FC2ブログ

ゴリとラーのAV放浪記

鑑賞したAVを、感想文的にブログに記録しておこうと思います。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ボクは男の子ですけど、こんなカラダでも興奮してもらえますか? 大島薫

512vgd146pl.jpg

大島薫さんとHMJMの梁井一監督がコラボしたハメ撮りドキュメント作品である。

最初はインタビューから始まっており、梁井監督の誘導でモデルの

ペニスが勃起してショーツに収まらなくなった事から、

オナニーで静めると言う流れでの自慰シーンが見られる。


次いでホテルでのハメ撮りへと続き、

梁井監督がフェラするシーンから始まり、その後、アナルスティックを使用しながら
勃起したペニスを扱く大島さんのオナニーが続き、

ここでは、立て続けに数え切れない程何度もドライオーガズムに達し、
梁井一監督がペニスを挿入してのファックでも連続してのアナル逝きが見られ、

モデルさんが魅せる弾ける様なキレのある痙攣を見せての怒涛のドライ逝きは、
かなり稀有であり、極めてエロく、素晴らしく見応えのあるハメ撮りである。

また、ラストは大阪にある大島さんの自宅でのインタビューが行われており、
ほぼ自宅にはいないと言うもののやはり自宅と言うのは生活の基盤であり、

その人となりが感じられる事で、ドキュメントとしての特性により拍車をかけている。

ラストは、大島さんが梁井監督のペニスをフェラして射精するシーンで終わっている。


大島さん自身が「ノンホル・ノンオペ」と語っている様に、
整形や豊胸などのチューンドをせず、またホルモンによるドーピングもしておらず、

顔立ちは男の面影を残さず滅法可愛らしいものの生物学的には男性そのものである。

個人的には、女装子や男の娘は、化粧と衣装で女性化を遂げていると考えており、
よくモデルを全裸にする作品が多いが、それは女装の根本を破壊する行為に思える。

本作は、1部を除いて女優は何らかの衣装を身に纏っており、
この事は非常に評価できるものと考える。

さらには、ドキュメントとしても秀逸であり、

大島さん曰く「自らをアイコン化」すると言う事は、

ゲイでもニューハーフでもないあやふやな存在そのものを、

キャラとして成立させて存在を認識してもらう事で、

生き方が伝わればよいと述べており、

この事だけでなく、明白に意志を自分の言葉にしている事で
多くの事が伝わってくる。

頭の回転が速く、非常にクレバーな人物像を感じさせられた。


結果的に、素晴らしいハメ撮りドキュメントアダルトビデオである。


とでも書けば満足かね?

梁井一監督友の会の皆さん。及び自称健常者諸君。

ここまで述べてきた事に嘘偽りはない。盛ってもいない。

ただ、未だに言及していないパートがある。

3番目にインデックスされている逆アナルファックパートである。


内容は、以下の通りである。

どこからか連れてきたM男に目隠しをして、

女優さんがペニバンでファックする体裁で、

実は、大島薫さんが逆アナルファックを敢行して

最後、目隠しを取ると女装子さんでした。テッテレーと言うドッキリ演出である。

ドッキリと言うのは、バラエティやお笑いでするものであって

ドキュメントでするものではない。

確かに、ドッキリを仕掛けて女優の素顔を垣間見ると言う

ドキュメント手法はあるのかもしれない。

しかし、こいつは違う。

なぜならば、大島薫さんがドッキリを仕掛ける側であるからだ。

では、どうなる?

主役は、ウン汁垂れ流して「痛い、痛い」と喚めいて暴れ、

「辞めたい」「ごめんなさい」とぐずってゴネて、

ネタばれしてもお寒いリアクションしかとれないキモい男になる。

大島薫さんのドキュメンタリーで、M男が主役と言うのは有り得ない。

訳が分からない。意味や意図が理解出来ない。

何故、こんなパートがインデックスされているのだろうか?

逆AFの映像が欲しかったからか?

それなら、ハメ撮りの際、逆AFの可能性まで考えて自ら腸内洗浄までしていた

梁井監督が被験者になればよかったのではないか?

よりドキュメント色が強いものとなったであろう。


なんにせよ、AVで、ドキュメントで、ドッキリなんてやる必要性もないし、

やるべきではない。と個人的には思う。

だからこそ、これがなければ、百倍、千倍、万倍、優れた作品になったであろうし、

逆に言えば、このパートがあるが為に、億倍、兆倍、京倍

クオリティが低くなってしまった。成り下がってしまった。


結果的に、極めて残念な作品である。



関連記事
・噂の激カワ「オトコの娘」 大島薫


ボクは男の子ですけど、こんなカラダでも興奮してもらえますか? 大島薫絶世の美少女装子 大島薫男の娘、メス化計画

無料動画サンプルを見る
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

| ニューハーフ/女装子 | 22:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。