FC2ブログ

ゴリとラーのAV放浪記

鑑賞したAVを、感想文的にブログに記録しておこうと思います。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

こんなものでオーガズムに達しちゃう敏感すぎるカラダ。 純那 /原純那

h_150upsm162pl.jpg

日用品を使って逝かすという発想力の乏しい企画モノである。

内容は、120分で、五部構成。


最初のパートは、紐オナニーである。
ローターを仕込まれて、結び目を作られたロープに女性器をこすってのオナニー。
感極まってくると震えだし、絶頂時にはビクンと跳ね上がるように逝く。
尚、Tシャツとショーツ姿と言う着衣でのプレイである。


2番目のパートは、掃除機を使用しての責めである。
掃除機でクリを責められて感じてはいるが、すぐに絶頂に達するような刺激ではなく、
なかなか逝けないでいる女優に「イク」ように指示する監督の声が不快であり、
見ている限りにおいて、絶頂してる様子はなく、
終了後、女優は、気持ちよかったとは言っているが、


イッタとは述べてないのにも関わらず、監督は無理やり逝った体裁にしている。
ここでも、下半身とバストは見ることが出来るが、厳密に言えば、着衣プレイである。


3番目のパートは、電動歯ブラシでの責めである。
下半身は裸だが、上半身はバストが見えない完全に着衣の状態で、
電動歯ブラシをクリに直接当てられ、立っていられないくらい敏感に反応しており、 
絶頂して、倒れこんでいるのが印象的である。


4番目のパートは、浴室での責めである。
石鹸の泡をローションのように使用してのプレイの後、湯船で、ローターや
シャワーを使用して責めている。
その後、おまけのようにセックスが展開され、フィニッシュは顔射。
ここまでで1時間が経過しており、やっと全裸も拝む事が出来る。
ここでは、女優は、感じて、逝ってはいるが、激しくは反応していない。


ラストパートは、洗濯バサミを使用しての責めとセックス。
後ろ手にゴムで拘束された状態で、洗濯バサミで乳首を挟まれるが、
あまり反応していない。洗濯バサミ付けたままローター責めの後、セックスが展開される。
しかしながら、ここでのセックスもおまけみたいなもので、たった15分しかない。
尚、ここでは、最初、水着着用で、後に全裸になる。


女優は、原純那。
ショートカットの可愛い顔立ちである。

身長148cmに、B87cm W58cm H86cmのスタイルは、ムチムチしており健康的であり、
Eカップのバストは、大きくて丸く張りがある。

インタビュー的なものが一切ない為、女優のキャラに関してはわからないが、
なにもわかってない娘を連れてきて、AVに出演させているように感じるくらい
おとなしくて、従順な感じの印象であり、実際、積極的に発言していない。

しかしながら、彼女のブログを読むと普段、ノーブラでいること等、
結構おちゃめな面が見えてくるが、デビュー作も含めて、
何故、彼女のそういう側面を映さないのか、不思議である。

感じ方であるが、敏感であり、よく感じてはいるが、
前作と比べるとパフォーマンスが悪く感じられた。

また、完全に受身ではあるけれど、M性はないように思える。


女優は、「イク」と言う習慣がないのか、感じすぎて言葉に出ないのか、
あまり「イク」と口にしない。その事に対して、男優がフォローするくらい、
監督がきつい口調で、「逝く時はイクと言え」とダメだしをしており、不快極まりない。

また、騎乗位時に、もっと腰を動かせと監督がフレームインしてきて
女優の尻を叩くシーンもある。

打ち合わせも女優への事前の指導も行っていないのだろうか?
何故、ダメだしを編集でカットしないのか?

この時点で、この監督の能無しが露呈しており、

全体的に、行き当たりばったりで撮影してる感が否めない。

きとるね川口とか言う低脳監督やメーカーの束縛から早く逃れないと原純那は、
ポテンシャルを発揮できないまま消えていく運命を辿るような予感があるが、

残念ながら、次回作も同じ監督、同じメーカーからリリースされるようである。

ただ、ブログによれば、時系列的な意味でのデビュー作以前に、
今のようなショートカットではなく、髪の毛が長い時に、撮った作品があるらしい。


タイトルにあるように、身近なもので絶頂してしまうと言う企画であるが、
逝ってはいるが、かろうじてと言った程度のものであり、
イカセもの作品とは程遠い内容であり、はっきり言って企画倒れである。

逆に言うと、女優のポテンシャルが高いだけに、
通常のイカセもの作品の作りにした方が、確実によい。

また、絡みも2回あるが、どれもおまけ的なものであり、
セックスパートがおざなりにされており、抜きどころが、ほぼない作品となっている。


結果、抜けない作品である。 


関連記事
・痙攣・失禁・中出し 止まらないオーガズム 純那 / 原純那

・全身が敏感すぎる女の子をイカセ続けたらどうなってしまうのか!? 純那 /原純那


スポンサーサイト
[PR]

| 原純那 | 23:25 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。