FC2ブログ

ゴリとラーのAV放浪記

鑑賞したAVを、感想文的にブログに記録しておこうと思います。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

初撮りおばさんドキュメント 黒崎真純

oba00127pl.jpg

マドンナからリリースされた黒崎真純のデビュー作である。
内容は、160分で5部構成。


最初のパートは、初セックスである。

セックスレスである人妻がAVに応募してきた体裁でのインタビューを経て、
女優は、男優貞松に耳を舐められると早々とスイッチが入ったかの様に


トロンとした目をして、キスされると舌を絡まし合い、服やブラを脱がされて
乳首を舐められ、全裸にされると大股開きで膣を開かれ晒されて興奮して息を荒げ

クンニ、手マンされてウネウネと激しく身を捩って「気持ちいい」と喘ぎ、
全身を硬直させるとビクッと絶頂して潮を漏らし、

フェラをするとディープスロートをしてシックナインに展開した後、
再度手マンされて潮を吹いて絶頂し、

正常位からペニスを挿入されるとバック、騎乗位、横になっての後背位、正常位と
ファックされて喘ぎ悶え、快楽に飲み込まれてヨガリまくり、

全身を小刻みに震わせて何度も絶頂する姿を見せると
最後は、顔射されてお掃除フェラをしている。


2番目のパートは、オナニーである。

女優は自ら脱いで全裸になりながら胸を揉んで乳首を触って股間を弄り、
途中で登場した男優と相互オナニーをすると言う展開で、

胸に射精されると同時に絶頂するとさらに自慰を続けてもう1度逝く姿を見せている。


3番目のパートは、フェラ抜きである。

女優は、男優にキスされると舌を絡まし合い、男の乳首を舐めると
フェラをして金玉も舐め、促されて上半身裸になるとぎこちないパイズリをし、

「我慢出来ない、挿れたいです」と言ってフェラをして「挿れて欲しい」と

もう1度懇願するものの願いも虚しく顔射されて恨めしい表情を浮かべている。


4番目のパートは、セックスである。

女優は、男優Hideにベロキスされて激しく舌を絡まし合いながら体を弄られ、
首や耳を舐められて目がトロンとなり、上半身裸にされると胸を揉まれ、

乳首を舐められて「気持ちいい」と喘ぎ、スカートを脱がされると
自らショーツを脱いで全裸になり、クリを擦られて手マンされて潮を吹き、

アナルを舐められて感じまくり、フェラをするとディープスロートをして金玉も舐め、

「おまんこにオチンチンを挿れて欲しいです」と懇願して
立バックからペニスを挿入されると対面座位、駅弁、立バックとファックされて

喘ぎ悶えて感じまくって2度の絶頂を見せると
最後は尻に射精されてお掃除フェラをしている。

事後、監督の質問に、女優は「数えれない程、逝っちゃいました」と答えているが、
何か取って付けたかの様な印象であり、違和感を感じるものである。


ラストパートは、セックスである。

女優は、マッサージと言う体裁でオイルを垂らされて愛撫されるものの
物凄く冗長に感じる焦らしプレイが延々と垂れ流される様に映し出され、

「舐めたいです」と懇願してフェラをし、手マンで潮を吹かされて絶頂し、

バックからペニスを挿入されると横になっての後背位、騎乗位、立バック、正常位と
ファックされて喘ぎ悶えて感じまくり、何度も絶頂する姿を見せており、

最後は、顔射されるとお掃除フェラをしている。

尚、余韻を見せずに監督が「どうでしたか」と質問すると
女優に拒絶された為、すぐにカメラを止めているが、

何故、余韻に浸る女優を映し出さないのであろうか、理解に苦しむ。



女優は、黒崎真純(41歳)。

清楚な顔立ちをしており、
身長160cmに、スリーサイズは B85cm W57cm H85cm。

Eカップの柔らかそうなバストと魅惑のデカ乳首に、腰は括れて、
丸っとした程良い大きさの尻をしており、

年齢を感じさせない張りのある適度な肉付きの肢体である。



初セックスでは、男優貞松が女優を巧くリードした上でテンポのよいカラミを展開し、

尚且つ、女優の性的反応が見やすいと言うベテランの手管を見せており、

その後、フェラ抜き、オナニーと続いて

女優がセックスを渇望すると言う構成になっており、

念願のセックスへと展開するものの

ここでは冗長に感じる焦らしプレイが行われており、

前戯で逝くシーンは皆無で、ファックでの絶頂は2度しか見られず、

またラストのセックスにおいても前戯はマッサージと言う体裁で、

長々と冗長に感じられる焦らしが展開されており、

その後のファックでは絶頂回数こそ少なくないものの

女優の絶頂時に男優が溜めを作らない事から、

逝く時の女優の性的反応が全くわからない。


焦らしプレイと言う手法はあって然るべきだとは思う。

焦らされる中で見せる女性の快楽への渇望、絶頂への羨望はエロティックではあるが、

この手法の帰結すべく点は、焦らした末に爆裂するくらいの逝き地獄であろう。

しかしながら、監督は全く以って度し難く、焦らすだけ焦らして

後は、普通のセックスを見せるだけである。

この結果、非常につまらなく退屈なセックスを見せられる事となり、

焦らしプレイの根幹を理解出来ていない大馬鹿野郎が、

ベテラン女優ならまだしもデビュー作でこの様な演出をするのは、沙汰の外であり、


豆沢豆太郎とか言う監督は、ビチクソ以下の存在であり、

一刻も早く消え去るべきであろう。


女優は、デビュー作にも関わらず、緊張や恥じらいを見せずに貪欲に快楽を求め、

カラミが始まるとトロンとした目をして早々とHモードに突入し、

ウネウネと激しく身を捩って喘ぎ悶え、

快楽に飲み込まれてヨガリまくり、

全身を小刻みに震わせて何度も絶頂しており、

高い性的パフォーマンスを発揮して見応えのあるカラミを見せている。

特に、初セックスは必見である。


結果的に、抜ける作品である。



関連記事
・娘のカレシに抱かれた母 黒崎真純


初撮りおばさんドキュメント 黒崎真純初撮りおばさんドキュメント 加藤モニカ初撮りおばさんドキュメント 宮部涼花


スポンサーサイト
[PR]

| 黒崎真純 | 22:10 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。