『家族』と言うファクターで、同じ方向へ向けた。


ドキュメントパートにおいて、女優は、母と娘の関係、即ち、親子の事を語り、

家族を象徴する。

さらには、花岡じったも梁井監督に述べている。

「今、独身みたいなもんだから 精神が

俺もそうだったよ

自覚が出るのは、やっぱ、子供が生まれて少し経ってからなんだよね」と。


個人的に、「中出し愛好家」と言う作品をシリーズで注目しているのは、

もしかしたら、マンネリ化しない、飽きない、色褪せないシリーズ作品が、

奇跡の様に誕生するかもしれないと言う淡い期待があるからである。


何故なら、本シリーズは、次の展開がまったく読めないからで、

本作も個人的な予想を大幅に超えてどこか違う世界に逝ってしまっている。

フォーマットが同じながら、根幹の概念を180度変えてくるなどと

誰が予想できるであろうか。


個人的には、ラストシーンが生誕である作品が、シリーズファイナルと予想していた。

光と影を対象とするのならば、光の頂点は生誕であり、

それに対するアイコンは地獄絵図かと想像していた。

だから、それ以上はシリーズ化出来ないと思っていた。

だからこそ、アイコンに多様性を持たせて千差万別に変化させるなど

予想だにしていなかった。


本当に素晴らしい。心が躍る。



関連記事
・中出し愛好家 あずみ真奈

・中出し愛好家 水野朝陽

・中出し愛好家 星野ひびき

・濃厚オヤジと女教師 千乃あずみ

・プライベートポルノ 千乃あずみ


中出し愛好家 千乃あずみ中出し愛好家 水野朝陽中出し愛好家 あずみ真奈

無料動画サンプルを見る
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

| 千乃あずみ | 22:20 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。