FC2ブログ

ゴリとラーのAV放浪記

鑑賞したAVを、感想文的にブログに記録しておこうと思います。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

恥ずかしいカラダ ドMスマイル 本田莉子

h_172hmgl00112pl.jpg

本田莉子をキャスティングしたカンパニー松尾監督の
ハメ撮りドキュメント作品である。

パッケージの撮影風景から始まり、インタビューの後、デートへと展開しており、
女優は見た目とは裏腹に天真爛漫っぷりを発揮して笑いが絶えない

本当に楽しそうな空気を醸し出している。

デートが終わりハメ撮りへと言う流れでホテルに入ると
楽しげな雰囲気のまま自然な流れでカラミへと展開しており、


ハメ撮りが始まると豹変した女優はスパンキングされて「やって下さい」
「一番好き」と喘ぎ、言葉責めには敬語で答え、

鏡の前で愛撫されて感じる自らの痴態やフェラする姿を見て興奮すると言う
ドMっぷりをさらけ出し、

小型の電マで責められて寸止めされるシーンや
アナルに唾液を垂らされる場面も見られ、

この間、ワンピとブラを脱がされてショーツと破かれたパンスト姿となっており、
ズラシハメで生のペニスを挿入されてファックされると

「おかしくなっちゃう」と喘ぎ悶えて快楽に飲み込まれて虚ろになって
ヨガリまくって3度の絶頂を見せており、

ハンディカメラのモニターで結合部や自らの痴態を見せ付けられて興奮し、
愛液まみれのペニスをフェラし、自ら腰を振る場面や

ファックされながらスパンキングされたり、胸をビンタされるシーンも見られ、

最後は、舌上に射精されてお掃除フェラをするとチューされている。


本来は翌日も撮影するはずであったが、監督が風邪を引いた為、
2週間後と言う時間軸で、2人が公園でデートするシーンから始まり、

ホテルに入るとイメージシーンの撮影中に
全裸にTバックショーツのみと言う姿になっており、

鏡の前でスパンキングされると「叩いて下さい」と興奮して息を荒げ、
窓際へ連れて行かれると「見られたいです」と言い、

「見て欲しいです」言いながらフェラをすると言うドMモードに突入しており、
この後、ご奉仕するかの様に長々とペニスを咥えており、

ショーツをずらされて生のペニスを挿入されるとファックされて
膣からグチュグチュと濡れ音を響かせ、虚ろになって喘ぎ悶えてヨガリまくり、

全身をビクビクと痙攣させて何度も絶頂しており、

ハンディカメラのモニターで結合部を見せられて「すごい」と感嘆し、
ファックされながらスパンキングされるばかりか自らの尻をバンバン叩き、

ファックされながら自らのクリを擦る場面や
愛液まみれのペニスをフェラするシーンも見られ、

最後は、舌上射精のはずが的を外されて顔射されると
口に入った精子はゴックンし、お掃除フェラをするとキスされている。

尚、松尾監督にしては珍しくカラミの終盤、
ショーツを脱がして女優を全裸にしている。
(厳密には全裸にストッキングのみを履いている)


ここで、インタビューシーンが流されており、
単体からキカタンになった時に本気で辞めようと思った話や

親友である春原未来の事が語られており、


エロティックで楽しそうな女優さんのイメージシーンと共に以下のテロップが流れ、


『月並みな言葉しか出てこないが

彼女といると楽しい

月並みな言葉で申し訳ないが

彼女といると面白い

そんな感想はいらね

そんなことはどうでもいい

そんなことを思う人もいるだろう

それでもあえて言う

彼女は美しい

彼女は面白い

彼女はエロい

鏡の中にいても

モニターの中にいても

彼女は可愛い

それを繰り返し見る』


情事の後、微睡に落ちていく彼女の姿が映し出されて終わっている。



女優は、本田莉子。

一見美人さんだが、笑うと可愛い整った顔立ちをしており、
身長155cmに、スリーサイズは、B88cm W55cm H86cm。

Fカップのバストは大きく、乳首が上を向いた綺麗な形をしており、腰はくびれて
尻も程よく張り出しており、適度で張りのある肉付きのグラマーボディである。



リアルなハメ撮りと言うか、カンパニー松尾監督の作品は、

その時々の体の相性、心の相性があるが故に当たり外れがある。

そして、大当たりを引く時もある。まさに本作がそれである。

女優の魅力を引き出した、もしくは映し出した映像は、

本当に楽しくも微笑ましいもので、

見ているこちら側も小気味好い気分にさせてくれるし、

セックスパートでは、一転して女優は、鏡の前やハンディカメラのモニターで

自らの痴態を見せ付けられ、窓際で愛撫されて興奮しており、

スパンキングされるとさらに自ら尻をバンバン叩き、

愛液まみれのペニスをフェラすると言うドM気質を存分に発揮しつつも

快楽を貪欲に求める姿を見せており、

「おかしくなっちゃう」と喘ぎ悶え、膣からグチュグチュと濡れ音を響かせ、

快楽に飲み込まれて虚ろになってヨガリまくり、

全身をビクビクと痙攣させて何度も絶頂すると言う

素晴らしいパフォーマンスを発揮して客観撮影では見る事の出来ない、

筋書きのないドラマ的な意味合いでの恣意的ではない生々しいセックスが堪能出来る。


それは至福ではあるのだが、何事にもメリットとデメリットがある。

もしくは、諸刃の剣と言い換えてもよい。

本田莉子と言う女優さんを堪能しすぎてしまうのである。


彼女の過去の作品、彼女の膨大な未来の作品を見たいとは思わなくなるくらいに、

もし、見るのならば本作だけを見ればそれで十二分であると確信してしまうくらいに。


ちょっと脱線するけど、当たり外れはあるにせよ、

ホームラン級の作品を見れる可能性があるのならば、

じゃあ、カンパニー松尾監督の作品だけ見とけばいっか。

と思ったんだけど、やっぱ違うんだわ。

女優さんだけじゃなく、カンパニー松尾監督そのものもお腹一杯になるんだわ。

だから、連続で見続けるなんて無理。

だって満腹だから、もう喰えないじゃん。

でも、ビチクソの様に垂れ流されるAVを見ているとひもじくなるから、

お腹が減って減って泣きそうになるから、

しばらくしたらまた無性に見たくなる。

彼の作品は、僕にとってはそんなAVって訳です。

うん、異論は認めるよ。だが、俺の中ではそうなんだよ。少なくとも俺の中ではな。


結果的に、確実に抜ける作品である。



関連記事
・「恥ずかしいカラダ」シリーズ

・AV DEBUT 本田莉子

・本イキ性交 本田莉子

・初!中出し解禁 本田莉子

・世界弾丸ハメドラー セックスファイター、夏 本田莉子


恥ずかしいカラダ ドMスマイル 本田莉子第1回 東京男漁り選手権 琥珀うた 春原未来 滝沢かのん 本田莉子グラマー未発表スペシャル 12 本田莉子、夏希、亜耶、鈴村いろは



10分間の動画を見たければココをクリックしてくれたまえ
スポンサーサイト
[PR]

| 本田莉子 | 22:02 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。