FC2ブログ

ゴリとラーのAV放浪記

鑑賞したAVを、感想文的にブログに記録しておこうと思います。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「オトコの娘」アナルで牝イキ 初音優羽

13hvg00017pl.jpg

グローリークエストからリリースされた初音優羽のデビュー作である。
内容は、120分で4部構成。

最初のパートは、セックスである。

『らき☆すた』的な赤と白のセーラー服を着たモデルは、緊張感もなく慣れた感じで
男優中野に甘える仕草をしており、キスされると舌を絡まし合い、

耳や首を舐められて敏感に反応して喘ぎ、服とブラを捲くり上げられると乳首を
責められて感度抜群に痙攣して感じ、ショーツを脱がされるとペニクリを扱かれ、


アナルに指を挿入されると抜き差しされて感じまくり、スカートを脱がされると
フェラをして「おいしい」と言って余裕のディープスロートを見せ、

指でアナルを解されると激しくキレのある痙攣を見せて2度絶頂し、
正常位からペニスを挿入されると横になっての後背位、バック、騎乗位、正常位と

ファックされて喘ぎ悶えてヨガリまくって何度も絶頂しており、
「おかしくなる」と快楽に飲み込まれる場面や

一瞬であるが、ファックされながらペニクリを扱かれるシーンも見られ、
最後は、中出しの体裁で終わっている。


2番目のパートは、オナニー&おもちゃ責めである。

メイド服姿のモデルは、服の上から乳首を刺激しながら股間を弄り、
電マを使用してオナると痙攣して喘ぎ、ショーツを脱ぐと

バイブをアナルに挿入しながらペニクリを扱いているが、

ここで監督が介入してアナルを指で、次いでディルドーで責めると同時
モデル自らがペニクリを扱いており、アナル逝きを見せた後、

射精をして手に付いた精子を舐めている。


3番目のパートは、ブッカケである。

キャミにショーツ姿のモデルは、男優4人掛かりで愛撫されており、
ベロキスされたり、ペニクリを舐められたり、兜合わせされるシーンも見られ、

5本のペニスを手コキとフェラを捌くと次々と顔にブッカケられた精子を
口で受け止めてゴックンしている。


ラストパートは、4Pである。

ナースコスのモデルは、AV女優にリードされて絡み合っている最中、
女王様コスの青山夏樹監督が加わり、モデルをロープで後ろ手に乳房縛りに緊縛し、

女優と女王様2人掛かりで乳首、ペニクリ、アナルを責められて
何度もアナル逝きしてトコロテン気味に精子を漏らしている(らしいが、
画面では確認出来なかった)

女王様にペニバンファックされながら女優にペニクリを舐められて扱かれ、
ここから加わった男優中野をフェラしたり、蝋燭責めされたり、

男優にファックされている女優と69の状態でペニバンファックされて
女優と同時に絶頂したり、ペニバンファックされながら女優と結合する

サンドウィッチファックシーンやさらにその状態で男優にイラマチオされたり、
男優にファックされながら女優をファックするサンドウィッチファックも見られ、

女優にファックし、男優にファックされる場面もあり、
モデルは激しくキレのある痙攣を見せて何度も何度もアナル逝きして虚ろになり、

最後は、顔射されると精子を口で受けてお掃除フェラをすると
女優とベロキスしているシーンで終わっている。



モデルは、初音優羽。

男の残り香を感じさせない眼鏡の似合う可愛い顔立ちをしており、
最近の女装子には珍しくムチムチした肉付きの肢体をしている。



本作の末尾にプレイの感想を聞くシーンはあるものの

デビュー作であるにも関わらずインタビューシーンが一切ない事で、

モデルさんの人柄が解らないと言うのは、如何なものであろうか。

とは言え、監督にインタビュアーの能力がない故に、

ばっさりと捨て去ってしまったのであれば、

その思い切りはある意味、評価に値するものであるが。


最初のセックスパートであるが、男優がモデルのペニクリを舐めるシーンが無く、

男優中野は多くの女装子作品に出演している事からNGと言うのは考えにくく、

監督の演出としか思えないが、これはマイナスポイントであろう。

また、アナル逝きは見られるものの射精シーンがなく、

デビュー作初セックスであるが故に、ソフトなプレイは構わないが、

女装子と言う特性を活かしたカラミでなく、内容もあっさりしたものでは

物足りなさを感じる。

そして、フィニッシュは中出しの体裁であるが、おそらく疑似である。

男優発射の瞬間、画面はモデルの上半身だけを映し、

カメラが下半身に寄るとペニスが抜けた後のアナルを映し出している。

昨今では、半外半中射精でも手を添えていれば疑似認定されると言うのに、

古典的な手法を用いてまで疑似中出しする意味も意図も解らない。

そもそも疑似中出しなどは詐欺と同義であるとの認識はないのであろうか。


次のオナニー&おもちゃ責めパートで、モデルの射精シーンが見られるものの

全編を通じて、これが唯一の射精と言うのは、

ホルモン仕様のニューハーフならいざ知らず、非常に不満が残るものである。

そして、ブッカケパートに多くの時間を割くことで、中弛みを感じる流れとなり、


そして、ラストの4P。

女装子、女優、女王様、男優の組み合わせでダイバーシティーなプレイを

展開できる事からこのパートをクライマックスに持ってくる意図も意味も理解できる。

しかしながら、良いアイデアであるもののそれを形にする力量が監督にはない。

ここでの主役、ヒロインと言い換えても良いが、それは女装子である。

ヒロインは緊縛され、蝋燭攻めされるが、女優も同様にされている事で、

主役が特別なものではなくなり、

ヒロインと女優が同時に逝くシーンもギミックとしては面白いが、

これもまたヒロインをヒロイン足らしめていない要員となっている。

そして何よりも差別化された演者達故に、視線がヒロインに集中しないと言う

根本的な問題を孕んでいながらもカメラワークやプレイで、

女装子に視線誘導する手法が取られていない。


総じて、インタビューがない事でデビュー作としては失格。中弛みする構成。

アイデアは良いもののそれを形にするのが覚束無いクオリティの作品である。


とは言え、監督が承認欲求を得ようと出しゃばる事なく、

男優達がスタンドプレーに走る事のないディレクションに、

奇を衒わない良い意味でのシンプルな演出をしており、

また、女装子とは言え生物学上は男性である為、

男優と比較すると身長が目立つと言う問題を孕むが、

本作に置いては、モデルが立つシーンが極端に少なく

意図してかどうかは解らないが、背の高さが解らなくする演出、

また、全てのパートを着衣プレイとする事で、

体型的な男の残り香を軽減している事は評価に値し、

パッケージ通りにモデルは全編を通して眼鏡を掛けているが、

ファック中に眼鏡がずれたり、ブレブレに動くと非常に気が散る事となるが、

本作では一切この様な事はなく、小道具としての眼鏡の選択は最適解である。


ビチクソの様なAVが星の数程垂れ流されている現状を鑑みれば、

相対的に真面目に製作された作品とも言える。


モデルは、かわい子ぶりっこ的な雰囲気を醸し出しながらも従順な態度を見せ、

照れ恥じらいを見せずに場馴れした感ある故に、

デビュー作特有の初々しさは感じれないが、 

初っ端からポンテシャルを見せ付けており、

感度抜群にビクッビクッと痙攣して喘ぎ悶え、

激しくキレのある痙攣を見せて何度何度も絶頂して虚ろになってヨガリまくると言う

素晴らしい性的パフォーマンスを発揮して見応えのあるカラミを堪能させてくれる。


結果的に、確実に抜ける作品である。



「オトコの娘」アナルで牝イキ 初音優羽


スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

| ニューハーフ/女装子 | 22:05 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。