FC2ブログ

ゴリとラーのAV放浪記

鑑賞したAVを、感想文的にブログに記録しておこうと思います。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

新人 プレステージ専属デビュー 吉川蓮

118bgn00017pl.jpg

プレステージからリリースされた吉川蓮のデビュー作である。
内容は、180分で5部構成。

最初のパートは、初セックスである。

女優は明るく陽気に喋っているが、男優貞松にベロキスされると目をトロンとさせて
舌を絡まし合い、耳を舐められると淫靡な表情を浮かべており、


ワンピを脱がされるとブラから胸を出されて乳首を触られ、舐められて
敏感に小刻みに震えて喘ぎ、ショーツを脱がされるとすでに濡れそぼった膣を

開かれて視姦されて「恥ずかしい」と羞恥に身を捩り、クンニされると即座に絶頂して
恥ずかしがり、全裸にされると手マンされてここでも即座に絶頂して潮を吹き、

先に金玉を舐めて吸ってから手慣れた感じでフェラをした後、
正常位からペニスを挿入されると騎乗位、立ちバック、横になっての後背位と

ファックされて喘ぎ悶えて感じまくり、
体を仰け反らせるとビクビクして何度も絶頂する姿を見せており、

自ら腰を振って逝くシーンも見られ、
最後は、顔射されるとお掃除フェラをしている。


2番目のパートは、フェラである。

女優は、汁男優に促されて乳首を舐めながら股間を弄り、
フェラをして金玉を舐めて吸うシーンも見られ、

最後は、男優がシャカシャカと手コキして顔射しており、
お掃除フェラをして終わっている。


3番目のパートは、セックスである。

ここでは、数台の固定カメラと時折男優が手持ちでの撮影となっており、
女優は、大沢伸二にベロキスされると上半身裸にされて胸を揉まれ、

ショートパンツを脱がされるとクリを擦られて直ぐに立て続けに絶頂し、
全裸にされると膣を開かれてアナル共々視姦され、

クンニ、手マンされて何度も絶頂した後、男の乳首を舐めると
金玉から舐めて吸い、フェラをしてシックスナインに展開した後、

正常位からペニスを挿入されると騎乗位、バック、正常位とファックされて
喘ぎ悶えて感じまくり、体を仰け反らせるとビクビクして何度も絶頂しており、

最後は、顔射されると精子を舌で受けてお掃除フェラをしている。


4番目のパートは、オナニー&おもちゃ責めである。

ここでは監督がカメラを回しての相手役を務めており、
女優は、バスローブの前を肌蹴られると裸体を晒し、

乳首を触られ、胸を揉まれて敏感にビクッと反応しており、膣を開かれて晒され、
ローターを使用してオナニーをするが、恥じらって絶頂寸前に中断しており、

ここからバイブや電マを使ってのおもちゃ責めに展開しており、
女優は喘ぎ悶えて感じまくって何度も絶頂して虚ろになっている。


ラストパートは、セックスである。

女優は、男優黒沢せつねにバスローブを脱がされて下着姿になるとベロキスされて
舌を絡まし合い、ブラを取られて胸を揉まれて乳首を舐められ、

全裸にされると膣を開かれて晒されて「恥ずかしい」と羞恥に身を捩り、
クリを擦られて何度も寸止めされると「逝かして下さい」と懇願して

連続で何度も絶頂し、手マンされて吹いた潮が男に濡らすと「ごめんなさい」と謝り、
自ら積極的に男優の股間を弄り、フェラをすると金玉も舐めており、

シックスナインでも何度も逝かされて「お願い、もうやめて、やだ」と
悶絶した後、拗ねる姿を見せており、

立ちバックからペニスを挿入されると逆駅弁、マングリ返し、駅弁、騎乗位、正常位と
ファックされて「壊れちゃう」と喘ぎ悶えて虚ろになってヨガリまくり、

全身を硬直させるとビクビクさせて何度も何度も絶頂し、
感じすぎてフラフラの腰砕け状態となっており、

最後は、顔射されると精子を口で受けてお掃除フェラをしている。

尚、ここでは、他のパートと比べるとハードなカラミとなっており、
本作のベストパートとなっている。



女優は、吉川蓮(20歳)。

きれいな顔立ちをしており、
身長が158㎝で、スリーサイズは上からB86㎝ W58㎝ H84㎝。

形の良いEカップのバストに、腰は括れて、プリ尻をしており、
細見ではあるが、適度な肉付きの美しいスタイルをしている。

尚、本作がデビューとなってはいるが、
配信系の「素人AV体験撮影826 めぐ 20歳 大学生」に出演している。



初セックスでは、うってつけの人材であるコンサバ男優貞松が良い仕事をしており、

続く1対1の撮影での大沢伸二も巧い仕事をして

プライベート感溢れるセックスを展開していてカラミ自体は悪くないものの

数台の固定カメラと時折、男優が手持ちでハメ撮りする内容であり、

編集が下手すぎて画面が次々と切り替わる感が激しく、

チャットルーレットの形相を呈している事で絵面が悪すぎて台無しになっている。


また、初セックスで散々フェラシーンを見せた後に、

別途フェラパートをインデックスするのは意味が不明であり、

さらには、フィニッシュは男優のシャカシャカ発射と言うお粗末なもので、

汁男優の顔をモザイクで隠しているが、貞松や大沢、黒沢は素顔を晒しており、

監督の顔にもモザイク処理がなされており、作品としての整合性に欠け、

全てプレイで、情事の後の余韻を見せない演出は興ざめであり、

電子音が響いたり、スタッフが不用意に出す雑音など

プロ意識が欠落した製作陣である事が伺われる。


女優は、よく喋る明るい性格である事から、

新人らしい緊張はあまり感じられないが、

よく照れ笑いを浮かべる事から初々しい雰囲気は醸し出している。

また、脱がした男優のパンツを綺麗に畳んで直す薫陶さは、素敵だ。

カラミに入ると直ぐにスイッチが入り、目をトロンとさせ、

淫靡な表情を浮かべると言う平常時とのギャップも良いし、

敏感にビクッと反応して喘ぎ悶えて感じまくり、

全身を硬直させるとビクビクさせて何度も絶頂すると言う

高い性的パフォーマンスを発揮しており、

フェラをする時は、手慣れたのもかの様に金玉から舐めて吸い、

速く逝き過ぎて恥じらう姿は、とてもとても可愛く、

逝った後、我に返って恥ずかしがる姿は、とてもとても可愛らしい。

そして、特筆すべき点は、すぐに絶頂に達することである。

デビュー作と言う事もあり、カラミの内容もソフトなもので、

周りのスタッフを気にするシーンが多く、

全身全霊でプレイにのめり込んでいる訳ではない事から

まだまだ伸び代を感じされる程にポテンシャルは高く、良い素材だと思われる。


結果的に、抜ける作品である。


関連記事
・隣の綺麗なお姉さん 吉川蓮


新人 プレステージ専属デビュー 吉川蓮隣の綺麗なお姉さん 吉川蓮


スポンサーサイト
[PR]

| 吉川蓮 | 22:15 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。