FC2ブログ

ゴリとラーのAV放浪記

鑑賞したAVを、感想文的にブログに記録しておこうと思います。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

身の上話ドキュメント 午後の人妻 再会 篠田あゆみ

h_172hmgl00114pl.jpg

篠田あゆみをキャスティングしたカンパニー松尾監督による
ハメ撮りドキュメント作品である。

尚、女優は4年前に池田美和子名義で活躍していた頃に、
配信系も含めて20本以上の作品がリリースされており、

同じく松尾監督の『私を女優にして下さい AGAIN 9』にも出演している。

今回4年ぶりに復活した女優さんと待ち合わせた場所からスタートし、
ドライブでの会話では、4年前から現在に至るまでの身の上話が語られており、


4年前は、DV夫から逃亡しながら裁判での離婚調停に臨んでおり、
その為の資金を得るために、AVに出演していた事。

調停の最中、夫の失踪した事で離婚が確定し、その後、新たに恋をして結婚した事。

夫はバツイチで、彼の離婚の後始末と子供の養育に費用が掛かる為に、
今回、AVに舞い戻ってきた事などが話されている。

その後、4年前に訪れたのと同じ場所に行き、
同じシチュエーションでのカーセックスへと展開しているが、

続きはホテルと言うことで、射精はなく終わっており、

ラブホにしけこんだ後、本格的なハメ撮りが展開している。


この後の監督との会話では、AVのセックスは凄くて
プライベートに戻った時、満足できるか怖いだとか

セックス観に関しては、自分をさらけだせる。満たされるのか吐き出せるのかは
解らないが生きているって感じ。開放感だとも述べており、

テロップにもあるが、この女性は、感覚を言葉で巧く説明している。

また、夫が公認した上でのAVであり、夫にはNTR属性があり、
撮影の報告を聞いて嫉妬に燃えた旦那に激しいセックスをされる旨も語っている。


そして、ホテルでの最後のハメ撮りとへと展開する流れで、
情事が終わった後のオフショットで、女優は「やり切った」と述べている。


ラストシーンでは、将来について質問されているが、
結局の所、4年前と同様、お金に為のAV出演であり、

目標をクリアできれば、おそらく普通の生活に戻るものと思われる。

そして、この女優さんの作品はリリースラッシュされている。


4年前と同じロケーションで撮影されており、

『私を女優にして下さい AGAIN 9』のシーンが頻繁に差し込まれ、

過去と現在を対比させる演出が取られている。



肝心のカラミは3パートあるが、最初のカーセックスはペニスを挿入しているものの

射精には至っておらず、これは続くラブホでのハメ撮りへの序章的な意味合いで、

メインのハメ撮りは、2つと言うことになる。


最初のハメ撮りでの女優はビキニ姿であり、

ラストパートでは、着衣から始まっているが

最終的にはショーツにパンスト姿になるまで脱いでいる。

2つのハメ撮り共に良いものであり、

女優は、カラミが始まると即座にスイッチが切り替わり、

言葉責めで羞恥を煽られて興奮して直ぐに監督の股間を弄り、

フェラをするとディープスロートをし、金玉やアナルまで舐めて

積極的にご奉仕する姿を見せており、

松尾監督にしては珍しくもクンニやイラマチオをするシーンもあり、

鏡の前で痴態を見せ付けれて興奮し、

スパンキングされたり、愛液まみれのペニスをフェラしたりと

貪欲に快楽を求めて貪り、喘ぎ悶えてヨガリまくり、

全身を弾ける様に瞬発させる様な反応もしており、

それはもうドエロい官能的で濃密なカラミが見られる。

ただ、最初のハメ撮りでは何度も絶頂しているものの

ラストパートでは、前戯での電マを使用した絶頂が1度、

ファックでは、1度ないし2度の絶頂しか見せておらず、

個人的には、パフォーマンス至上主義者であるので、

ラストのハメ撮りは、非常に使いずらいものとなっている。


とは言え、本作は女優にフォーカスしたドキュメント作品であるので、

コストパフォーマンスの悪い作品とまでは言えない。

尚、本作はコンドームを使用したカラミとなっている。

また、「このおちんちん1番」と言わせるシーンはない。
ちなみに、4年前には言わせている。



カンパニー松尾監督が女優に対して綺麗になった旨述べているが、

女っぷりは飛躍的に向上しており、これには激しく同意できる。

また、パフォーマンスも上がったとも述べているものの

実際に『私を女優にして下さい AGAIN 9』と見比べると

4年前と遜色ないと言うかパフォーマンスが上がったとは感じられかった。

ハメ手である監督であるからこそ感じ取った感触であるのかもしれないが、

それが画面からは全く伝わってこなかったのは残念である。


結果的に、抜ける作品である。




関連記事
・28歳、IcupドM妻が夫にナイショでまさかのデビュー!? 篠田あゆみ

・ランジェリーナ あゆみ 篠田あゆみ

・美人魔女45 あゆみ 35歳 篠田あゆみ


身の上話ドキュメント 午後の人妻 再会 篠田あゆみ私を女優にして下さい AGAIN 9完全ノーカット真性中出し 篠田あゆみ
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

| 篠田あゆみ | 22:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。