FC2ブログ

ゴリとラーのAV放浪記

鑑賞したAVを、感想文的にブログに記録しておこうと思います。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

パイパン少女 磔いじめ あべみかこ

miad00774pl.jpg

内容は、120分で5部構成。

最初のパートは、セックスである。

ここでの女優は、手枷、足枷、ロープで拘束されて責められると言う演出であるが、
見た事のないヘボ男優が中途半端でいい加減な言葉責めをしている事から

女優も巧く対応しきれずにいるのが興ざめであり、
さらには、焦らし責めをしているが、焦らした末に逝きまくらせる様な事はなく、


前戯での絶頂はゼロ、ファックでも2度の絶頂を見せるに留まり、
尻切れトンボの様な有様で、がっかりさせられるカラミを見せ付けられる。


2番目のパートは、イラマチオである。

女優が、男優2人に淡々とイラマチオされるシーンが淡々と垂れ流され、
さらには前パートで起用されたヘボ男優が、

またもや中途半端な言葉責めをしている事も相まって
非常に冗長な流れとなっている。


3番目のパートは、おもちゃ責めである。

女優は、男優冴山トシキとその他1名に愛撫されてローションを垂らされて
ハイレグレオタードがスケスケとなっており、ここからローターやバイブで

責められて何度も弾ける様な激しい痙攣を見せて絶頂する姿を見せている。


4番目のパートは、オナニーである。

マイクロビキニ姿の女優が、男優冴山トシキの前でオナる姿を晒すと言う趣向で、
クリを擦り、膣中を指で掻き回して2度の絶頂を見せている。

尚、冴山が言葉責めで羞恥を煽り、隠語を述べさせているが、
アタッカーズの時の様なキレも激しさもなく、

おじいちゃんが、孫をからかっているかの如くであり、
ちょっと見てられない。


ラストパートは、セックスである。

全裸の女優はパッケージと同様に磔られており、男優男優冴山トシキとその他1名に
責められると言う演出であるが、貼り付け台から解かれたと思えば、

また磔られ、手枷、足枷を様々パターンで付け替えられており、
この事で、テンポの悪いグタグタのカラミとなっており、

女優もファックで絶頂を1度見せるのみと全く使用に値しないものとなっている。



女優は、あべみかこ。

きれいな顔立ちであり、
身長159cmcmに、スリーサイズは B78cm W56cm H80cm。

小振りなAカップのバストに、華奢な肉付きのスレンダーボディである。
尚、パイパンである。



『磔いじめ』とタイトルにあるが、貼り付け台が出てくるのはラストパートのみで、

その他は、手枷や足枷、ロープなどでの緩い拘束ばかりであり、

また、言葉責めは中途半端でいい加減なものばかりで、

女優を淫靡な雰囲気に持っていくどころか

ノリが悪くなると言う最低な効果しか生み出しておらず、

プレイ自体もぬるい内容であり、

完全に看板に偽りがある内容である。


また、おもちゃ責めでの絶頂回数に問題はないものの

肝心要のセックスでの逝くシーンが乏しすぎであり、

圧倒的なポテンシャルを誇るあべみかこからパフォーマンスを引き出せない事自体、

信じられない事であり、こんなことは意図しても出来ない事であろう。


NABEとか言う監督は、女優を台無しに無駄遣いして、

何もかも御破算にしたビチクソであり、

AV監督としての才能は皆無であり、全く以って存在する価値すらない。

無能監督を個人的ブラックリストに載せた事が、この作品で唯一の収穫である。


結果的に、抜けない作品である。



関連記事
・奇跡の透明感 平成6年生まれ 初のAVデビュー あべみかこ18歳

・全身性感帯になって帰ってきたあべみかこの欲深いセックス

・大きなチ○ポに狂った美少女 あべみかこ


パイパン少女 磔いじめ あべみかこ絶対制服美少女 真正中出し解禁!!! あべみかこ絶頂微乳スレンダーA あべみかこ


スポンサーサイト
[PR]

| あべみかこ | 23:12 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。