FC2ブログ

ゴリとラーのAV放浪記

鑑賞したAVを、感想文的にブログに記録しておこうと思います。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ランダム 存在の確率

20150211135634.jpg

彗星が地球に最接近する夜。友人たち8人が集まりパーティを開く。

突如、停電。外の様子を確認に出るが、そこにいたのは全く同じ家に住み、

全く同じ姿をした自分たち。ここから始まる別世界の自分たちが、

同じ空間に同時に存在すると言うパニックを描いたSFホラー。


話が進んでいくにつれ、交錯したパラレルワールドは2つや3つではなく、

無数と言う事が判明し、さらにはメンバーが入れ替わっている事もわかる。

作中に、「シュレーディンガーの猫」に言及される事から、

科学哲学が色濃く反映されている事がわかる。


別世界の自分たちと言っても微妙に関係性が変化している事に気付いたヒロインは、

自分の理想とするグループに潜り込む事を最良の選択とし、

それは同時に、最低の方法を駆使しなければならないと同義であり、

そしてそれを遂行してしまう。


「シュレーディンガーの箱の中の猫」は、常識的に考えれば答えは決まっている。

ただ、これは量子力学の思考実験であるが為に、答えそのものには意味がない。


これは個人的な見解であるが、

ヒロインは、完全解答を導くために、

箱を開ける前に猫を殺してしまった事から、

ロジックの外側に放り出されてしまい、驚愕の結末を迎えてしまう。


SFスリラー的、もしくはパニックホラー的手法で物語を転がしており、

臨場感に魅入られてハラハラドキドキしながらも

実際は、与えられた量子力学の思考実験の中で、

見ている側が思考を加速させられてしまう。

難しいが、それが興味深くも面白く感じられる作品である。


ヒロイン役のエミリー・バルドーニは、あまり見た時がない女優さんであるが、

とっても綺麗な人だと思いました。



スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

| 映画 | 23:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT