FC2ブログ

ゴリとラーのAV放浪記

鑑賞したAVを、感想文的にブログに記録しておこうと思います。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

デビュー3周年記念スペシャル 藤井シェリーと4人の監督4本番

84mild730pl.jpg

藤井シェリーのデビュー3周年記念スペシャルの第一弾作品。

4人の監督と藤井シェリーのコラボと言う体裁で、内容は、240分で4部構成。


最初は、K*WEST監督が担当する、痴女パートである。
素人と紹介されている草食系M男二人を 女優が痴女る演出であるが、
何故か、一人のM男は、序盤からフェードアウトして消滅する。
淫語を言いながら、手コキ、足コキ、フェラ、ファックと女優主導で進められ、
ゴム姦で中出しさせ、ゴムから精液を手に出し、口に入れている。
その後、同じ男優に手コキでもう一度発射させた上で、
オナニーを見せ付け、電マ使用時に、潮を飲ませている。
その後、ディルドーを使用し、絶頂して終了。

個人的には、痴女プレイは好ましくないが、
ただ責めているだけではなく、女優自身が感じている姿も見せている為
あえて不満を募らすような所もなく、ソツなく纏まったパートと言った感である。


2番目は、沢庵監督が担当する陵辱的なセックスパートである。
二つのシーンから成り立っており、最初は3Pである。
スパンキングシーン等もあるが、ハードなものではないし、


首絞めでも、男優が日和っており体裁程度のもので、
逆に、女優自らが、顔が上気するまで首を絞めており、プロ根性を感じる
また、Wフェラしながらのオナニーで逝ったり、噴水のような潮を噴き上げている。

後半戦は、ドクマの拘束イスの劣化コピーであり、
目隠しに、ボールギャグを噛まされた状態でイスに拘束され、
バイブ、ローター、電マで責められている。
電マのヘッド部分を女性器に挿入され、悶絶しているのが印象的である。

沢庵と言う監督は、メーカーや女優に関係なく、ほぼ自分の流儀というか
フォーマットで作品を撮る為、女優によって当たり外れの差が大きい。
自分に女優を合わせるのではなく、女優のパフォーマンスを引き出す為に
臨機応変にクリエイトする事が出来ない監督であるが、

藤井シェリーは、AV女優としての資質が高く、監督の枠組みに自分を合わせて、
器用にパフォーマンスを発揮しており、見応えのあるシーンを自ら演出している。

最後の監督のインタビューで、企画に女優が嵌った的な発言をしているが、
勘違いも甚だしい。


3番目のパートは、秋秀人監督が担当する8時間耐久セックスである。
マンションの一室に、8時間拘束されセックス三昧という体裁であるが、
耐久セックスとは名ばかりで、ツイッターや電話、ピザを食べながら絡んだり、
放尿、入浴、シャワーオナニーや、また絡み以外のシーンにもじかんを割いており、
途切れ途切れのセックスであり、
最後の約20分にして、継続した本格的なセックスを展開している。

監督曰く、女優の素の部分を見せる為の演出と言っており、
確かに、セックス以外の女優の生態が見る事が出来るが、冗長感が甚だしく、
連続での絡みシーンが少ない為、抜く為の要素が乏しい使いづらいパートである。

過去に、藤井シェリーを何度も撮影している秋秀人をキャスティングしたのは、
おそらく既存の藤井シェリーファンに対しての保険であろうが、
個人的には、裏目に出た感は否めない。


4番目のパートは、HMJMのカンパニー松尾監督が担当するハメ撮りである。
ドライブデートの体裁で、水族館へ行くが、その間もカメラは回っており、
松尾監督が日常会話の中から、女優の素を見出そうと試みている。
茶目っ気があり、よく笑い、素と女優の境界線があいまいなキャラである事から、
会話は弾んでいるが、特筆するような何かを引き出している印象はない。

車の中でのオナニー、フェラシーンを経て、ラブホでの本格的なハメ撮りへと展開し、
部屋で二人きりになると、しきりに照れている女優が可愛く感じられる。

絡みであるが、監督の得意の言葉責めは、鳴りを潜めており、
スパンキングもしてはいるが、かなりソフトなものとなっている。
基本着衣プレイとなっており、女優は下着を付けたまま、挿入されており、
よく感じ、よく逝っている。

カンパニー松尾にとって、本来なら相性が良いとは言い難い専属の単体女優と言う事で、
絡みもソフトなものであるが、女優が本気度の高いセックスをしている事からも
相性的には悪くなく、使用に耐えるパートである。
しかしながら、HMJMで見るような監督のハードなハメ撮りを期待する事は出来ない。

尚、女優にとって、このようなスタイルのハメ撮りは初経験とのことであり、
撮影終了後のインタビューにおいて、「生のシェリー」を見る事が出来る旨を
女優自ら述べている。


女優は、藤井シェリー。
可愛らしい顔立ちの21歳である。
身長158cmに、B86 W58 H86のスタイルは、全体的に細身であるが、
腹部に若干の弛みが確認出来るように、肉付きはよい。
Dカップのバストは小振りに感じるが、形は美しく、ウェストもしまっており、小尻である。

感じ方やイキ方に、特筆すべきものはないが、本作では、良く感じてビクビクと
反応しているシーンや絶頂しまくっているシーンを、見る事が出来る。


パッケージには、4人の有名監督と藤井シェリーのコラボと謳われているが、
女優自身は、K*WESTも沢庵も聞いた事さえなく、専属の単体女優故に仕方がないにしても、
ハメ撮り御三家の一人、カンパニー松尾でさえも「ちょっと聞いた事ある」程度と述べており

実際、蒼井そらを10万本売ったと言われる秋秀人やカンパニー松尾は別として、
K*WESTや、ましてや沢庵などは、有名監督とは、個人的には思えない。

4時間の長丁場ではあるが、4パートを、それぞれ違う監督が担当するため、

退屈に感じるシーンはあっても、全体を通しては、冗長には感じない。


また、女優はポテンシャルが高く、痴女からM女まで器用にこなし、
監督如何に関わらず、各パートで、高いパフォーマンスを発揮しており、
本作をクオリティの底上げしている。


結果、抜ける作品である。



関連記事
・カンパニー松尾作品

・イヤらしい敏感なカラダ 藤井シェリー


デビュー3周年記念スペシャル 藤井シェリーと4人の監督4本番 失神するまでHしよっ 藤井シェリー あなた見ないで下さい…。 ~夫の目の前で凌辱された人妻~ 藤井シェリー
スポンサーサイト
[PR]

| 藤井シェリー | 21:14 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。